morecareeeは
女性に寄り添ったキャリア情報サイトです。

あなたの理想のライフキャリアを実現する求人との出会いをサポートします。

求人を検索する

求人検索・トレンド記事から
たくさんの求人情報を見ることができます!

就職・転職は人生の大きなイベントです。
求人内容やノウハウ、先輩の意見からあなたのライフプランを実現してください!

転職・就職のノウハウを見る

会員登録をすると、
あなたの理想のライフキャリアが見つかります。

求人を探すのは一苦労ですよね。
そこで、あなたの代わりにmorecareeeがご案内します!
あなたは情報を入力しておくだけ。

無料会員登録する

カウンセラーがあなたをしっかりサポート
相談からお願い、マッチングまで私たちにお任せください!

LINE相談 / 求人探し など
沢山のサービスであなたの転職・就職をサポートします。
なんでもお気軽にご相談くださいね

LINE相談してみる

早速はじめて見ましょう!

1分ほどで登録ができます。あなたらしいライフキャリアを見つけましょう。

無料会員登録する
INTERVIEW

Style#04|働き方は自分で選択する。Phone Appliで挑戦するはじめての営業職

女性がそれぞれの志向・ライフスタイルに合わせて働き方を選択できる世の中。

Style企画では、事業内容や雇用条件ではなく、ひとりひとりの働き方や志向性をもとに、女性が転職活動やキャリアを考えるきっかけづくりができればと思っています。

そんなStyle企画の第4弾は、クラウド電話帳サービスなど、さまざまなコミュニケーション関連アプリケーションの開発を続ける株式会社Phone Appliで働く久保沙英佳さんにインタビュー。

転職のタイミングで結婚というライフイベントとキャリアチェンジという新しいキャリアへのアップデートを経験された久保さんの「はたらくスタイル」をお届けします。

株式会社Phone Appli
人と人、人とモノの新たなつながりを提供し、新たなイノベーションを生み出すためのコミュニケーション環境を提供するプロダクト開発に尽力。「連絡とれるくん」の開発と販売を主軸に、関連アプリケーションの開発やそれらにかかわる業務について事業を展開している。

未経験からのキャリアチェンジでもイキイキ働けるのは、風通しの良い社風があったから

−−今携わっているお仕事について教えてください!

久保さん:現在は営業として勤務をしています。自社サービスのアプリケーション提案や、パートナー企業様への広報活動、展示会への出展など幅広く活動しています。

営業手法としてもテレアポは一切なく、パートナー企業から1日に1・2社ほどお客様を紹介してもらえるので、個社ごとに企画書を作成しては、サービスのデモンストレーション訪問をする、といったスケジュールがスタンダードです。

実は今、入社して3ヶ月しか経っていないのですが、企画書作成や提案も任せていただくことが増えました。

未経験で営業職に挑戦をしたので、「独り立ちするにはもっと時間がかかるのかな」と想像していたのですが、自分の成長を信じてくれる上司、後押ししてくれる環境のサポートがあって、短期間のうちにここまで成長することができました。

−−営業へは初めてのキャリアチェンジだったのですね。不安に感じることもありましたか?

久保さん:入社当初は、不安でいっぱいでした。

でも、上司がお客様とやりとりしているところに同席させてもらったり、やり取りのメールにCCで入れてもらうなど、お客様とどんな会話をしているのか、案件がどのように進行するのかなど、OJTで教えてもらえたこともあって、自然と不安は解消されていったように思います。

営業テクニックだけではなく、お客様に寄り添った実際の営業を通して学べたことで、Phone Appliでの営業スタイルが理解しやすかったのではないかと思います。

私たちが提供するサービスが、お客様のどのような課題解決につながるのかがわかり、「こうやってお客様の役に立っているんだ」と理解できた時、私自身がPhone Appliのサービスが好きになって、気持ちよくサービスの提案ができたんですよね。

それに、提案ロープレの練習は上司と1対1でやらせてもらったり、わからないことがあればチャットツールですぐに回答してもらえたり。中途ながら手厚くサポートしてもらえたことには感謝でいっぱいです。

Phone Appliの考え方のひとつに、スパン・オブ・コントロールというルールがあって、きめ細かなマネジメントをするために、上司1名につき部下は7名までと決まっているんですよ。

それもあって、1対1での定期的な面談があるなど、上司とのコミュニケーションがとりやすい、風通しの良い職場なので、営業がはじめてであっても、自由に、のびのびと、そしてスピーディーな成長を実感感じながら仕事をすることができているのかな、と思います。

どんどん仕事に前向きに取り組むことができて、今、仕事がとても楽しいです(笑)

自分で働き方を選択できれば、仕事はもっと楽しくなる

−−仕事が楽しいと言えるのは素敵ですね!ちなみに今回の転職は、どういった想いからだったのですか?

久保さん:前職ではネットワークエンジニアをしていたんですよ。大手キャリアがお客様で、データセンターをつくる際の提案や設計構築をする仕事に携わっていました。

でも、私の仕事は、誰に、どのように貢献しているのかが見えづらいな、と思っていたんです。

責任も貢献度も大きな仕事だと理解してはいたのですが、直接的にお客様とやり取りする機会もなく、なかなか貢献しているという実感が持てなくて。

誰の役に立っているのかもわからないままでは、仕事に向き合うことはできても、ワクワクするような気持ちになったり、誇りを感じたりすることはできませんでした。

このままでは働く喜びを感じないまま時が過ぎてしまう、という不安や危機感を感じて、「何かを変えなければ」という気持ちになったんです。

転職も検討しながら、1年間ほど海外に住んでみたり、アルバイトをいくつか経験してみたり、仕事が忙しくてできなかったことを思いつくまま経験しました。

この期間で経験したことを通して気づいたのは、私にとって「大切にしたい価値観」。

それは、貢献度を感じる仕事に携わり、仕事や生き方そのものに自信をもって、ワクワクした気持ちで日々を過ごすことだったんです。

自分自身の仕事軸を明確にすることができたので、新しいスタートをきるために再度就職することを決意しました。

−−第2の就職先としてPhone Appliに決めた理由はなんだったのですか?

久保さん:もともとPhone Appliを知ったのは、前職の同僚から「こんな会社があるよ」と声をかけてもらったことがきっかけです。

特に印象的だったことは、エンジニアという経歴にも関わらず、マーケティング職や営業職といった側面でも、私の適正を考えてくれたこと。

職歴だけをみて「エンジニア経験者だからエンジニア」というわけではなく、今後の可能性を見つけられるようにと、「マーケティングや営業でもキャリアを積むことができるのでは?」と提案をもらったんです。

こんなにいろいろなチャンスをもらえたことが、純粋にうれしかったです。

また、就職活動中には結婚することが決まっていたので、キャリアアップやキャリアチェンジの柔軟性、そして働き方も気になるポイントでした。

結婚を目前に控え、今後を考えれば、出産・育児といったライフイベントを迎えることもあるかもしれません。そうなると、フルタイムで働ける時間もあと数年かもしれないと思うと、今のうちにキャリアアップをしておきたい、という想いが強かったんです。

エンジニアとしての経験は4年ほど積んでいたので、私自身のキャリアにもっと自信をつけるためにも新しい職種にチャレンジしようと思った時、Phone Appliがさまざまな働き方の可能性を見せてくれたことが、大きな決め手になったと思います。

−−Phone Appliに入社してみて、実際にどんな印象を持ちましたか?

久保さん:転職面接の時に提案してもらった「営業職」で入社して、自由にのびのびと新しいキャリアにチャレンジさせてもらっています。

入社して一番の衝撃が「自分で働き方を選択できる」ということ。

たとえば、Phone Appliではテレワークを導入しているのですが、ただ制度があるだけでなく、実際に活用する人が大勢います。

「今日は集中して仕事をしたい」と思った時、就業時間前に上司とコミュニケーションをとって自宅でテレワークをする日もあります。

その時の状況に合わせて仕事の仕方を変えることができれば、集中度も高まり、生産性高く業務をすることができますし、成果につながる効果的な働き方ができると思います。

もちろん、「どんな働き方であっても結果を出すだろう」と上司が私を信頼してくれているからこそだと思うので、私も自然と、成果を出すために最善のことをしようという気持ちになりますね。

また、通常の始業時刻は9時ですが、7時~11時の間は10分単位で始業時間を変更することも可能です。

「こどもの体調が悪いので様子をみたい」と、ママやパパが出社時間を調整するケースも多いです。

テレワーク中の方とのテレビ会議では、画面越しに「こんな大きくなりました!」と、社員がこどもを抱っこしながら会議に参加する光景もありますよ。

正直なところ、結婚したら仕事の仕方に変化が起こるかもしれないと思っていましたが、結婚生活が仕事のハンデになることはありませんでした。

ただ出産・育児を考えると、少なからず仕事に携わる時間に制限が生じると思うので、その時は、うまく働き方を選びながら、仕事にも全力で取り組みたいと思います。

「少しの余裕」があってこそ、キャリアもライフにも「やりたい」が見つかる

−−ワークライフバランスは、充実していますか?

久保さん:はい、充実しています!

以前は、結婚・出産・育児などのライフイベントがありながら働くことは、あまり想像できなかったんです。

目の前の仕事に忙殺されながらも、「今年こそは考えたい」「今年ことは見直したい」「いつか余裕が出るはず、余裕が出たら考えよう」と思い続けていましたが、結局そんな機会はつくれませんでした。

でも、今は自分でうまく働き方を選びながら仕事ができるので、仕事も家庭も両立できるようになり、以前から興味があった習い事やTOEICの勉強などにも取り組むことができています。

なにより、ほぼ毎日、朝・昼・晩と料理をつくる時間もつくれています。

「長く働くからすごい」ではなく、あくまでも「成果にこだわる」ことがPhone Appliのスタンダード。だからこそ、自分に合った成果の出し方を選べ、働き方も調整できるので「心の余裕」が生まれるんだと思うんです。

この「心の余裕」が仕事にも活き、成果を出すことを楽しめたり、自分の仕事に自信を持てたりするのではないかと思っています。

−−キャリアもライフも充実されていますね!これから、お仕事部分ではどんなことにチャレンジしていきたいと思っていますか?

久保さん:成果を残して、「久保なら任せられる」と思ってもらえるように、本当の意味での独り立ちをしていきたいです。

エンジニアのときも仕事は多く任せてもらってきましたが、自分の人生に余裕はありませんでした。でも、今はメリハリのある働き方ができている分、人生を考える余裕が生まれているんです。

キャリアアップも、プライベートでも、いろいろなことにチャレンジして自分創りをしていきたいですね。

あとは、社内・社外問わずに誰かの力になりたい、と考えることも。どういった方法で実現するのかは検討中ですが、「働き方」をテーマに悩んでいる方に手を差し伸べていけるような女性になりたいです。

編集部より

自分で選択する働き方と少しの余裕が仕事も人生もワクワクさせる秘訣

山口

いかがでしたでしょうか。

株式会社Phone Appliで働く久保沙英佳さんの「はたらくスタイル」をご紹介させていただきました。

取材させていただいて感じたことは、「自分で選択していく働き方」を意識しながら実践し、前向きな気持ちで仕事に向き合い、成果を出されていること。

メリハリをつけた働き方によって生まれた「少しの余裕」をうまく活用して、キャリアでもライフでも新しくチャレンジしてみたいことについて考え、実現する一歩を踏み出していることが印象的でした。

長時間働き詰めになったり、やらなければいけないことで埋め尽くされてしまったり、頑張りすぎてしまうと、「やりたいことがわからない」「このままでは将来が不安だ」と思いやすくなってしまいがちです。

「自分で選択していく働き方」を意識することで、自分が主体となって働き方も、仕事の仕方も、プライベートの過ごし方も考えている久保さんの姿は、自分で自分の人生を歩んでいる、楽しんでいるといった実感を持ち、自律的な女性になるためのお手本ではないでしょうか。

また、ひとりひとりの自律的な働き方を推奨するだけでなく、上司とメンバーが相互理解し、気づきを与えたりサポートしたりするためのコミュニケーションツールや制度を充実させているPhone Appli。

未経験であってもスピーディーに成長する仕組みがあったり、時間ではなく仕事の成果にこだわって集中して働くことでプライベートも充実させる社風があったりするなど、働く社員の生産性やワークライフバランスに対して積極的な取り組みが、社員の満足度を向上させていることを感じました。

久保さんの「はたらくスタイル」を通して、みなさんの働き方やキャリアを考えるきっかけになればうれしいです。

関連しているトレンド情報

SUGGESTIONS

これからの営業職は働きやすさ重視になる!?

INTERVIEW

Style#01|ライフイベントの変化に合わせてキャリアチェンジ

INTERVIEW

Style#03|仕事を楽しむ秘訣は、思いっきり挑戦すること。それがトレンダーズ流

INTERVIEW

Style#02|ライフイベントがあっても、変わらずなりたい自分に挑戦できる。DeNAで実現する全力ワークスタイル

SUGGESTIONS

アライアンス営業ってどういう仕事?「売る」営業ではない、その仕事内容に注目!