女性の転職

20代女性に最適な転職タイミングとは?転職活動をはじめる前に知っておきたい大切なこと

男女に関係なく20代といえば、学生から社会人になり、仕事上の能力・スキルを確立する上でも、人生においても、とても重要な時期ですよね。

特に現在の仕事に違和感を感じたり、新しい挑戦がしたいと思った時には、思い切って転職してしまうか、結婚まではと頑張るか、結婚後はどうするのかなど、先々のライフキャリアを考えることにもなり、何をどう選択すれば正解なのか悩んでしまうこともあるでしょう。

そこで今回は20代女性の働き方・転職についてまとめてみました。

「20代で転職するかどうか迷っている」

「30代を目前にして、20代のうちに転職したほうがいいか知りたい」

という方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

20代で転職したい!20代女性の転職事情って?

「20代で転職したい!」

そう考えた時すぐにでも行動したくなりますが、焦りから短絡的に行動してしまうことは多くのリスクをともないます。

転職活動では、現時点で理想とするキャリアプランの明確化や慎重な転職先選びが大きなカギ。

まずは20代女性が仕事に悩む主な理由を確認しながら、自分の状況と照らしあわせて転職について考えてみましょう。

転職活動をする場合の進め方についても、あわせて解説していきます。

仕事に悩む理由、転職理由は?

20代女性が仕事に悩む理由や転職する理由はさまざまですが、その多くは大きく3つにわけることができます。

(1)仕事が合わない・他にやりたいことがあると感じる時

20代といえば会社に入社して数年が経ち、一通りの仕事内容を把握した頃でしょう。

その中で仕事の内容が合わない・つまらないと感じることも多くあるようです。

しかし、仕事を続けることで逆にやりたいことが見つかるというパターンも少なくありません。

(2)会社の将来性に不安を感じる時

たとえば、会社全体の業務がルーティン化し、全員が惰性で働いているような場合、このままこの会社で働いていても自分の成長にはつながらないと感じてしまうこともあるでしょう。

あるいは男性社員のみが優遇され、女性社員の昇進や昇給には上限が設けられているなど、キャリアアップしていきたい女性にとって、限界を感じてしまう原因が職場にある場合も同様に、成長の機会の少なさから転職を決意する人も多いようです。

(3)人間関係がうまくいかない時

職場の人間関係は、働く人なら誰もが一度は悩む問題ではないでしょうか。

一口に人間関係といっても、上司のセクハラやパワハラ、俗に言う「お局」の存在、職場全体の雰囲気など、その種類は多岐にわたります。

このような人間関係は自分で解決するのが難しいことから、転職を選択して新しい環境に身を置く20代女性も少なくありません。

20代女性の転職は年齢別に対策を!

実際に、20代女性が転職活動をはじめる場合、どのように進めていけばよいのでしょうか。

20代女性の転職は、20代前半・半ば・後半の3つに分けて考えることができます。

それぞれの年代によって、転職活動におけるアピールポイントや求められるスキルは異なるため、年代に合った対策が必要です。

ここでは、3つの年代を項目ごとにわけてご紹介します。

20代前半で転職したいと思ったら

20代前半での転職は、知識や経験よりもやる気や伸びしろが求められる傾向にあります。

学生時代や前職で学んだことをアピールするとともに、入社して成長していきたいという意欲を伝えましょう。

その反面、短期間で転職しようとしていることについて「入社してもすぐに辞められるのでは?」というマイナスなイメージを持たれることも。

転職しようと思ったきっかけと、その会社や職種でしか実現できない自分のキャリアプランに関連性を持たせて、きちんと説明できるようにしておくことが大切です。

20代半ばで転職したいと思ったら

20代半ばといえば、ある程度仕事をこなして知識やスキルを身につけている年齢です。

仕事に対する意欲を伝えると同時に、自分自身の価値や、前職で学んだ転職先でも活かせるスキルやポイントをアピールしていきましょう。

また企業側の質問としてはグレーゾーンですが、この時期から結婚・出産に関する質問を受けることもあります。

とっさに聞かれて戸惑うことがないように、事前に自分自身のライフキャリアと向き合って考えておくと安心です。

結婚や出産に関する質問への回答に関しても、用意しておくことが望ましいでしょう。

20代後半で転職したいと思ったら

20代後半という年齢に差しかかると、仕事をこなすことはもちろん、業務全体を把握して業務の中にも自分なりの工夫をする能力が求められます。

前職において評価されたことや工夫したポイント、マネジメント経験などをアピールして、自分を採用することでどのようなメリットがあるかを明確に伝えましょう。

20代後半であれば、今後の成長性も十分アピールポイントになります。

また、これまで以上に結婚や出産に関する質問をされる可能性は高まります。

これらに関する質問の回答を用意しておくとともに、転職先が結婚・出産後も働きやすい職場であるかを見定めておく必要があるでしょう。

さらに、未経験の業界や業種に挑戦するには20代後半がラストチャンスである場合がほとんどです。

今後のキャリアを見据えて、業界や業種に関してもよく考え慎重に決める必要があります。

20代女性の転職|後悔事例2選

キャリアの選択肢が幅広くある20代女性の転職。

20代は柔軟性が高く、転職市場での需要も多いため、転職に最も適した時期です。

しかし、キャリアの選択肢を間違えてしまうと、転職後に後悔することも。

ここでは20代女性の転職後悔事例を2つ、ご紹介します。

転職活動を成功させるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

1|会社や仕事内容が想像と違っていた

前職が苦痛で転職したものの、転職後にミスマッチを起こして再び悩むパターンは少なくありません。

求人票には残業なしと書かれていたにも関わらず実際は残業ばかりだったという場合や、アットホームな職場だと書かれていたにも関わらず実際は我慢ばかり強いられる職場だったということも。

求人票の情報だけではなく、面接や職場見学などの機会を利用して、可能な限り自分の目で転職先を確認することが大切です。

また転職して職種を変えたものの、仕事の内容が思った以上にハードだったり、自分には向いていなかったと気づいたりと、実際に働いてみて後悔する場合もあるようです。

職種を変える転職の場合は、インターネットや書籍を使ってリサーチをおこなう、詳しい人に話を聞くなどして、業務内容をしっかりと把握し、研究しておく必要があります。

2|やりがいを求めすぎてしまった

自分の仕事にマンネリや行き詰まりを感じ、やりがいを求めて転職した結果、後悔したというパターンもあるようです。

転職後、業務量やイレギュラー対応が多く、長時間労働を強いられる環境であることも。

やりがいを求めすぎるあまり体を壊してしまっては、本末転倒です。

物ごとには、良い面と悪い面が存在するもの。

目の前にあるネガティブな要素だけにとらわれず、今の会社で働き続けるメリットや、やりがいのある会社で働くことのデメリットを洗い出したうえで比較し、吟味することが大切です。

20代女性の転職を成功させるための2つのポイント

20代女性の転職についてさまざまな視点からお伝えしてきました。

最後にまとめとして、20代女性の転職を成功させるために知っておきたい大切な2つのポイントをご紹介します。

転職活動をはじめる前に、この2つのポイントをおさえておきましょう。

1|先のキャリアを見据えて幅広い視野で転職を考えてみよう

20代女性の転職は、選択肢が多すぎるがゆえに迷ってしまいがち。

数多くの選択肢があるからこそ、先のキャリアをきちんと見据えて、転職を考えることをおすすめします。

女性の場合は特に、描いていきたいライフキャリアプランによって転職の時期や転職先が左右されることも。

将来どんな生活を送りたいか、仕事を通して何を実現していきたいか、そのためには何を重視すべきか。

自身のライフキャリアプランを分析したうえで、幅広い視野で転職を考えてみてください。

2|異業種に挑戦できるのは20代がラストチャンス!

女性に限らず、異業種への転職は20代がラストチャンスだと言われています。

企業側も若年層を採用し育成することで、優秀な戦力にしたいと考えているためです。

挑戦したい業界や職種がある場合は、20代のうちにライフキャリアプランを明確にし、転職活動をスタートすることをおすすめします。

やりたいことがあるというのは素晴らしいこと。

未経験だからとためらうことなく飛び込んでいけば、あなたにとっての天職に出会えるかもしれません。

最後に|転職が不安な20代こそ転職エージェントの活用を

いかがでしたでしょうか。

20代女性の転職理由や転職活動の進め方、転職を成功させるポイントについてご紹介してきました。

女性の20代といえば人生の岐路ともいえる大事な時期。

自分で答えを出すことが難しい・不安だと感じる場合は、周囲の人へ相談することはもちろん、キャリアのプロである転職エージェントを活用することも良い方法の1つです。

今後のキャリアに不安を感じる20代こそ、転職エージェントを活用し、今後のキャリアについてのアドバイスを受ける良いタイミングかもしれません。

「仕事を辞めたい」という気持ちだけで焦ることなく、自分の本心や現状としっかり向き合って、後悔のない選択をしてくださいね。