女性の転職

女性が転職エージェントをフル活用するための3つのコツ

転職を考えたとき、転職エージェントへの登録も考えてみる価値があります。

この記事では、転職エージェントに登録したあとの大まかな流れと、転職エージェントをフル活用するためのポイントをお伝えしていきます。

転職エージェントと面談する前に準備しておいた方がいいことや、自分の希望が叶う求人を紹介してもらうためのコツを解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

転職エージェントの特徴を理解して、自分にあったエージェントを探そう

転職エージェントといっても、いろいろな会社があるのが現状です。

人それぞれに強み弱みがあるように、転職エージェントにも得意不得意があるので、自分にあう転職エージェントを選ぶところからはじまります。

転職エージェントとは

「エージェント」とは、簡単に言えば仲介者です。

転職エージェントは、人材を探す企業と職を探す求職者の間に入って、採用・就職がうまくいくように取り計らってくれるサービスのことを言います。

求職者は無料で利用できるこがほとんど。その理由は、求職者がエージェント経由で採用選考を受け入社すると、エージェントは企業から成功報酬がもらえる仕組みになっているためです。

転職エージェントの特徴、総合型と専門特化型とは

転職エージェントには、総合型専門特化型があります。大手の転職エージェントはほぼ総合型です。

総合型は、幅広い業種・職種で転職の支援をしてくれる転職エージェントです。総合型の転職エージェントは、業種や職種を限定しないため、豊富な求人情報を扱っています。特に転職の方向性を定めずに幅広く転職活動を進めたい方にはおすすめです。

一方で、専門特化型の転職エージェントには、得意分野があります。その業種に詳しい専門のスタッフが対応してくれます。

ある分野に特化した求人のみを扱うので、案件数は大手に比べると少なめです。次にやりたい仕事や働き方がある程度固まっている方は、専門特化型の転職エージェントを利用したほうが近道と言えるでしょう。

またRA、CAという用語も理解しておくと、転職活動を進める際、役に立つことがあるかもしれません。

RAは、リクルーティングアドバイザーの略で、採用したい企業の相談に乗るスタッフを指します。

CAは、キャリアアドバイザーの略で、求職者の就職を支援するスタッフのことです。総合型は、多くの案件を扱うためRAとCAが分かれているケースが多いです。

専門特化型は、RAとCAが分かれておらず、同じ担当者が対応するのが一般的になっています。

また専門特化型では、ある業界、ある職種を専門としているエージェントや、女性の就職支援を得意とするエージェントも存在しています。

自分に合うエージェントをどう選ぶ?

就職や転職を支援してくれるエージェントサービスと言っても、あらゆる求職者の希望すべてを最初から把握できるわけではありません。

特に女性の場合は、未婚や既婚、こどもの有無などにより就労形態が制限されてしまうこともあるかもしれません。

転職エージェントを選ぶ際には、「保育園の送り迎えがあるため残業ができない。それでもうまく調整して責任のあるポジションに挑戦したい」など、女性の気持ちに寄り添い、しっかりと理解してくれるかどうかがエージェントを選ぶ際の重要なポイントになります。

転職エージェントに登録してから面談までの流れ

自分にあいそうな転職エージェントのリストアップができたら、早速登録をということろかもしれませんが、その前に転職エージェントに登録すると今後どのような流れになるのか全体像をおさえておきましょう。

STEP 1会員登録

会員登録の画面では、氏名、生年月日、住所、メールアドレスなどの個人情報のほか、今までの経歴や希望する勤務地などを入力します。

エージェントによっては、希望する年収を記入する欄を設けているところもあります。

STEP 2キャリア面談

会員登録が完了すると、次はキャリアアドバイザーとの面談になります。

登録したエージェントの支店に足を運ぶか、もしくは電話での面談も可としているところもあります。

転職エージェントは、求職者が採用になった際に企業から支払われる成功報酬で利益を得ているため、転職活動を前提とした面談になる可能性もあります。

「転職を迷っている」「まずは話を聞いてみたい」という場合は、面談調整の際にあらかじめ現時点での気持ちを伝えるようにするといいでしょう。

キャリア面談は、今までの職歴とこれからの希望をアドバイザーに伝える機会ですが、話を進める中で自分自身の思いを客観視する機会にもなります。

STEP 3求人の紹介

キャリア面談を通して、アドバイザーに今までの職歴や仕事に求めるものなどを把握してもらうことで、面談の最後、もしくは別日に希望にマッチしそうな求人を提案してもらえます。

しかし、求人への応募を勧められたからといって、必ずそれに応じなければならないということはありません。複数の転職エージェントに登録して、自分に合いそうなエージェントとだけやりとりを続けるという方法もあります。

キャリア面談の前にチェックしておきたいこと

転職エージェントに登録すると、キャリア面談が転職活動のスタートラインになります。

前述の通り、このキャリア面談を通して自分のキャリアの方向性を再検討したり、普段務める会社の中だけは思いつかないようなキャリアの選択肢を検討したりする機会にもなります。

自分自身にとって有意義な時間となるように、できることは事前に準備しておくといいでしょう。

✔︎自分のキャリアに関して思うことを書き出しておこう

  • 今まで携わってきた事業内容、業務内容
  • 今回転職活動に至った経緯、きっかけ
  • 今後チャレンジしたい仕事、キャリア
  • 働く上での要望(条件など)

上に挙げた4点は、キャリア面談を受ける前に自分の言葉で説明できるように書きだしておくことをおすすめします。

書くことは苦手という方も、まずは思いつくことを箇条書きにしてみましょう。

脈絡なく書き出したものであっても、俯瞰してみて見ることで、自分のなかで考えがすっきりとまとまることもあります。

キャリア面談がスムーズかつ有意義なものになるように、走り書きでも良いので、まずは一度考えてみましょう。

✔︎本音は節度を保った伝え方をしよう

キャリア面談では、ありのままの自分を知ってもらうことが大切です。

しかし、どこまで本音で話すべきかは気になるところ。

注意したいのは、話した内容がそのまま応募する企業に伝わる可能性もあるということです。

前職での人間関係や仕事内容の辛さなどは、事実だとしても率直に伝えすぎない方が良いかもしれません。

本音であっても、少しネガティブな情報は、「あまり良くはないかもしれないのですが…」「正直なところ…」と前置きしてから相談した方が無難です。

✔︎決めすぎには注意!

本格的に転職を検討するのであれば、自分が希望する転職先の条件に関しては、MUSTWANTで考えてみましょう。

具体的に求人を紹介してもらう場合は、希望する仕事内容や業界・職種について間口を狭めすぎず、最初は幅広く検討することをおすすめします。

キャリア面談は、キャリアアドバイザーとの対話を通して、自分自身を客観視する機会にもなります。

これまで気づかなかった自分自身の可能性が見つかることもあるでしょう。

転職条件の優先順位に迷う場合は、整理をお願いすることもできます。キャリアのプロからアドバイスをもらえる機会でもありますので、事前に準備ができると、その分有意義な時間にすることができます。

転職エージェントをうまく活用する3つのコツ

転職エージェントサービスを通したキャリア面談や求人紹介は、自分自身が自分のキャリアを客観視する良い機会にもなります。

転職を本格的に検討する場合には、自分では気づかなかった強みや得意分野、転職市場でのトレンドを鑑みて、求人を紹介してもらうこともできます。

キャリアアドバイザーをうまく頼り、活用することができれば、キャリアの棚卸しから書類作成、面接のアドバイスなどももらえて、転職活動にも、自分自身のキャリアにもプラスになります。

最後に、転職エージェントサービスを効果的に活用する3つのコツをご紹介します。

コツ 1電話やオンラインでキャリア相談することもできる

転職エージェントを初めて利用する場合、登録前にさまざまな疑問を持ったり不安になったりすることもあるかもしれません。

中には、電話やオンラインコミュニケーションツールを用いて相談ができる転職エージェントもあります。

「キャリア相談をお願いしたいけど、時間がない…」「まずは少し話を聞いてみたい…」という場合には、電話やオンラインでの面談をお願いをする手もあります。

コツ 2連絡はこまめにとる

転職市場や求人情報は日々変化しています。

転職活動を通して、キャリアや今後の展望、仕事の仕方を見直すうちに、自分の気持ちや志望が変わることもあるでしょう。

転職エージェントに登録して、キャリア面談ののち、本格的に転職を進める場合には、キャリアアドバイザーとの連絡もこまめにとることをおすすめします。

コツ 3ライフイベントへの共感があるエージェントを選ぶ

女性が将来的にキャリアを考える場合、結婚・出産・育児などのライフイベントとの両立についても大切なポイントです。

転職エージェントサービスを活用する場合のキャリア面談でも、今後どのように仕事に携わっていきたいか、キャリアの展望についても伝えてみましょう。

転職エージェントも、ビジネスである以上、キャリアアドバイザーのスタンスはさまざまです。

ライフイベントに関する状況や希望ははっきりと伝え、共感が得られて、女性ならではの状況に細かく対応してくれるようであれば、信頼できるエージェントかもしれません。

また、企業での面接の際に、当日の服装や話すべき内容についてアドバイスをくれるエージェントも求職者にとっては心強い存在です。

転職だけではなく、生涯のキャリアパートナーとして信頼できそうなエージェントに出会うためにも、まずはいろいろなエージェントに登録し、話を聞いてみると良いでしょう。

まとめ|女性の転職の成功のカギは、うまく転職エージェントを頼ること

いかがでしたでしょうか。

転職エージェントは、企業との橋渡しをしてくれる仲人さんのような役割を担っています。

自分では直接企業に言いづらいような勤務に関する希望も、企業に伝えて交渉してくれます。また、非公開求人と言って、一般には公表されていないような求人案件を転職エージェントは持っています。

女性の転職成功のカギは、転職エージェントとうまく付き合い、頼れるかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。

話しやすい転職エージェントを見つけてフル活用し、転職を有利に進めましょう。