もあキャリ

30代女性が転職時に求められる働き方は?企業人事のホンネを分析

いろいろな社会経験をしている30代女性。

職場では管理職や中核メンバーになっていたり、専門性も高まり、まわりから頼られる存在となっている方も多いと思います。

しかし、さまざまなライフイベントを迎える可能性が高いということも事実。今回は企業側からみた30代の女性に求める働き方を考えてみました。

今後のキャリアプランを考えている方、現在転職を考えている方の参考になればうれしいです!

30代女性が転職で求められること

今までの社会経験を通して、仕事を進めるために必要なスキルを持ち合わせ、即戦力として期待していることはもちろんです。

それに加えて、特に下記の要素を企業側は求めているようです。

新しいことへのチャレンジ精神

今の職場で安定的な働き方をしてませんか?
もし転職するとしたら今までの経験は新しい会社でどれくらい活かせると思いますか?

もちろん今まで培ってきたコミュニケーションスキルや業務遂行スキルは、今の職場でも新しい職場でも活かせると思います。
ただし、新しい職場に転職する場合、その環境オリジナルのルールが存在するものです。

今までのやり方は変えたくない!
私はこれで成果をあげてきた!
実施したことないのでできません!
それは入社前の面談で聞いてません!と固執してしまうのは危険です。

もちろん企業側も個人の特性をみながら仕事の役割分担をすると思いますが、まずは何事にも積極的に取り組む姿勢に期待しています。

ビジョンへの共感、組織順応性

あなたにとって『早急にやります』の”早急に”とは、どれくらいのスピードでしょうか?

会社組織によって言葉の捉える意味や文化が違います。会社組織、そして職場メンバーとうまくやっていくための共感や協調性を求められています。

最近ではオンボーディングプログラム(新しく参加するメンバーを早期で組織に馴染めるような教育プログラム)を準備している企業もありますが、個人としても組織に順応する姿勢が重要です。

働き方のイメージがすり合っているか

自分の希望の働き方は明確になってますか?

入社前に「どういう働き方をイメージしているか」を企業側に伝え、企業人事だけでなく現場責任者とも認識をすり合わせることが求められます。

いざ入社してから「毎日定時で帰りたい」「子供のことがあるので、月に3~4日は午前休が欲しい」のような働き方を希望していても、実際に配属されるとそんな状況ではなかったというようなミスマッチが起こってしまいます。

まずは、自分自身の希望の働き方をしっかり伝え、相談を重ねながら、入社後のイメージを明確にしたほうが良いでしょう。

30代で転職!そのメリットは?

よく、「転職するなら30代までのほうが良い」という意見や考えを耳にしますが、実際はそんなことはありません。

転職は、自分のライフキャリアを見直した上で、一番パフォーマンスを出せる環境を調える手段とも考えられます。

どんな働き方をしたいか、今後どんな成長をしていきたいか、どんな活躍をしていきたいかなど、自分自身のビジョンがしっかりしていれば、30代の転職であっても、メリットはたくさんあります。

即戦力として期待してもらえる

会社が新卒社員に対して教育する内容には次のようなものがあります。

  • ビジネスマナー
  • 会社のルール
  • 仕事の内容、基本的な仕事の進め方

30代の中途入社ともなると、ビジネスマナーや基本的な仕事の進め方は既に身についるため、「教育の手間が省けて即戦力として活躍してもらえる」と企業側から期待されます。

実績や経験をアピールしやすい

就業経験の少ない若手と比べて実績や経験が豊富です。そのため具体的で中身のある自己PRを考えることが可能です。

体力や知識の吸収力、素直さでは20代よりも劣るかもしれませんが、働いている人全体で見ればまだまだ若いほうです。伸びしろも十分残されているし、アクティブに動く力も若さもまだまだあると認識されます。

理想のキャリア、収入アップにつながる

30代キャリ女の転職者で現職場に対する不満として「結婚や出産などのライフイベントに対する職場環境に懸念がある」という人が多いのではないでしょうか。

実際に、ライフイベントを見越して、30代で計画的に転職をする方も多くいらっしゃいます。

社会人経験豊富な30代であれば、前述の通りPRできる部分も増えますので、しっかり応募企業に伝えることができれば、前職よりも上の役職に就ける可能性が上がりますし、年収アップにもつながる可能性があります。

30歳転職デメリットは、振り返りと事前準備で払拭できる!

30代女性の転職は、メリットもあれば、デメリットもあります。しかしこうしたデメリットは、振り返りと事前準備を通して、払拭していくことができます。

急な退職や休職が懸念されがち

結婚や出産などのライフイベントを迎える場合、以前と同じ働きを維持することが難しくなります。そのため企業側は30代女子を迎え入れることに少し懸念を感じていたりもします。その理由としては下記があります。

  • ライフイベントを理由に、突然の退職になったら、、、
  • 育休や産休・有給の申請が想像以上にあるかも、、、
  • 離職率を下げたいのに、ライフイベントを機に離職されてしまったら困る、、、
自分自身のビジョンを伝えることで払拭することができる!
ライフイベントも大事ですが、将来のビジョンの中にしっかりとしたキャリア構築プランがあればいくらでも懸念に対する対応策は見つかるものです。

未経験の職種への転職は難しい

ある程度の経験をしてからの職種転換は難しいと言われています。若手は未経験歓迎の求人が多いですが、ある程度の経験をしている30代の職種転換は敬遠される恐れもあります。

理由として、年下の先輩社員が年上の入社社員に教育・指導する場合もあり、人間関係に注意しなければならなかったり、新しいことへの吸収力や素直さの面からみても教育が難しい可能性があったりします。

チャレンジ精神と組織順応性を伝えることで払拭することができる!
新しいへ取り組んできた実績や想いを具体的に、そして周りがどんな環境であろうとうまく協調して進めていけること伝えることができれば問題ありません。

正社員としての求人が少ない

30代女子がターゲットとなっている求人には子育てや家事と両立ができるパートや派遣社員・契約社員など非正規雇用の求人が多く、正社員の求人がまだまだ多くないのが現状です。

求人内容の枠におさめて考える必要はなく、チャレンジして払拭できる!
企業によっては面接をしていくプロセスにおいて雇用形態や業務内容に柔軟に対応する可能性があります。

最後に

事前にポイントを抑えれば30代であっても理想の転職は可能です。企業側の視点も確認しながら事前に自分のキャリアをしっかり考えて取り組みましょう!