ライフスタイル

雑談力は重要なビジネススキル!?コミュニケーションを円滑にする会話術って?

仕事中の雑談に関しては、「ありえない!」という意見もあれば「推奨したほうがいい!」という意見もあったり、環境によってもさまざまですよね。

最近では、雑談力をテーマにした書籍がたくさん出ていることからも、雑談力は立派なビジネススキルと認識されています。

雑談をふくめてコミュニケーションをとることで、自然と報連相ができる環境をつくる手助けとなることも。

ここでは、「ビジネススキルとしての雑談力のポイント」「雑談力を磨く方法」についてまとめてみました。

ビジネススキルとして身につけておきたい「雑談力」って?

「雑談=無駄話」と考える人にとって、雑談はビジネスに不必要なものですよね。

しかし、ビジネススキルとしての雑談力は、相手の心をつかむ重要なスキルでもあります。

営業の場では、商談を成功させる武器になることも。

ここでは、そんなビジネススキルとしての雑談力について考えたいと思います。

相手との人間関係の構築のカギ

雑談といえば、他愛のない話をつづけるイメージがありますが、ビジネススキルとしての雑談力は、それだけでは少し役不足。

ビジネスの場では、雑談をとおして信頼や信用を得ることを目的とします。

この雑談力を高めるために意識したいことは、相手の趣味や価値観・悩み・不安などを聞き出すこと。

雑談の中で、相手の会話に共感したり、褒めたり、驚いたりといった反応力が大切です。

「この人、感じが良い」「話していて楽しい」と思ってもらうことで、相手の心をつかみ、仕事をスムーズに進められることにつながるのです。

また、雑談力で相手の考え方や価値観を知ると、アプローチの仕方や表現の仕方を相手の好みにあわせることができます。

相手がどんなことに価値を感じるのかを知ることは、ビジネスでは重要な情報。

人間関係を構築するために、雑談力は必須と言っても過言ではないのです。

雑談力を身につけるための基本と3つのコツ

ビジネスにおいて重要なスキルとも言える雑談力。

すでに身についているという人もいれば、普段から話すのが苦手という人もいると思います。

雑談力を身につけるためには、どのようなコツがあるのでしょうか。

知っておきたい基本と、3つのコツをまとめました。

基本は「聞き上手」から

雑談力の基本は聞き上手であること。

話が上手で、まわりを楽しませることが得意な人もいますよね。

人を楽しませる会話ができることも大切なスキルですが、雑談力を身につけるためには、まず「聞き上手」になることを目標にはじめてみましょう。

相手の話を聞き、丁度いいタイミングで相づちを打つなど、気持ちよく会話がつづけられる環境をつくることが大切です。

最初は天気の話をしていたとしても、会話が楽しくなると「プライベートのこと」や「最近の悩み」などが話題になることもあります。

そのように、すこしずつ相手のことを知っていくスキルが、雑談力です。

1|挨拶プラス「褒め」を意識する

初対面の人に良い印象を持ってもらうために、挨拶はとても大切ですよね。

ただ挨拶をするだけではなく、笑顔で明るく爽やかに。

できれば普段の声よりも少し高めのトーンだと、良い印象を与えることができます。

オススメの声のトーンは、ドレミファソラシドの「ファ」か「ソ」の音と言われていますが、日ごろから「いつもより少し高めの声」を意識してみましょう。

さらに、挨拶にひとことをプラスすることもオススメ。

「素敵なネクタイですね。」「今日のコーディネート素敵ですね」

など褒めてもいいですし、

「髪の毛切りました?」など、相手の変化を伝えてもいいです。

「最近、忙しそうですね。無理しないでくださいね」と体調に気づかってもいいと思います。

挨拶は声をかける良いタイミングですので、挨拶をきっかけに雑談力を身につけるトレーニングをしてみましょう。

2|雑談のテーマを理解しよう

「雑談」といっても、職場によって雑談のテーマの向き不向きがあると思います。

たとえば、ゲーム系のIT企業で医療現場の話をしても、そこまで盛りあがらないかもしれませんね。

しかし「東京オリンピックの時期に、eスポーツの世界大会が日本で開催されるらしいですよ」といったeスポーツのニュースネタだったら、会話が盛り上がる可能性は高いですよね。

雑談のテーマに困ったら、仕事に関係した時事ネタ、ニュースなどでコミュニケーションをとることがおすすめです。

あとは、プライベートな話や会社の噂話なども、会話に盛りこみやすいですよね。

そういった身近なテーマを雑談にすることで、コミュニケーションがとりやすくなり、同時に雑談力を磨くことができます。

3|魔法の言葉「〇〇なんですか?」

簡単に、会話が盛り上がる魔法の言葉「○○なんですか?」

相手の言葉をそのままオウム返しすることで、雑談の入り口をつくることができます。

「○○なんですか?」のあとに感想をつけると、より好印象です。

「すごいですね」「珍しいですね」「大変でしたね」とひとことつけくわえるだけで、大きく印象が変わりますよね。

雑談を盛り上げるテクニックとして身につけたい言葉です。

日常生活で雑談力を鍛えるポイント

ここまで、雑談力の重要性とビジネスにおいての雑談力、基本のコツについてご紹介してきました。

さきほどご紹介したコツ以外にも、日常生活で雑談力を鍛えるポイントはいくつか存在します。

最後に、ほんの少し意識するだけで雑談力が鍛えられる3つのポイントをご紹介します。

お会計の時に店員さんと話してみる

外で食事をしたときに、店員さんに「ごちそうさまでした」や「美味しかったです」などの声がけをすることはめずらしくないと思います。

その声がけにプラスひとことくわえてみましょう!

「お刺身美味しかったです。どこの産地のものですか」
「煮豚がホロホロで驚きました」

など、料理に関することや、天候や話題のニュースについてなど共通のテーマをえらぶようにしましょう。

ひとことを伝えるためには、いろいろなことを感じ、考えなければなりません。

「外食時、店員さんにひとことを伝える」と心がけて食事をするだけでも、雑談力は鍛えることができます。

相談モードで話しかけてみる

相談モードとは、「○○について○○と思うんですけど、どう思いますか?」など、相手に意見を求めるように話しかけることです。

この会話方法には、次のようなふたつのメリットがあります。

ひとつは会話がつづくことで、自然と雑談力のトレーニングになるという点。

もうひとつは、自分の考え方について、相手の反応を知ることができる点です。

業務についての改善点などがわかり、より完成度の高い仕事が目指せます。

結果として、雑談力がつくだけでなく、自分の評価を上げることにもつながりますので、とてもオススメの方法です。

雑談のネタを常に持っておく

日ごろから常に、雑談のネタを用意しておくことも大切です。

話が途切れた場合のネタを考えておくことは、雑談力のスキル向上につながります。

雑談力を鍛えるためには、ネタの仕込みも大切なのです。

ところで、初対面の人と会話を盛り上げる技術が必須の職業といえば、接客業ですよね。

ここでは、ホステスさんが使っている共通のネタを見つける会話テクニックを紹介します。

「木戸に立ち掛けし衣食住」をご存知ですか。

キ:気候
ド:道楽(趣味、テレビ、映画、スポーツ)
二:ニュース
タ:旅
チ:知人
カ:家族
ケ:健康
シ:仕事
衣:ファッション
食:グルメ
住:住まい、暮らし、家

【参考|リクナビNEXTジャーナル

この中でも、初心者にオススメは、「キ」「ド」「ニ」「タ」「シ」「住」

共通点が見つかりやすく、会話を盛り上げやすいネタですので、ぜひ活用してみてください。

最後に

いかがでしたでしょうか。

雑談力を身につけることは、ビジネススキルとして必要なことです。

クライアントや同僚、上司など、仕事仲間とスムーズなコミュニケーションをとることは、仕事の効率アップにつながります。

しかし雑談に良い印象を持たない人がいるのも事実。

うまくコミュニケーションをとって、仕事に活かせる雑談力を身につけたいところですね。