女性の働き方

「気づかい」できない人必見!仕事が効率化する「7つの気づかい」をご紹介

「気づかい」できない人必見!仕事が効率化する「7つの気づかい」をご紹介

困っている時にさりげなく手助けをしてくれたり、声をかけてくれたり、そうした「気づかい」ができる人って憧れますよね。

相手の気持ちを考えた行動は、仕事ができる人のひとつの特徴でもあるのかもしれません。

そこで今回は、ビジネスシーンに欠かせない「気づかい」のスキルについてまとめてみました。

ぜひ参考にし、日ごろから意識してみてくださいね。

働く女性のための12星座占いmorecareee horoscope

仕事での気づかい、できていますか?  

あなたは仕事をするうえで、周囲の人への「気づかい」を意識していますか?

そもそも気づかいとは、相手に対してこころをつかうこと。

自己満足ではなく、相手の気持ちを考えての行動を「気づかい」と呼びます。

たとえば、

  • 来客予定があるので応接室の室内温度を事前に調節しておく
  • 出入口で他の人とぶつかりそうになったので先に道をゆずることにした

このように、相手の気持ちに寄りそった行動が「気づかい」になります。

とはいえ、相手を気づかうことはなかなか難しいもの。

その場の空気を読んで、状況にあわせた配慮をしなければいけません。

気づかいをするタイミングや方法を間違えると、ただのおせっかいになってしまいます。

自分の気持ちを押しつけたり、やってあげているという気持ちを持って接したりするのは「気づかい」ではなく、自己満足です。

気づかいには、相手への配慮や優しさが大切なのです。

「さりげない気づかい」には多くのメリットが…!  

日ごろからさりげない気づかいができる人は、周囲の人から慕われていることが多いですよね。

なぜでしょうか。

さりげない気づかいができる人は、周囲の状況を把握して行動することができます。

たとえば、「納期に間に合わない」と焦っている人を見かけたら「私も手伝いますよ」と自分から率先して声をかけるのです。

このように相手を配慮する行動は、自然と周囲の人から慕われるきっかけになります。

結果的に、すこしの気づかいが仕事の効率アップや、社内評価のアップにつながることもあるのです。

仕事ができるあの人はやっている!仕事での気づかい7選  

「気づかい」は、決して特別な能力ではありません。

日ごろから大切なポイントを意識して行動することで、身につけることのできるスキルです。

では、気づかいができる人は、どのようなことを実践しているのでしょうか?

仕事ができる人が実践している「7つの気づかい」をまとめてみました。

1|「伝えたほうがいい連絡」は伝える  

ビジネスシーンで欠かせない「連絡」

会議や打合せの日程、仕事内容の変更など、さまざまな「連絡」がありますよね。

実は、連絡事項には3つの種類があります。

  1. 漏れてはいけない連絡:会議の日程など「伝えなければいけない」連絡
  2. 伝えたほうがいい連絡:スケジュール確認など「伝えることで相手が助かる」連絡
  3. 伝えてはいけない連絡:相手のことを考えて「あえて伝えない」連絡

これらの中で気づかいにつながるのは、2番の「伝えたほうがいい連絡」です。

気づかいのできる人の場合は、前日に「明日15時から〇〇さんと打合せなので、よろしくお願いします。」とスケジュール確認をおこないます。

そうすることで、スケジュールの再確認ができるだけではなく、相手が忘れていた場合も周囲に迷惑をかけることなく済みます。

伝えられた相手からは、「教えてもらえて助かった」と感謝の気持ちがうまれるでしょう。

連絡ひとつにしても、きちんと相手のことを考えたうえで「伝えたほうがいい連絡」をしているのです。

2|「気づかいのひとこと」をプラスする  

気づかいができる人は、いつもの会話に「気づかいのひとこと」をプラスしています。

「ありがとうございます」「よろしくお願いします」「助かります」など、相手への感謝やお礼をきちんと伝えているのです。

ただ、気づかいのひとことをさらっと伝えるのは意外と難しいもの。

「やってもらって当たり前」ではなく、「やってもらってありがとう」「あなたのおかげで助かった」など感謝の気持ちを持って日ごろから周囲と接することが大切です。

また、シーンにあった適切な言葉を使うことも、気づかいができる人の特徴の1つです。

よくある例として、日本人はさまざまな場面で「すみません」という言葉を使いますが、これでは本来の意味が伝わりにくいことも。

  • ドアを開けてもらったら「すみません」ではなく「ありがとう」
  • 手伝ってもらうときは「すみません」ではなく「お願いします」

このように状況に対して適切な言葉を使ったほうが、相手により気持ちが伝わりやすくなります。

言葉の意味に心がけながら会話することがポイントです。

3|常に相手の状況を把握する  

気づかいができる人は、視野がひろくさまざまなパターンを想像し、常に相手の状況を把握することが得意です。

たとえば、会議でなかなか発言ができず困っている人がいったら、さりげなく「何か意見はありますか?」と問いかけたり、打合せが長引いてきたら、さりげなく「お茶のおかわりはいかがですか?」と声をかけたりすることができます。

このように相手の状況を想像したり把握したりして、相手のためになる行動を取っているのです。

「想像力を養うなんて難しそう」と思うかもしれませんが、視野をひろげることを意識するだけで、これまで見えていなかったものが見えるようになります。

いろいろな方向から考えてみることで、相手の状況を把握して自然と気づかいができるようになりますよ。

4|誰に対しても平等に接する  

「得する相手には親切」「損する相手には不親切」というスタンスでは、相手を気づかうことはできませんよね。

気づかいができる人は、損得感情や性別、年齢、立場などに関係なく、誰に対してもわけへだてなく優しいこころで接することができます。

しかし、自分の損得だけを考えてしまうのは、人間なら誰しもが持っている感情。

無意識に損得を考えてしまうこともあるかもしれません。

ただ、気づかいができる人は相手に見返りを求めることはせず、純粋に「困っているから助けよう」という気持ちで接しています。

押しつけるような親切ではなく、相手の気持ちに寄り添った親切だからこそ、自然な気づかいができるのです。

5|自分から進んで挨拶する  

いつも当たり前のように交わされている挨拶ですが、挨拶には「相手に対して自分のこころをひらく」という意味があります。

気づかいのできる人は、自分から進んで挨拶していることが多いですよね。

気持ちのいい挨拶をすると、印象が良くなり好感度も高くなるでしょう。

また挨拶をすることで警戒心が薄れるため、コミュニケーションも取りやすくなります。

その結果、仕事を円滑に進めることができるのです。

ただの言葉として使うのではなく、本質を掴んで挨拶していることがポイント。

社会人としてのルールではなく、こころのこもった挨拶を自分から進んでおこなうことが大切です。

6|相手のことをよく知ろうとする  

気づかいができる人は、相手が何を望んでいるかを考えて、状況に合った行動を取ります。

相手が何を考えているのか、何に困っているのか分からない状況で助けるのは、自己満足に過ぎません。

親切心の押し売りは、ただのおせっかいになってしまうことも。

相手が本当に望んでいることをしてあげられるのが「気づかい」です。

決して見返りを求めるのではなく、相手に寄りそった行動を取り、相手のことを知ろうと意識することが、大切なポイントなのです。

7|あえて気づかない「気づかい」を身につける  

伝えることで相手が嫌な気分になることはあえて言わないようにすることも、気づかいには大切なことです。

  • 「昨日〇〇に居ましたよね?」とプライベートな話しをする
  • 階段でつまずいた人に対してオーバーリアクションをする
  • 肌荒れを気にしている人に対してひとこと言ってしまう

このように、相手が触れてほしくないことには、あえて気づかない「気づかい」ができると素敵ですよね。

相手が望んでいなければ、ただの迷惑になったり、嫌な気持ちをさせてしまうことにつながります。

相手の気持ちになり、あえて気づかない「気づかい」をするようにこころがけましょう。

最後に  

 

いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介した「気づかい」は、ビジネスシーンに欠かせないスキルのひとつです。

ほんのすこしでも、周囲への配慮や優しさを持つことで、仕事がスムーズに進むこともあります。

自分本位ではなく相手の気持ちを考えるように意識すれば、あなたも「気づかい」のスキルを身につけることができるはず。

今回ご紹介した「仕事ができる人が実践している7つの気づかい」を参考にして、今後のビジネスシーンに取りいれてみてくださいね。