もあキャリ

働く女性におすすめの聴く読書「オーディオブック」時短で学びを手に入れよう

働く女性は忙しい!

誰しもが同じ1日24時間でも、仕事でも育児でもやらなければいけないことが多く、なかなか自分のための時間をつくることができないと感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

そんな中で、「時短」で「キャリアアップ・スキルアップ」が叶えられるのがオーディオブック。

今回は、オーディオブックというツールにフォーカスして、利用するメリットやおすすめアプリをご紹介します!

オーディオブックってなに?その効果は?

オーディオブックとは、文字通り「耳で聴ける本」のことをいいます。

スマホやMP3形式の音楽プレーヤーなどをつかって、本の内容が朗読された音声データを聴く音声コンテンツで、多忙な現代人のライフスタイルにマッチし、近年広がりをみせています。

忙しくて本を手に取って読む時間がない」「疲れてしまって活字を目で追うことができない」など、忙しい社会人やママにとっては利便性が高そうですね。

活字を「読む」より「聴く」ことにどんな効果があるのでしょうか。

1)耳から聴く情報は記憶に残る

耳からの情報は脳が活性化し、記憶に結びつきやすいという効果があるようです。最長で2週間残るといわれています。

2)活字が苦手でも数時間で1冊を読了できる

耳で聴くことは、活字を目で追うことよりも時間がかかりません。本を読むことが苦手で、時間がかかってしまう方でも、分厚い本が数時間で読了できます。

3)倍速再生で通常の2倍~4倍の速さでインプットが可能

倍速再生ができるため、隙間時間を使ってインプットができます。通勤時間などの隙間時間を使って有効なインプットができます。

4)満員電車でも生産性のある時間になる

両手がふさがった満員電車のなかでは、なかなか読書をする余裕がありません。オーディオブックを利用すると、生産性のある時間に変えることができます。

オーディオブックの効果的な活用法はこれ!

オーディオブックは、隙間時間を有効活用しインプットができるツールです。

では、どんな活用をすると最大の効果を得ることができるのでしょうか。

● 同じ本を繰り返し聴く

オーディオブックは、啓発本や学習本から学びを得る際に利用すると効果的です。

何度も繰り返し聴いていると、自然にそのストーリが頭の中に定着し、最終的にはフレーズを覚えてしまえるほどの記憶効果を生みます。

● 考えながら聴く

繰り返し聴くこと以外にもおすすめしたいのが、考えながら聴くことです。

聴いた言葉を頭の中で反復したり、「ここは大事」「これはそうでもない」など、何らかの思考を加えると脳が刺激され、記憶が定着するようです。

● 学びにつなげるなら、夜より朝

脳が一番活性化するのは、午前中といわれています。

さらに移動中は脳に刺激が加わるため、朝の通勤時間に聴くのが最適なようです。学びに適した時間帯を選択することで、効果はさらにアップします。

● 余裕があれば、アウトプット

自分にとって大切な本は繰り返し聴いて、インプットだけでなく、アウトプットも重視すると、学びが深まります。

気づきやアイデアはスマホやノートに残し、やるべきことをリスト化するなど、ビジネスや日常に活かすことで、学びをアクションにつなげることができます。

オーディオブックの4大アプリをご紹介

通勤時間の有効活用にもってこいのオーディオブック。

すぐに活用するのにおすすめなのが、オーディオブックアプリです。単行本単位で購入できたり、聴き放題プランがあったりとさまざまですが、すぐにでもはじめられる点が嬉しいですね!

実際にオーディオブックが利用できる、どんなアプリがあるのかご紹介します。

01|audiobook.jp

オトバンクが提供する「audiobook.jp」は、オーディオブックの草分け的存在です。

ジャンル別、おすすめ別、ブックリスト別で検索することができ、ベストセラー書籍を中心に2万3千点の幅広いラインナップがそろっています。

1冊単位の単品購入のほか、月額750円の「聴き放題プラン」もあります。30日間無料のトライアルプランもあるため、まずは体験してみることもできます。

0.5〜4倍まで、0.1倍速刻みで再生スピードを調整でき、音声のダウンロードも可能!

ビジネス書のベストセラー『嫌われる勇気』を、人気声優の細谷佳正と井上和彦が朗読するなど、豪華声優陣とのコラボ『極上voiceメソッド』シリーズも配信していて、飽きずに聴き続けることができそうですね。

詳しくはこちらからチェック!▶︎https://audiobook.jp/

02|Audible

Amazonが提供するオーディオブックサービス「audible」。

ビジネス、自己啓発、小説、洋書など20万冊以上、20カテゴリー以上の豊富なラインアップで、著名人の朗読作品や海外コンテンツもそろっています。

月額1500円でサービスを利用することができ、1か月間の無料トライアルプランもあります。

アマゾンプライム会員であれば、最大で3ヶ月無料でサービスを利用することができます。また、会員であれば毎月コインが付与され、コインで聴きたい書籍をお得に購入することもできますが、コインを使わなくても非会員価格の30%OFFで単品購入することもできます。

購入した書籍が気に入らない場合は、返品交換もOK。

Amazonが提供しているだけあって、書籍のレビューを閲覧でき、その場で情報収集できるのも効率的です。

詳しくはこちらからチェック!▶︎https://www.audible.co.jp/

03|Himalaya

中国で業界シェア数NO.1を誇る音声プラットフォームアプリの日本版「Himalaya」。

音声書籍、漫才や落語などのエンタメ、語学力やビジネススキルを高める教養の3つの柱を中心に、29カテゴリーにわたる幅広い音声コンテンツがあり、その数は英語版を含み約60,000件にもなります。

音声コンテンツはすべて無料で利用することができますが、今後は有料になる可能性もあります。

詳しくはこちらからからチェック!▶︎http://www.himalaya.fm/

04|kikubon

「kikubon」は、小説に特化したオーディオブックサービスです。

SF・ミステリ・ファンタジーを中心にコンテンツが展開されていて、ジャンル別、再生時間別、声優別で検索することができます。

プロの声優・ナレーターが臨場感たっぷりに物語を盛り上げているので、小説が好きな方にはおすすめです。

聴き放題サービスはなく、単品購入スタイルです。プレミアム会員になると、限定セール等の特典を受けることができます。

詳しくはこちらからからチェック!▶︎http://kikubon.jp/

4つのオーディオブックアプリをご紹介しましたが、中でも「audiobook.jp」と「audible」が収録数が多く、2大巨塔ともいえるでしょう。

簡単に特徴を連ねるのであれば、聴き放題サービスのある「audiobook.jp」、圧倒的な収録本数を誇る「audible」、無料でビジネス向けのコンテンツが多い「Himaraya」、小説に特化した「kikubun」といったところでしょうか。

まずは各アプリサイトをのぞいてみて、好みに合ったアプリで「隙間時間の有効活用」をしてみてくださいね!

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は、読書が身近になるオーディオブックをご紹介しました。

いままでは「忙しいから…」「時間がないから…」と、本を手に取ることが少なかった働く女性やワーキングママにとって、オーディオブックは新しい読書の方法であり、時短で学びを得る最適な方法かもしれません!

「本を読む」とはひと味違った「本を聴く」魅力も感じられるかもしれませんね。

ライフスタイルに合わせて、ぜひ読書・学びの時間を楽しく過ごしてください。