ライフハック

婚約指輪はなぜ必要?大切にしたい3つの意味と知っておきたい基礎知識

婚約指輪はなぜ必要?大切にしたい3つの意味と知っておきたい基礎知識

女性にとって、数あるライフイベントの中でも特に大切なプロポーズ。

一生の思い出になるプロポーズの瞬間を夢見たことのある人も多いと思います。

そんなプロポーズの象徴とも言える「婚約指輪」

「婚約指輪のデザインは〇〇がいい」というように、プロポーズの瞬間と同様、理想の婚約指輪があるという人もいるかもしれませんね。

とはいえ、最近は「婚約指輪はいらない」という女性も増えているとか。

今回はそんな気になる婚約指輪事情や、婚約指輪の知識、いま人気のデザインまで幅広くご紹介します。

婚約指輪の意味って知ってる?基礎知識をご紹介

そもそも婚約指輪の意味って何なのでしょうか。

なぜ婚約指輪が必要なのかと聞かれても、その意味を即答できる人は少ないかもしれませんね。

まずは、婚約指輪の意味と基礎知識についてまとめてみました。

プロポーズの必須アイテムである婚約指輪

婚約指輪には、次の3つの意味があると言われています。

  • 婚約の証
  • ふたりの決意のあらわれ
  • 生涯の共通財産

婚約は、結婚と違って法的な手続きがあるものではありません。

そのため、婚約指輪を「婚約の証」の婚約記念品として準備する人が多いのです。

また、婚約指輪を通して、婚約することを周囲に決意表明するという意味合いもあります。

中には、婚約指輪を見るたびに「パートナーを支えていこうと決意を新たにすることができる」という女性の意見も。

さらに、1つの大切な共通財産として、こどもや孫へ代々受け継がれるものである場合もあります。

婚約指輪の価格に関わらず、婚約をする2人にとって絶対的な価値のあるものなのです。

結婚指輪(マリッジリング)との違いって?

婚約指輪とは別に「結婚指輪」がありますね。

どちらも結婚するにあたって準備をする指輪ですが、具体的に何が違うのでしょうか。

前述の通り、婚約指輪が「結婚を約束した証」として男性から女性に贈るのに対し、結婚指輪は婚姻関係にあることを証明するためのもの。

婚約指輪は、婚約から結婚をするまでの「婚約期間」に女性だけが身につけるのに対し、結婚指輪は結婚後も常に夫婦で身につけるものなのです。

そのため、結婚指輪のデザインは婚約指輪にくらべて、シンプルで日常使いができるものを選ぶという人も。

どちらも、それぞれ違う意味を持った大切な指輪であることには違いないですね。

婚約指輪のお返し「半返し」

プロポーズの時、男性から女性へ贈られる「婚約指輪」。

なんだか女性だけ特別な気もしますが、実は女性から男性へ婚約指輪のお返しをする習慣があることを知っていますか?

「半返し」と言って、「婚約指輪のお礼」はもちろん、日頃の感謝を伝える1つの方法として、婚約期間に何か贈り物をするという女性は多いようです。

一般的に半返しとして多くの女性が選ぶのは「時計」や「スーツ」など。

中には「旅行」などを贈る女性もいるようですので、相手が喜ぶものをお返しするのが1番です。

婚約指輪を贈られ、婚約をした際の1つのマナーとして覚えておくと安心です。

婚約指輪の最新事情|いる?いらない?

ここまで、婚約指輪の基礎知識についてご紹介してきました。

婚約を目に見える形として示す婚約指輪ですが、最近では「必要ない」という人も。

ゼクシィが2019年に実施した結婚トレンド調査によると、

  • 婚約指輪にお金をかけるのはもったいない
  • 高額なものをもらうのは申し訳ない
  • 普段身につけるものではないのでいらない

という女性からの声が全体の2割~3割を占めているという結果があります。

中には、婚約指輪ではなく、結婚後も普段身につけられるよう「時計」や「ピアス」を贈ってもらったという人も。

婚約指輪にこだわるのではなく、「婚約をする」という決意や覚悟を形として残すことに意味があるのかもしれません。

かつては「給料の約3ヶ月分」に相当すると言われた婚約指輪ですが、時代とともに婚約指輪のあり方も変化しているようです。

いま人気の婚約指輪って?人気デザインをチェック!

とはいえ、プロポーズの際に素敵な婚約指輪を夢見る女性が多いことも現実。

男性が1人で購入する場合もありますが、実際は指輪のサイズの問題やデザインにこだわりのある女性も多いため、「プロポーズ後に一緒に選んだ」というカップルも。

婚約の証である婚約指輪。

男性に選んでもらうのも十分すぎるほど幸せなことですが、「自分の気に入ったデザインが良い」というのが女性の本音ですよね。

そこで最後に、いま人気の婚約指輪のデザイン4選をご紹介します。

ぜひ、婚約指輪を選ぶ際の参考にしてみてくださいね!

1|王道のソリテールリング

「婚約指輪といえばこれ!」の王道。

リングの中央にダイヤモンドが1粒のシンプルなデザインは、他のリングと比べても石の輝きがより一層目立つものとなっています。

石の部分が高くなっている「爪あり」のデザインは特別感があり、最近では「日常使いができない」というマイナスな意見も。

そのため、石の高さが気にならず引っかかりのすくない「爪なし」のデザインを選ぶ人も増えているようです。

2|少しカジュアルな印象のメレリング

ソリテールリングよりも少しキュートでカジュアルな印象。

「メレ」とは0.1カラット以下の小粒の石のことを意味しており、メインの石とメレを組み合わせたデザインです。

石の総数や配置によって印象が大きく変わるため、メレリングのバリエーションはさまざま。

種類が多いため、お気に入りのリングが見つかりやすいデザインです。

3|ゴージャスな特別感のあるパヴェリング

メインの石を置いて、メレをリングに敷き詰めたゴージャスな印象のデザイン。

「パヴェ」とはフランス語で石畳を意味しており、その言葉の通りメレを敷き詰めていることから由来しています。

つかわれる石の種類や大きさもさまざまで、キラキラとゴージャスに輝くデザインが好みの女性におすすめです。

ただ、サイズ直しが難しかったり、石が取れやすい場合もあるため、リングの特性をしっかり理解して検討する必要があります。

4|永遠の愛の象徴であるエタニティリング

リング全体に切れ目なく石が並んでいることから、永遠の愛の象徴とも呼ばれるデザイン。

同じサイズ、同じカットの石がリング全体に均等に並び、埋め込まれていることから「エタニティ」と名づけられています。

エタニティリングには、リング全体に石が並ぶ「フルエタニティ」と半周だけの「ハーフエタニティ」の2種類のデザインがあります。

他のリングデザインと比べて、「結婚指輪と重ねづけしやすい」という女性からの声もあり、近年人気が高まっているデザインです。

ただ、パヴェリングと同様にサイズ直しが難しい、石が取れやすいなどの特性も。

婚約指輪は一生の記念品。

後悔のないように慎重に選ぶことをおすすめします。

編集部から

いかがでしたでしょうか。

婚約指輪の基礎知識や、最近の婚約指輪事情、人気のデザインについてご紹介してきました。

婚約指輪の価値は、指輪自体もそうですが、決意や責任を示す意味にあると思います。

結婚を決意するプロポーズは、夫婦になるふたりにとって思い出に残り続ける大切な瞬間。

この記事が、ふたりにとってぴったりの婚約の形を見つける参考になれば幸いです。

 あわせてチェック!

女性が憧れるプロポーズシーンを集めてみた!《息抜きコラム》 

日常の中で、どんな女性であっても気になってしまうのが結婚事情。今回は、だれでも1度は憧れるプロポーズのシチュエーションを、夢いっぱいにご紹介!