morecareeeは
女性に寄り添ったキャリア情報サイトです。

あなたの理想のライフキャリアを実現する求人との出会いをサポートします。

求人を検索する

求人検索・トレンド記事から
たくさんの求人情報を見ることができます!

就職・転職は人生の大きなイベントです。
求人内容やノウハウ、先輩の意見からあなたのライフプランを実現してください!

転職・就職のノウハウを見る

会員登録をすると、
あなたの理想のライフキャリアが見つかります。

求人を探すのは一苦労ですよね。
そこで、あなたの代わりにmorecareeeがご案内します!
あなたは情報を入力しておくだけ。

無料会員登録する

カウンセラーがあなたをしっかりサポート
相談からお願い、マッチングまで私たちにお任せください!

LINE相談 / 求人探し など
沢山のサービスであなたの転職・就職をサポートします。
なんでもお気軽にご相談くださいね

LINE相談してみる

早速はじめて見ましょう!

1分ほどで登録ができます。あなたらしいライフキャリアを見つけましょう。

無料会員登録する
SUGGESTIONS

未経験から経理へ転職を目指すなら、知っておきたい4つのポイント

「経理」と聞いて、どんな仕事をイメージしますか?

筆者が新卒採用支援に携わっていた時、「経理」のポジションを志望される方が非常に多かったのを覚えています。

普段会社に所属していると、毎月の経費の精算などで関わることはあっても、それ以外にどんな仕事をしているのか知らない方もいらっしゃると思います。

今回は、経理という仕事について考察していきます。

経理の役割・仕事内容は?会計や財務との違いはなに?

企業における経理の役割は、経営において一番大事な利益や資産を生み出す「お金」の管理をすることです。

会社が利益を生み出すためには、材料を仕入れたり、商品を販売したり、従業員が営業活動をするために外出したりと、さまざまな「お金」が動きます。

経理は、こうした日々動いている「お金」の流れを見える化し、管理、記録することが一番の役割です。

しかし、企業の中には、経理と同様に「お金」を扱う会計や財務の仕事もありますよね。

財務・会計・経理の違い、そして経理の具体的な仕事内容をみてみましょう。

【財務】【会計】【経理】それぞれの違い

財務未来のお金を管理する仕事

財務は、これから企業が「使用するお金」を管理する仕事のこと。

主な業務内容は、銀行との融資交渉などの資金調達、投資やM&Aといった資産運用です。経理が作成した決算書や将来の事業計画などをもとにして、資金の調達や運用を企画します。

会計会社のお金の出納・資産を管理する仕事

会計は、会社のお金の出入りを記録する会計帳簿の作成をおこなう仕事のことです。

またお金だけでなく、会社で必要な機械や備品などの資産管理をおこなうことも会計の仕事です。

財務との違いは、「使用したお金」を管理しているという点です。

経理日常的な出納や月次の給与・保険を管理する仕事

経理の仕事は、実は会計の一部。

日々の売上や仕入れなど、会社の日常的な出納管理をする仕事です。日々のお金の流れの管理に加え、月次で給与や保険の管理、年次で決算書を作成することも経理の役割となります。

時系列で見る、経理の具体的な仕事

月次業務

前半

取引先などの入金確認、月次決算書の作成、予算実績の管理、税金の納付など

後半

従業員の給与計算、取引先への支払い、社会保険料の納付 など

年次業務

年次決算書の作成、賞与計算・振込対応、税務申告、年末調整 など


企業の規模や組織構成によって経理の仕事の範囲も変わる!?

経理の仕事は、大企業でも中小企業でもミッションは変わりません。

ただ、社内における経理の立ち位置によって仕事の範囲は大きく変わってきます。

企業規模によって変わる経理の業務範囲

大企業や上場企業

規模の大きい会社の場合には、経理としてひとまとめにはせず、経理財務、決算、会計などの業務レベルで部署がわかれていることが多いです。

そのため、その分野に対する専門性を求められる傾向にあります。

中小企業

中小企業の場合には、財務・経理・決算・会計などの業務を、ひとつの部署でまとめて実施しているケースが多いです。

また、規模が小さい企業の場合には、総務といった管理部門も一緒になっていることも多いため、総務の仕事にも日常的に従事することもあるでしょう。

外資系企業

外資系企業の経理事務は、海外の親会社への決算報告と日本国内での税務申告用の決算という仕事が主となります。

それぞれの目的に合わせた業務をすることになるでしょう。

海外とのやりとりも多いため、語学力が必要になるのも特徴です。

組織構成によっても仕事内容は変わる

経理の仕事内容の範囲は、企業の部署の構成がどのようにわかれているかによっても変わってくるといえます。

経理や財務などの部署がわかれているケース

大企業のように、経理部や財務部など業務によって部署がわかれている場合には、それぞれの部署に配属されて事務作業をおこなうことになります。

部署が独立しているため、専門性の高い仕事が求められます。

経理全般を任されるケース

経理部のみの場合には、経理や財務、決算といった経理に関係するすべての業務を任されることになります。

経理に関する幅広い知識やスキルが必要になるでしょう。

一般事務も並行しておこなうケース

経理事務の仕事だけではなく、電話対応や来客対応といった一般事務の仕事を担うこともあります。

中小企業の場合には、細かく部署がわけられておらず経理以外の事務全般を任されることもあるので、事務に関する幅広いスキルが必要になる場合もあります。

これからの時代に、経理に求められることは?

経理の業務の中でも、経費精算や伝票入力に関しては、多くの企業でシステムが導入され、業務が効率的にできるようになりました。

そのため、企業が経理に割く人件費の割合は減少傾向にあるといわれています。

将来的に人工知能の発達などにより、データ入力や伝票起こし、簡単な支払レベルの仕事は、完全に人工知能の仕事になっていく可能性もあります。

「入力したものがあってるかどうか」「計算が正しいかどうか」「支払金額が適正かどうか」など、すぐに答えが出せる分野では、人間よりも機械のほうが優秀です。

人間がおこなったほうが間違いが起きる可能性が高く、かつ人件費もかかるため、単純作業が機械に取って代わられる流れは止められないでしょう。

経理の専門的な知識はもちろんですが、それ以上に持っていると役に立つ能力があります。

それは「論理的に物事を考える力」です。

当たり前ですが、システムを設定するのは人です。システムを導入することは簡単なことではありません。今の業務フローにおいて、どの工程を、どのように効率化していくのか設計し、運用していく能力を持っているとより活躍できるでしょう。

経理にキャリアチェンジするなら知っておきたいポイント

経理へのキャリアチェンジを考えるうえで、念頭におかなければならないことは「単純作業だけではない」ということです。

単純作業はどんどん自動化され、手作業で管理する企業は少なくなってきています。

経理の仕事にキャリアチェンジするうえで自分の価値を見出す方法とは何でしょうか?


答えは、自動化を設計し、運用できる人を目指すということです。


たとえば、会計ソフトの操作に詳しかったり、会計に限らずともシステム導入を実践したことがあったりすると、より企業に必要とされる活躍ができるかもしれません。

経理の知識は、あとからでも本や講座で勉強する機会はたくさんあります。

システムエンジニアとして設計を担当した経験があったり、営業職でシステム導入まで自分で担当した経験があれば、重宝される可能性は出てくるでしょう。

おわりに

経理の仕事は、今大きな転換点を迎えています。

多くの企業は急に仕組みを変えることに対して保守的で、単純作業の自動化が企業のスタンダードになるにはもう少し時間がかかりそうですが、近い将来、こうした作業の棚卸しがはじまり、より高い生産性を目指した改革が進んでいくでしょう。

ここまでご説明したように、財務や会計業務を含む経理の仕事は、会社には必要不可欠な役割です。

オペレーショナルな仕事を見直し、より戦略的な経営へのアプローチができる経理を目指すのであれば、やりがいの大きい仕事ができるのではないかと思います。

関連しているトレンド情報

SUGGESTIONS

女性の憧れ!広報職の仕事って?キャリアチェンジする方法とは

SUGGESTIONS

20代で人事に転職するために知っておきたい3つの事(労務担当編)

SUGGESTIONS

秘書の仕事とは?女性のあこがれ職種に転職するには経営の近くで経験を