女性の転職

料理を仕事に!料理好きな女性におすすめしたい仕事を徹底紹介

少子高齢化が進み、以前よりも働く女性が増えてきました。

働く女性は、仕事をしながら家事や育児の毎日。

中には、「せっかく働くなら好きなことを仕事にしたい」と考える女性もいるのではないでしょうか。

女性に人気のある仕事として「料理」に携わる仕事があります。

今回は、そんな「料理」に関わる仕事についてまとめてみました。

好きなことを仕事に!女性に人気の料理に関わる仕事って?

実際に好きなことを仕事にしている人はどれくらいいるのでしょうか?

マイナビの調査によると39.8%とあまり高くなく、半分以上の女性が好きなことを仕事としていないことが分かります。

「好き」な仕事をするために女性たちはどんな働き方をしたいと思っているのでしょうか。

好きなことを仕事にするために

「もっと楽しく働きたい」

「好きなことはあるけどどう仕事に生かせばいいのか分からない」

このように考えたことがある人もいるのではないでしょうか。

楽しくやりがいを持って働くためには「好きなことを仕事にする」という方法があります。

好きなことを仕事にするためにはその仕事を知ることが大切です。

仕事を知るには、ネットや本で職種の種類や特徴を調べ、実際に働いている方へ話を聞くなどの方法があります。

その際、一緒に考えてもらいたいことが産業・業界の動向、キャリアプラン。社会の動きやなりたい自分像を明確にすることで職種を選びやすくなります。

どんな職場でどんな働き方がある?

「料理」に関する仕事は、学校や病院、工場などさまざまな場所が職場となります。

正社員やパートなど雇用形態も職場によって異なり、中には土日出勤や夜遅くの勤務がある場合も。

しかし、他の職業よりも比較的給料が高いことや、自分の好きなことや得意なことを仕事にできるということから、料理に関する仕事は高い人気があります。

そんな料理に関する仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。

職種はなんと40種類以上!人気の職種3選!

生きるうえで絶対に欠かせない食。

そんな食に関わる仕事と一口に言っても、農家で野菜を生産する仕事、教室などで自身の知識を教える仕事などさまざまあり、約40種類以上も存在します。

まずは、その中でも資格が必要な人気の職種を3つご紹介します。

1.調理師

調理師は、主に調理、盛り付け、片付けなどの業務をおこなう職業です。

職場によっては調理の他に、メニュー開発、食材の管理、清掃など衛生面の管理も大切な業務です。

調理師の働く場所は、飲食店、ホテル、旅館、学校や企業、病院、福祉施設の調理場などさまざまで、料理のジャンルに応じて板前やシェフ、パティシエなど呼び名が異なります。

料理でお客様を笑顔にできることや、独立して開業できることなど、頑張りが目にみえやすく、やりがいを得やすい仕事です。

2.栄養士・管理栄養士

栄養士は学校以外にも病院や施設、美容などを中心に活躍しており、献立の作成や衛生管理などが主な仕事内容です。

学校給食に携わっている栄養士や管理栄養士は、他の職業よりも馴染み深いのではないでしょうか。

栄養士の職業は、栄養に関する知識を幅広く持ち、食の面から健康をサポートする食のスペシャリストです。

3.フードコーディネーター

フードコーディネーターの仕事内容は幅広く、新商品の企画や開発、テレビでの料理の盛り付けなどがあります。

学校では食育を通して子どもたちの成長をサポートし、生徒に食の楽しさを教えるなど地域に貢献できる職業です。

そもそも料理に関わる資格って?

実は、料理に関わる資格は50種類以上存在しています。

資格には、調理師以外にも、食生活アドバイザーやソムリエなど公的に認められた国家資格や、民間の資格までさまざまなものが存在します。

資格がなくても料理に関する仕事に就くことはできますが、資格を取得することで、食に関する知識を身につけることができ、就職先の候補が増えるなどのプラス面が多くあります。

一般資格だけでなく専門士のような難関資格も多く存在するため、資格取得を通してステップアップすることができます。

手軽に資格取得する方法をご紹介!

最近では通信講座が充実しており、料理に関する資格も手軽に取得できるようになってきました。

アドバイザーやプランナー、調理師なども手軽に自宅で資格取得することができます。

通信講座で取得できる食に関する資格は35種類以上もあり、自分のペースで勉強したい方や費用を抑えたい方におすすめです。

通信講座で人気の高い資格は食育アドバイザーや調理師などで、短い期間で総合的な知識を身につけることができます。

資格がなくても活躍できる仕事3種ご紹介!

料理に関する仕事の中には資格がなくても働ける職種も存在します。

「資格取得をする時間がない!」

「働きながら資格を所得していきたい!」

という方でも働きことのできるおすすめの仕事を3つご紹介します。

1.調理補助

調理補助は、福祉施設や病院、幼稚園・保育園、学校などで、食材・調理器具・食器の準備や、下ごしらえのお手伝い、簡単な盛りつけをおこないます。

あくまでも補助のため、専門的な技能が求められることはなく、安心して働くことができます。

また、2年間働くと調理師免許の受験資格を得られるため手に職をつけたい方におすすめの仕事です。

2.登録型家政婦

登録型家政婦は料理、掃除や洗濯といった家事全般をお客様の自宅でおこないます。

時給も高く、時短勤務など働き方もさまざまで、空いた時間で働くことができるため人気が高まっています。

料理だけしたい!という方は、料理だけおこなう料理代行サービスもあり、得意分野で活躍することも可能です。

家事全般のスキルを磨きたい方や誰かに喜んでもらいたい方におすすめの仕事です。

3.出張料理講師

主張料理講師は、料理を学びたい人の自宅へ伺って料理の個別指導をしたり、ホームパーティ前の調理を手伝ったりする仕事です。

料理好きであれば特別な資格がなくとも、料理の先生として活躍することができ、人気が高まっています。

簡単な家庭料理がつくれる方や将来的に料理教室を開きたい方におすすめの仕事です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

好きなことを仕事にする方法、料理に関わる仕事についてご紹介してきました。

好きなことを仕事に選ぶのも働き方の選択肢の1つですが、1番大切なのは自分らしく働ける仕事かということ。

キャリアを後悔しないためにも、一度今の仕事と向き合ってみるのもよいかもしれません。

料理に関わる仕事がしたいという方は、ぜひ今回まとめた内容を参考にしてみてくださいね。