女性の転職

29歳の転職|30代に自分らしく働き続けるための準備期間!

20代も最後となる29歳の1年。

高卒・大卒で就職した場合は、築いてきたキャリアは約10年です。

ライフイベントを具体的に考え、この先の将来を思い「転職するか今の会社でこのままキャリアを積むか悩んでいる」という方もいるのではないでしょうか。

20代のうちに転職する最後のチャンスでもある29歳。

転職市場はどのような状況なのでしょうか。

今回は、29歳の転職をテーマに、29歳の転職市場や成功するためのコツについてまとめてみました。

29歳で転職って実際どう?はじめる前に知っておきたい3つのこと

20代最後の29歳での転職。

若手?それとも中堅?どのように自分のイメージを伝えるのが良いのでしょうか。

29歳で転職をはじめる前に知っておきたい3つのことについてまとめてみました。

未経験の壁|29歳ブランドは存在する?!

実は、未経験の業種への転職は、29歳が最後のチャンスだといわれています。

一般的に、社会人の人材価値は30代前半までにある程度決まるとされており、20代のうちにキャリアの方向性を決め、30代前半までにキャリアを積む必要があるためです。

また、未経験の場合は教育することにも時間が必要ですよね。

そのため、若い人材のほうが有利であり、30歳を過ぎると未経験での採用はぐっと減ります。

未経験の業種に転職する場合、29歳プランドは存在するのです。

29歳が転職市場で求められることは?

29歳が転職市場で求められることは大きく1つ「即戦力」です。

最初から教育することありきではなく、これまでのスキルを生かしてすぐに活躍することを求められることがほとんど。

そのため、前職で何かしらの実績があることは大きなアピールポイントになります。

また、年齢的にリーダーシップを求められることも。

周りの人間を率先して引っ張っていくようなスキルを身につけておくことが必要です。

29歳のライバルは年下?!

29歳で転職活動をする際、ライバルになるのは年下?それとも年上?どちらでしょうか。

20代後半というくくりで考えられることがほとんどのため、29歳の転職のライバルは、年下の26~28歳である場合が多いです。

同じ20代後半でも、当然、26~28歳の方が若手。

できるだけ若い人を採用したいという企業であれば、29歳は採用から漏れてしまうこともあります。

そうならないためにも、他の20代後半と差をつけるために、専門的なスキルや経験を積んでおくことが重要です。

よりハイレベルなものがあれば、多少の年齢差はカバーすることができますよ。

29歳の転職を成功させる重要な3つのポイント

20代最後の1年。

転職後の職場で、入社後すぐに若手として活躍できる最後のチャンスでもある29歳。

29歳ブランドを武器に転職活動をするうえで、成功するために重要な3つのポイントについてご紹介します。

転職後のキャリアビジョンをできるだけ明確に

29歳といえば、人によっては結婚や出産、育児など人生のライフイベントを迎える年代でもありますね。

転職を考えたタイミングで、ワークライフバランスに配慮したキャリアビジョンをできるだけ明確に考えてみましょう。

1年後、3年後、5年後など、自分が将来的にどうなりたいのかが明確になっていないと、会社選びに一貫性がなくなってしまい、結果的に転職に失敗してしまう可能性もあります。

また、現実的ではないキャリアビジョンを考えてしまうと、転職を繰り返してしまう可能性も。

具体的な目標を立て、どのようにキャリアを積んでいけばよいのかよく考えてみましょう!

転職回数も重要な要素だということを知っておく

29歳であれば、過去に転職を経験している人もめずらしくないと思います。

ただ、転職回数が多い場合には注意が必要です。

一般的に、転職回数が3回を超えると「転職回数が多い」と認識されます。

この場合、転職理由を少しでもマイナスに伝えてしまうと、「辞めグセがついているかもしれない」「人間関係が上手にできないのかもしれない」と捉えられてしまうことも。

転職回数も重要な面接の合否要素の1つ。

何度も転職している場合は、誰もが納得できる転職理由を準備しておくと安心です。

アピールポイントは即戦力と適応力!

29歳の転職でのアピールポイントは、すぐに戦力として働くことのできる即戦力と、ポテンシャルを発揮できる適応力です。

29歳は、大企業であれば若手の部類ですが、ベンチャー企業では管理職でもめずらしくない年齢です。

ただ、高い専門性やマネジメント能力が求められるわけではなく、社会人としての基礎や培ってきた能力をどれだけ活かせるのか、というところを求められています。

若手として活躍できるポテンシャルと、ビジネススキル、即戦力を上手にアピールすることが、29歳の転職が成功するカギともいえるのです。

29歳の転職で検討しておきたい転職方法

29歳で転職する際の転職市場や、成功するためのポイントについてご紹介してきました。

「いざ、転職しよう!」と29歳で考えた時、どのような転職方法があるのでしょうか。

ここでは、29歳で転職をはじめる前に知っておくべき4つの転職手段と、私たちモアキャリーの転職エージェントについてまとめてみました。

ぜひ、29歳の転職の参考にしてみてくださいね。

4つの転職手段を検討しよう

1|転職サイト

企業の求人が掲載されているサイトです。

「時間を気にせず自分のペースで転職活動をしたい!」

広く情報収集・比較をして、複数企業に応募したい!人におすすめの方法です。

2|転職エージェント

求職者ひとりひとりに専任のキャリアアドバイザーがつき、仕事探しの支援をしてくれます。

キャリアカウンセリングを通して、自身の強み・特性、今までの職業経験の棚卸しなどの相談にものってもらえます。

転職するか悩んでいる場合でも、キャリアカウンセリングを受けられる場合もあります。

自分に合った仕事の紹介を受けたい!

効率の良い転職活動をしたい!人におすすめの方法です。

3|スカウトサービス

スカウトサービスとは、Web上に登録した求職者の経歴を見たエージェントや登録企業から、選考などへの「スカウトメール」が受け取れるサービスです。

スカウト限定の非公開求人もあり、そういった求人と出会えるチャンスでもあります。

自分で求人を探しても何がいいのかいまいちわからない!

スキルや能力を生かしたい!人におすすめの方法です。

4|知人紹介

現在企業ではリファラル採用が注目されています。

リファラル(referral)には推薦や紹介といった意味があり、知り合いなどの紹介により選考に進んでいく手法です。

いわゆるコネやツテでの選考のため、入社のハードルが低くなる可能性があります。

転職を志望する業界に知り合いがいる!

人脈が幅広くある!人におすすめの方法です。

モアキャリーの転職エージェントなら

仕事もプライベートも全盛期の29歳。

「転職するかどうか悩んでいる」

「自分にもっと合った仕事ってあるのかな」

「ライフキャリアの相談がしたい」

そういった悩みを抱えている方もいらっしゃると思います。

モアキャリーの転職エージェントでは、転職のキャリアカウンセリングはもちろん、ライフキャリアの相談も受付けています。

ぜひ、あなたのキャリアについて一度ご相談ください!

最後に

いかがでしたでしょうか。

29歳の転職の基本、転職市場、求められること、成功のコツや転職方法など盛りだくさんでご紹介してきました。

自分自身のアピールポイントと、志望企業や転職市場に求められていることをきちんと整理することで、29歳の転職もスムーズに進めることができます。

困ったときは、お気軽にモアキャリーの転職エージェントへご相談ください!