ライフキャリア

同一労働同一賃金とは|女性のキャリアにはどのような影響がある?

同一労働同一賃金とは|女性のキャリアにはどのような影響がある?

「働き方改革」という言葉は、だんだんと馴染みの深いものになってきましたね。

少しずつ改革されつつある「働き方改革」ですが、「具体的に何がどう変わるの?」と疑問に思っている人も少なくないと思います。

2020年に義務化される「働き方改革」にはさまざまな制度があり、その1つに「同一労働同一賃金」という制度があります。

「聞いたことはあるけどいまいちわからない」という人も、制度施行前にきちんと知識を持ち、働き方について考えておく必要があります。

今回は、同一労働同一賃金のメリットデメリットに加え、働く女性やキャリアへの影響についてもまとめました。

今後の働き方を考える上で、ぜひ参考にしてみてくださいね。

同一労働同一賃金とは|2020年4月施行の働き方改革

「同一労働同一賃金」とは、2018年に決議され、2019年4月から順次施行されている働き方改革法に定められた施策の1つです。

「働き方改革」とは、ひとことで言うと「働く人のライフスタイルに合わせて柔軟な働き方ができるようにする取り組み」のこと。

「働き方改革関連法」とは、働き方改革を推進するために、日本法における8本の労働法の改正をおこなうための法律の通称です。

まずは、2020年4月から施行開始となる「同一労働同一賃金」とは一体どのような制度なのか、詳しくみていきましょう。

正社員と非正規雇用労働者の待遇差を禁止する制度

「同一労働同一賃金」とは、正規雇用と非正規雇用で待遇や賃金による格差をなくそうという取り組みです。

働き方改革関法では「同一労働同一賃金」を推進するために、同一企業内において、正社員と非正規雇用労働者との間に不合理な待遇差を設けることが禁止されます。

企業側は、雇用形態による不合理な待遇差を排除し、また差がある場合は

「正社員との待遇差の内容や理由」について、非正規雇用労働者から求めがあった際には説明をしなければなりません。

これまで日本の企業では、正社員と非正社員との間にさまざまな待遇格差がありました。

雇用形態が異なることで、給与面はもちろん、福利厚生にも大きな差があり、その格差に悔しい思いや歯がゆい思いをしてきた人もいるかもしれません。

実は、現代の日本で働く非正社員の数は、労働者全体の40%を占めると言われており、今後もさらに増え続けることが予想されています。

このように、これまで社会問題化されてきた正社員と非正社員の二重構造に注目し、非正規の労働者の不合理な処遇改善をおこなう目的で、「同一労働同一賃金」が施行されることとなりました。

正社員と非正社員の不合理な格差が解消されることで、雇用形態に関わらず、事業貢献度や仕事の成果に対し適切な評価・待遇を受けることできます。

これにより、ライフスタイルやライフステージの変化に応じて選択できる働き方も増えるだろうと考えられています。

対象となる労働者と項目

同一労働同一賃金の推進により、見直しの対象となるのは、非正規雇用となる次の3パターンです。

  • 有期雇用労働者
  • 派遣労働者
  • パートタイム労働者 

さらに、対象となる項目は、厚生労働省が策定した「同一労働同一賃金ガイドライン」にも記載されている下記の項目です。

【画像引用|まもりの種

上記の3パターンの労働者については、給与や各種手当、福利厚生などの待遇において、雇用形態を理由とした不合理な差は解消されます。

また、もし差がある場合に関しては、その理由の説明を企業側に求めることができます。

ただ、無期限のフルタイム労働者は、この制度に含まれていないので注意が必要です。

現在の自分の雇用形態を確認して、当てはまっているかチェックしておきましょう。

パートの無期転換ルールについて(無期限のフルタイム労働者とは)
無期転換ルールとは、2013年4月1日に施行された改正労働契約法に規定されているルールのことです。
パートやアルバイト、契約社員などの有期契約労働者として働く人が、企業との労働契約が5年を超えた場合に、期間の定めのない無期労働契約に変更を希望することができます。
 
無期限のフルタイム労働者となると、今回の「同一労働同一賃金」の対象からは外れてしまいます。
しかし、無期限のフルタイム労働者を有期限のフルタイム労働者よりも低い待遇にするというのは現実的ではなく、間接的に正社員との格差は是正されると考えられています。

同一労働同一賃金のメリット、デメリット

ここまで、同一労働同一賃金の制度内容、対象の労働者のパターンや項目などについてご紹介してきました。

では、同一労働同一賃金は、労働者にとってはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

メリット1|賃金への不満改善や働きがいがうまれる

やはり1番のメリットは、雇用形態関係なく実績を評価してもらえるということでしょう。

同一労働同一賃金が施行されると、正社員、非正社員という賃金や待遇の格差が発生することがなくなり、非正社員であっても昇給のチャンスがあります。

つまり、能力や実力が正当に評価され、それに見合った待遇を受けられるということです。

これまで抱えていた賃金に対する不満や、やりがいに対する悩みが解消され、これまで以上に成果につながる仕事をしようと働きがいがうまれるはずです。

メリット2|キャリアの幅が広がる

また、キャリアの幅が広がるというのも、大きなメリットの1つです。

これまで、リーダーやマネージャーなどの管理職には正社員が昇格することがほとんどでしたが、今後は非正社員であっても、仕事の成果によっては管理職に挑戦しやすい環境があります。

正社員、非正社員という肩書きによる評価ではなく、仕事の成果を出せる能力重視の評価になっていくということです。

そのため、それぞれの能力を発揮しやすくなり、キャリアの幅を広げ、多方面で活躍できる可能性が高まります。

デメリット1|正社員の賃金低下

やりがいやキャリアに対するメリットがある一方で、正社員にとっては賃金低下の可能性があり、デメリットと感じる人も少なくないかもしれません。

同一労働同一賃金によって、実力重視の評価になるということは、少なからず肩書きに頼って給与を受け取っていた人にとっては厳しい状況になる可能性もあります。

給与に見合った働きをすることはもちろんですが、日ごろから実力を磨いたり、スキルアップをすることで自身の存在価値を見出し続けることが必要です。

デメリット2|仕事に対する評価が厳しくなる

また、非正社員にとっては、これまでとは違い、正社員と同様の成果を求められることになります。

「アルバイトだから」「派遣だから」のような、雇用形態による判断の優劣はなくなるということです。

そのため、これまでよりも求められるスキルのレベルが上がることはもちろん、仕事に対する評価は厳しくなるでしょう。

また、仕事に意欲的に取り組み、チャンスを獲得する挑戦心も評価されるため、自発的に取り組む姿勢を持つことが必要です。

私たちに与える影響とは

同一労働同一賃金が、女性の働き方やキャリアにどのような影響を与えるのかは気になるところ。

最後に、今回の制度の施行が私たちにどのような影響を与えるのか考えてみました。

「女性管理職」は昇給のチャンス?!

今回の同一労働同一賃金は、女性にとってのメリットが大きいと言えます。

同一労働同一賃金の制度によって、これまで能力やスキルが高いにも関わらず昇進昇給できなかった女性や、正当な評価を受けられなかった非正社員も、実力次第でキャリアアップしやすい環境がうまれます。

優秀であればあるほど、転職でのキャリアアップや企業からの引き抜きなどによって、キャリアの幅を広げやすくなるのです。

さらにこれからは、働き方改革によって女性の管理職の割合も増えていくと考えられており、女性にとっては昇格や昇給のチャンスが増える可能性が高くなります。

企業の経営に携わるポジションや、中堅職のポジションに女性を採用する会社も増えています。

「女性管理職」を目指す女性にとっては、大きなチャンスの1つなのかもしれません。

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は、2020年に本格化する同一労働同一賃金について解説しました。

さまざまなメリットやデメリットがありますが、特に働く女性にとっては、管理職を目指して、昇進や昇給をしやすい時代になりそうです。

さらにキャリアの幅が広がり、理想とするキャリアを歩みやすくなる可能性もあります。

今のうちから自分の理想のキャリアを見つめ直し、改めて自身の働き方について考える良い機会となれば幸いです。