ワークハック

朝、仕事に着ていく服がない!簡単な服選びの5つのポイントをご紹介

朝、仕事に着ていく服がない!簡単な服選びの5つのポイントをご紹介

忙しい朝、仕事に着ていく服選びは、なるべく時間をかけたくないですよね。

朝ごはんを食べて、化粧をして、クローゼットの前に立つ。

じっくり服をながめても、どれもピンとこない。着たい服がない。

クローゼットには、ぎゅうぎゅうに服が押し込まれているのに、「はぁ。オフィスに着ていく服がないな」と思ってしまう女性って、意外と多いですよね。

服はあるのに「着る服がない」と思ってしまうのは、なぜでしょうか。

ここでは、仕事に着ていく服がないと悩んでしまう原因と、出社前に服選びで悩まないための方法を紹介します。

会社に着ていく服がない…!

ハンガーと服の隙間からこちらをのぞく女性

毎朝、仕事に着ていく服に悩んでしまう理由には、似たような服しかない、しわしわのシャツしかない、年齢に合ってない気がする、などさまざまな理由があると思います。

最近では、オフィスカジュアルが一般的な企業も増え、週末はカジュアルフライデーの企業もありますね。

このように社会の風潮が変化したことで、スーツなど堅苦しい洋服を着なくて良くなった!と嬉しく思う反面、服選びを悩ませる原因の1つとなっている気も。

ところで、そもそも、オフィスカジュアルとはどんな服装のことなのでしょうか。

定義としては、「オフィスワークにふさわしいカジュアルファッションのこと」を指すようです。

ポイントは、かっちりしすぎず、ゆったりしすぎず、キレイめ系の服を選ぶこと。

この「ちょうどいい具合の服」は人によって基準が多少違うこともあり、「オフィスに着ていく服がない!」と服選びで迷ってしまう原因となっているのかもしれません。

出社前の服選びに迷わない5つの方法

仕事の前の服選びで迷ってしまう女性には、次のような特徴があります。

  • クローゼットに、積極的に着たいと思う服ではなく、なんとなく好きな服が多い
  • 定番のコーディネートが決まっていない
  • しわになりやすい服など、お手入れが大変な服が多い
  • 体にぴったりとフィットした服ばかりで、ゆったりした服がない
  • 限られた季節にしか着られない服が多く、服の数が多い

などがあげられます。

このような服が多い女性は特に、出勤前の服選びで迷ってしまいがち。

ここでは、服選びに迷わないための対処法を紹介します。

1|服の購入ポイントは「1週間着回せるかどうか」

シンプルなニットとズボンのコーディネート画像

1週間着回せる服を選ぶためには、まずクローゼットにどんな服があるかを把握しておく必要があります。

たくさんの毛玉がある服、サイズが変わっている服、他の服と合わせるのが難しい服など、今は着ていない服がありませんか?

また、ワンピースが多い、白や黒などの無難な色の服ばっかりなど、服の種類が偏っていないでしょうか。

持っている服を全部出してみると、自分の服選びの傾向に気がつくと思います。

また、好きだけど着ない服、積極的に着る服があることにも気がつくでしょう。

服を新しく購入する時のポイントは、必要な服や好んで着る服とコーディネートしやすいか、1週間気回せるかどうか、というところ。

今持っている服を整理整頓すると、仕事に着ていける服がはっきりしますよね。

もしかしたら、ボトムスを1本追加するだけで1週間着回せるかもしれません。

まずは、クローゼットの中にある服から見直してみませんか。

2|定番のコーディネートは保存しておく

同じ色味でまとめられた服のラック

仕事の前の服選びで悩まないコツは、定番のコーディネートを写真で保存しておくこと。

わざわざ洋服を並べて、写真を撮る必要はありません。

仕事の後の飲み会や食事会、送別会などで撮った写真を保存しておくだけ大丈夫です。

  • スマホで保存
  • お気に入りのノートにコメントつきでまとめる
  • アプリを使って、お気に入りのコーディネート集を作る

など、いろいろな方法があります。

朝、仕事に着ていく服選びに迷ったら、それらの写真を確認してみましょう。

「この組み合わせがいいなぁ」「この服とこっちのスカート組み合わせよう」など、服選びのヒントが見つかります。

実際に自分が着ている姿を客観的に見ることで、新しい組み合わせが思いつくかもしれません。

忙しい朝の時間短縮に、自分だけのコーディネート集を利用することで洋服に迷う時間を短縮できますよ!

3|お手入れが楽な服を手に入れる

アイロンをしている途中のシャツの画像

洋服選びにおいて、お手入れが簡単という条件は、重要な要素です。

仕事で忙しい時期などは、洋服のお手入れまで出来ないこともありますよね。

繁忙期には、「毛玉ができやすい」「しわになりやすい」「他の洋服と別で洗濯しないといけない」など、特別扱いしなければならない服は、無意識に避けてしまったり。

ある時には「この服は洗うとアイロンをかけないといけないから、今日はやめよう」と思うことがあるかもしれません。

お気に入りの服を着ると気持ちが上がるので、たくさん着ていきたいところですが、扱いづらい服は、自然と着る機会が下がってしまい、なんだかもったいないですね。

オフィスに着ていく服選びのポイントは、お手入れしやすく特別扱いしなくてよい服を選ぶこと。

仕事前の服選びで迷わないためにも、懸念材料がない服を購入するよう心がけましょう。

4|ボディーラインの目立たない服を2.3着持っておく

ゆったりした着やすいピンクのトップス

「最近少し太ったから、この服はもう着られないな」という経験、誰しもあるのではないでしょうか。

特に、年末年始は仕事など食事会の回数も増えることが多いので、体重コントロールが思うようにいかず、悩む女性も多いかもしれませんね。

また生理などの女性特有の体調不良で、身体にぴったりとフィットするような服を着ると、息苦しく感じることもありますよね。

オフィスに着ていく「きれいめの服」には、ボディーラインが出るものも多く、体調不良や予定外に体重の変化があった時に対応しきれないことも。

体系や体調の変化があっても柔軟に服選びができるように、少しゆったり目の服を2、3着持っていると安心です。

ただし、ゆったりした服は、時にだらしない印象を与えるかもしれません。

ボトムスやトップスなどオフィス用の服は、組み合わせを意識する必要がありそうですね。

5|オールシーズン使えるアイテムを持っておく

カラフルなTシャツが何枚かたたまれ、積み重なっている

「クローゼットにオールシーズン使えるアイテムがある」という人は意外と少ないのではないでしょうか。

オールシーズン使えるアイテムは、季節に関係なく着られる上に、衣替えもしなくてOKというメリットもあって、とても便利。

そんな便利アイテムを選ぶポイントは、柄物や特徴的なデザインなどは避け、無地で定番のシンプルなものを選ぶことです。

オールシーズン使えるシンプルな服は、流行に左右されないので長く愛用することもできます。

ただし、使用頻度も上がりやすいので、クリーニングなどで定期的にメンテナンスするように心がけましょう。

「服装」への気づかいは相手への配慮

ここまで、「仕事に着ていく服がない!」の5つの対処法についてご紹介してきました。

その場に適した服装をすることはとても重要で、選んだ服によっては、時にはあなたの評価が下がってしまう可能性もあります。

仕事のためのファッションであればなおさら、自分のためではなく相手のことを考えた服を選ぶことも大切です。

ここでは、そのために必要な考え方についてまとめました。

服装以外の部分にもアンテナを張って

大きなクローゼットの写真

仕事のための服選びは、自分中心、自分好みの服装ではなく、ある程度相手への配慮が必要です。

またドレスコードという言葉があるように、服選びに気を使うことは社会的マナーの1つでもあります。

結婚式に白いドレスで参列しない、お葬式にジーパンをはかないなどは、常識ですよね。

その場のTPOに合わせた服選びができないと、「ちゃんとできない人」「常識がない人」と判断されてしまい、結果的に自分の評価を下げることにつながることも。

オフィスでの服選びについては、そこまでシビアにはならないと思いますが、その場に合った服装、相手に合わせた服選びは、自分の評価につながることを忘れてはいけません。

とはいえ、相手への気づかいを意識しつつも、自分らしさを取り入れたいですよね。

そこでおすすめなのが、スカーフや時計、バック、アクセサリーなどの小物を自分好みにすること。

服装以外の部分にもアンテナを張ることで、仕事の服選びはもっと楽しくなるはずです。

編集部から

シンプルな服をきた女性がどこかを見つめ微笑んでいる様子

いかがでしたでしょうか。

「仕事に着ていく服がない!」への5つの対処法、服装への気づかいなどについてまとめてきました。

なにかとバタバタして時間のない朝、何を着ていこうかと悩んだ挙句、結局いつも似たような服になっているという悩みを抱える女性は多いと思います。

ぜひ今回ご紹介した5つの対処法を実践してみてくださいね!