女性の転職

転職エージェントとの面談って?面談時の基本と転職エージェントサービスの活用方法

転職活動をする時に、転職エージェントサービスを活用して転職を成功させる人は増えてきました。

「今の職場から転職するか迷っている…」そんな時でも相談にのってくれるのが転職エージェント。

転職エージェントサービスに登録をすると、まずはじめにキャリアアドバイザーとの面談があります。

この面談は、自分のキャリアに関する悩みを相談できたり、転職市場のトレンドや最新情報などを教えてもらえる機会でもあります。

今回は、転職エージェントサービスを活用する時の面談の基本から、注意したいことや活用のコツなどをご紹介いたします。

転職エージェントサービスでの面談とはどういうもの?目的や所要時間はどのくらい?

面談といっても、実際に転職エージェントでキャリアアドバイザーとどのような面談をするのかわからないと不安ですよね。

転職エージェントサービスの利用がはじめての場合は、より不安を感じるもの。

まずは、転職エージェントでのキャリアアドバイザーとの面談とはどのようなものなのかをご紹介していきます。

面談の目的や、時間、場所など、基本的な情報を知り、不安な気持ちを減らしていきましょう!

キャリアアドバイザーとの面談は、転職活動準備の場

転職エージェントサービスは、自分の志向や希望をもとに、求人を紹介してもらえるサービスです。

キャリアドバイザーとの面談は、実際に求人を紹介してもらって、転職活動をはじめる前の準備の場でもあります。

自分の考えや転職意向を伝え、転職するのに適した求人を紹介してもらうためのすり合わせの機会でもあります。

また、転職するかどうか迷っている時でもキャリア相談をお願いできるエージェントサービスもあり、自分の考えを整理したり、第3者からのアドバイスをもらったりすることもできます。

所要時間や場所は?初回の面談は忙しくても調整しやすい

今携わっている仕事と並行して転職活動を進める方も多くいると思います。

そうすると気になるのは、初回面談の時間や場所。

利用する転職エージェントサービスによって時間や場所は異なりますが、面談時間は基本的に1時間~2時間くらいの場合が多いようです。

面談前に希望日や時間を聞かれ、調整する場合がほとんどですので、その際に所要時間についても聞いておくと安心ですね。

場所についても、転職エージェントのオフィスに設けられた面談ブースやサテライトオフィスであることがほとんどです。

指定された場所が自宅から遠く、足を運ぶことが難しい場合は、電話やWeb会議システムを利用した面談方法を用意している転職エージェントもあります。

自分に合った方法や場所、時間で、気軽に面談を受けることができます。

転職エージェントでの初回面談の流れとキャリアアドバイザーの頼り方

転職エージェントサービスは、現職の仕事や家事・育児との両立で何かと忙しい女性にとっては、ぜひうまく活用したいサービスです。

では、実際に転職エージェントサービスを利用する場合、どのような流れで初回の面談や求人紹介が進んでいくのでしょうか。

大まかな流れを事前に把握しておくと、転職の相談もしやすくなりますよね。

また、転職理由の伝え方や本音と建前の話など、不安要素がある場合でも、どのようにキャリアアドバイザーを頼ればいいかを知っていれば安心です。

ここからは、基本的な面談の流れと転職エージェントの頼り方についてご紹介します。

基本的な面談の流れ

キャリアアドバイザーとの面談は、基本的に以下のような流れで進みます。

【1】お互いの自己紹介

【2】転職活動状況の確認(転職理由やどのように転職を進めているのかなど)

【3】これまでの経歴、仕事内容の確認

【4】転職希望条件や希望キャリアの確認

【5】求人案件の紹介

それぞれどのような話をするのか簡単にまとめてみました。

【1】自己紹介

まずは、お互いに簡単に自己紹介をすることからはじまります。

転職エージェントサービスでどのようなサポートをしてくれるのか、キャリアアドバイザーの経歴や人となりを知ることのできる機会でもあります。

現在の転職市場なども確認しておくと良いでしょう。

【2】転職活動状況の確認(転職理由やどのように転職を進めているのかなど)

転職エージェントのキャリアアドバイザーとの初回面談では、転職意欲がどの程度かを確認するために、今どのように転職活動をしているのか聞かれる場合がほとんどです。

  • すぐに転職を考えているのか
  • すでに応募している企業はあるか
  • 他に転職エージェントを利用しているか

上記のような質問が来ることを想定しておきましょう。

転職するかどうかを相談したい場合も、そのように伝えるようにしましょう。

転職理由については、できる限り正直に伝えるように心がけましょう。

もし「今の仕事ではモチベーションがあがらない…」など、マイナスに聞こえそうな内容であっても、「もしかしたらネガティブに思われるかもしれませんが…」と前置きをした上で、正直に話せれば、その後相談もしやすくなるでしょう。

【3】これまでの経歴、仕事内容の確認

もし職務経歴書を事前に用意できれば、書類をもとに、そうでなければ口頭で、これまでの職歴や経歴についての確認があります。

具体的に転職活動を進める場合には求人を紹介してくれるため、適した職場はあるか、これまでのキャリアを活かせるかどうか、などを検討してもらえます。

また、自分がこれまで取り組んできて得意なことや、興味のあるものについてアピールできる機会でもあります。

ひとつひとつ細かく説明をしていくことで、自分だけでは気づかなかった自身の強みやアピールポイントに気づくきっかけにもなるでしょう。

【4】転職希望条件や希望キャリアの確認

次に、具体的に転職を進める場合に、希望する年収、役職、仕事内容、勤務時間、福利厚生などの条件を確認していきます。

また、将来的に希望するキャリアや働き方についても質問があります。

紹介する求人を選定するベースになる大切な情報ですので、正直に伝えることを心がけましょう。

【5】求人案件の紹介

最後に、面談の情報をふまえた上で、キャリアアドバイザーから求人案件の紹介、提案があります。

利用する転職エージェントによって、紹介される数や業界・職種は異なりますが、まずは一通り紹介してもらい、目を通してみましょう。

もしかしたら、これまであまり興味がなかった業界や職種の提案があるかもしれませんが、それも新しい気づきです。

キャリアアドバイザーが「なぜこの企業を紹介したいと思ったのか」を聞いてみると、自分では気づけなかった新しい価値やおもしろみを知ることができるかもしれません。

また、求人内容や企業情報をしっかり確認して、気になることがあればどんどん質問してみましょう。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求人票だけではわからない企業の雰囲気や社風などを知っていることもあります。

福利厚生や制度の利用状況など、気になる部分についても積極的に質問してみるとよいでしょう。

エージェントとの面談ではホンネで伝えた方が得?!

転職活動をする際に、何かと助けてくれることの多そうな転職エージェントですが、うまく活用するためには、キャリアアドバイザーとの距離感を見極め、調整することも大切です。

キャリアアドバイザーとの面談は、これからのキャリアについての不安や悩みを相談できる機会ですし、その後自分にあった求人を紹介してもらえるため、できるだけホンネで率直な気持ちを伝えた方が良いとされています。

しかし、あまりに横柄な態度を取ったり、挨拶や謝辞などをおろそかにしてしまうと、ビジネスマナーが備わっていないと判断され、企業に紹介したいとは思われなくなってしまいます。

キャリアアドバイザーには等身大の自分自身を知ってもらうことが大切ですが、最低限のマナーには気をつけたいところです。

面談当日!持ち物や服装など気をつけたいことは?

キャリアアドバイザーとの面談当日。

転職エージェントサービスの利用がはじめての場合、緊張してしまいますよね。

スムーズに面談を進め、自分が思ったような求人を紹介してもらうためにも、当日の持ち物や服装など、面談にむかう前にしっかりと確認しておきましょう。

最後に、当日に気をつけておいたほうが良いことについてまとめました。

当日準備しておいたほうがいいもの

キャリアアドバイザーとの面談時には、下記の3つを用意できるといいでしょう。

  1. 記入済みの履歴書
  2. 記入済みの職務経歴書
  3. 筆記用具

転職エージェントから事前に持ち物について説明があると思いますが、主に上記3種であることが多いです。

志望する職種がクリエイティブな職種の場合、別途ポートフォリオなどを持参できると、求人紹介までの時間が短縮され、スピーディーな転職活動になります。

もし履歴書や職務経歴書が用意できない場合は、転職エージェント側に事前に伝えておきましょう。

用意ができずとも自分のこれまでの経歴をメモ程度にまとめておくと、面談がスムーズに進みます。

服装は基本的に自由!

転職エージェントとの面談時の服装は、特に決まったものはありません。

働きながら転職活動を進めている場合、現職でのスーツ着用が義務づけられていないことも多いため、基本的に服装は自由とされています。

スーツであれば間違いないですが、オフィスカジュアルなどでも問題ありません。

ただ、あくまでも印象の良い服装を心がけましょう!

最後に

転職エージェントでのキャリアアドバイザーとの面談の基本、流れ、頼り方、当日の持ち物や服装などについてご紹介してきました。

  • 転職を迷っている場合でも転職エージェントに登録して面談は可能
  • 転職エージェントとの面談で自分のアピールポイントに気づくこともある
  • 転職エージェントはあくまでも転職エージェント。距離感に気をつけよう
  • 自分のキャリアに迷っている場合は、正直に転職エージェントに相談しよう
  • 転職エージェントとの面談はホンネでOK!

転職エージェントは、自身の転職を考える上での悩みを相談したり、新たな気づきを与えてくれる存在です。

上手に活用しながら、転職活動を進めていきましょう!

モアキャリーはすべての働く女性の転職活動を応援しています!

転職エージェントをもっと活用するために!こちらの記事もチェック↓

女性が転職エージェントをフル活用するための3つのコツ | morecareee[モアキャリー]

転職を考えるなら、自分にあった転職エージェントを選びましょう。キャリア面談では、自分の過去を肯定的に振り返り将来像を前向きに話すことが大切です。エージェントを選ぶ際はライフイベントへの共感や細かな対応をしてくれるかも判断ポイントになります。

転職エージェントは女性の転職のミカタ!エージェントの頼り方を調査! | morecareee[モアキャリー]

女性の転職先はこれからのライフキャリアに関わりますので、転職先の探し方には悩みますよね。この記事では「転職エージェント」についてご紹介しています。転職エージェントとは何かや他サービスとの違いも分かりますので、転職希望の方はぜひご覧ください。