ワークハック

もうコミュニケーションエラーを起こさない!上手な話し方の7つの基本とは

自分の話し方について、悩んだ経験はありませんか?

話がまわりくどくなって結論を中々話せない、言いたいことがうまく相手に伝わらないなど、話し方について何かしらの悩みを抱えている人は少なくないと思います。

上手な話し方のコツを身につけたいと思っていても、どのような話し方をすればよいかわからなかったり、その方法を教えてくれる人が近くにいなかったりする場合も。

ここでは、そのような悩みを解決できるように、上手な話し方をするための基本的な7つのコツと、そのコツが掴みやすくなる2つのポイントをご紹介します。

上手に伝わる話し方のコツって?7つの基本をご紹介

仕事もリモートワークに変化しつつある今、対面でないからこそ上手な話し方や伝え方のスキルは重要視されていますよね。

高いコミュニケーションスキルは、どのような場面でもビジネスにおいては欠かせません。

伝わりやすい話し方のコツをつかむためには、具体的な対策を考える必要があります。

まず最初に、上手に伝わる話し方のコツについて基本の7つをご紹介します。

1|自分が何を伝えたいのかを明確にする

相手の話を聞いている時に「何が言いたいのか分かりにくいな」と思った経験はありませんか?

こう感じてしまう原因は、話し手がゴール地点を設定していないからです。

相手に「何を伝えたいか」を明確にし、最終的なゴール地点を自分の中ではっきりとさせることは、上手な話し方のコツの1つです。

そうすることで、話全体を順序だてて進めていくことができるので、相手に話が伝わりやすくなります。

ゴール地点の設定を怠ると、話の流れを上手に作ることができず、話が飛び飛びになるため、「何を話したいのか」「話と話のつながりは何か」を相手(聞き手)が考えなければなりません。

これでは、相手に言いたいことが伝わりにくくなってしまいますね。

自分が伝えたいことをしっかりと伝えるためにも、まずは「自分が何を伝えたいのか」を明確にすることが、大切なのです。

2|自分の「声」を知る

話の伝わり方は、声のトーンや話すスピードなどによって変わってくると言われています。

小さい声で話していると自信がなさそうに聞こえますし、話すスピードが早すぎたり遅すぎたりとテンポが悪い場合も、話が伝わりにくくなりがちです。

まずは、自分が伝わりやすい話し方をしているか、ぜひ確認してみてください。

自分の話し方を客観的に聞くコツとしておすすめなのが、仕事の会議をボイスレコーダーで録音したり、プライベートで遊んでいる時に動画を撮影したりすることです。

  • 職場など少し緊張した雰囲気では、どういった声で話しているのか
  • プライベートなどリラックスした時は、どういった声で話しているのか

それぞれ違う環境で話している声を確認することで、どんな声だと伝わりやすい話し方になるのかコツを掴むきっかけになります。

自分の話し方に自信がない方は、ぜひ試してみてくださいね。

3|話す相手の存在を意識し、結論から伝える

一方的に話したいことを思いついた順に話す人は、意外と少なくないです。

あまり興味がない話や言いたいことが分かりにくい話を一方的にされると、聞いていて疲れてしまいますね。

負担に感じる要因は、最初に結論を伝えていないことや相手の反応を見ていないところにあります。

いきなり話はじめると、何も知らない相手は、何の話を始めたのか?何が言いたいのか?と考えながら、話を聞く必要があります。

相手の負担を減らすためにも「まず結論から伝える」ことが大切です。

同時に、相手の反応を見ながら話すことも、とても大切な話し方のコツです。

特に初対面の場合は、相手の価値観や知識などがわからないことがほとんどのため、話し方や言葉選びはより慎重になる必要があります。

相手の反応を見て「言いたいことが伝わっているか」を確認しながら話すことが、相手の存在を意識した話し方のコツと言えますね。

4|相手の話をきちんと聞き、理解度を確認する

話すこと以上に大切なことは、話を聞くことです。

「聞き上手は話し上手」という言葉もあるように、話を聞くことが上手な人は、話し方も上手だと言われています。

相手の気持ちや興味、価値観などを聞き出すことで、相手に合わせた話ができるからでしょう。

また、会話中に相手の反応を見ながら、話し方や話す内容を変えられるので、相手に話が伝わりやすいです。

「自分の話を聞いてくれたから今度は相手の話を聞こう」という心理も生まれるので、話を聞いてもらうためのスタートラインが違うことも、聞き上手の大きなメリットです。

このように、相手の話に耳を傾けることは、話し方のコツを身につけることと一見無関係に感じますが、実はとても大切なスキルなのです。

5|話に具体例を取りいれる

話をより伝わりやすくするコツとして、具体例を取り入れることもおすすめです。

自分の体験談など身近な話題で例え話をすると、話が伝わりやすくなるだけでなく、相手の興味を引きつけることにもつながります。

会話が盛り上がるきっかけになりますので、普段から具体例として利用できる体験談は、記録に残しておくこともよいでしょう。

友人から聞いた体験談なども、参考にするとよいですね。

6|情報量を増やしすぎない

話し方が上手でない人は、伝えたい情報を全て伝えようとする傾向にあります。

何を1番伝えたいのか、情報の優先順位がつけられず、あれもこれもと思いついた順番に話してしまうのです。

そうすると、聞き手は「結局、何が言いたいの?」となってしまいますね。

このような傾向にある人が伝わりやすい話し方を身につけるコツは、必要な情報を必要な分だけ整理して話すように意識することです。

話し出す前に、ひと呼吸入れて、少しだけ考える時間をつくってみてはいかがでしょうか。

7|話の最後にあらためて相手の目線を確認する

「目は口ほどにものを言う」ということわざがあるように、目線は相手の気持ちを強くあらわします。

例えば、

  • 恥ずかしい時は目をそらす
  • 注目してほしい時は相手をじっと見つめる
  • 相手の話に興味が持てない時は、全く関係ない方向を見る
  • 相手に好意を持っている時は、目線が合うことが多い

と言われており、目線からいろいろなことが推測できます。

相手が自分の話を聞いてどう感じているかを察知するコツとして、相手の目を見ながら話すことはとても大切です。

これは、目線によって相手への印象が変わることも意味します。

自分の印象を良くするためのコツは、話をする時は相手の目を見ながら話すことを意識することです。

ただし、5秒を超える凝視は、お互いを良く知る相手にとっては好意的に感じますが、あまり親しくない相手には不快に感じると言われています。

視線を合わせる時間を調節することも、印象コントロールには重要なコツの1つです。

話し方のコツが掴みやすくなる2つのポイント

ここまで、話し方の7つの基本についてご紹介してきました。

話し方のコツを掴むためには、練習と観察が必要です。

意識するだけでも話し方は大きく変わりますが、さらに練習と観察をすることで、より早く上達していきます。

最後に、話し方のコツを掴みやすくするためのポイント2つをご紹介します。

1|本を朗読する

抑揚がなく単調な話し方よりも、メリハリのある話し方の方が、最後まで飽きずに聞きつづけることができ、記憶にも残りやすいですよね。

メリハリがあり相手に飽きさせない話し方をするためのトレーニング方法として、本の朗読が効果的と言われています。

朗読は感情を込めて読むことなので、繰り返し練習することで表現力がつき、メリハリのある話し方を身につけることができます。

また、聞き取りやすい話し方のコツを掴むためにも、朗読をする際は、お腹から声を出すように意識しましょう。

最近、声を出す機会が少なくなってきたと思う人は、ぜひ試してみてくださいね。

2|話し方の上手な人を真似する

身近な人に、「この人みたいな話し方になりたい」という人はいますか?

そういった見本となる人がいれば、じっくりと観察してみましょう。

話すスピードや抑揚の付け方、声のトーンなど参考になる点があるかもしれません。

自分でもマネできるところは積極的に吸収して、自分なりの話し方に変えていくことで、理想的な話し方に近づいていくはずですよ。

最後に

いかがでしたでしょうか。

仕事がもっと効率的になる、上手な話し方の7つの基本についてご紹介してきました。

顔の見えないやり取りが増える今の時期だからこそ、上手な話し方のコツをマスターして、なるべくコミュニケーションエラーのないように過ごしたいもの。

せっかく話をするなら、自分も相手もストレスフリーな会話を楽しみたいですよね。

最近なんだか言いたいことが上手に伝わらないなと悩んでいたら、今回ご紹介した話し方のコツを、ぜひ試してみてくださいね。