ふわキャリ

はじめての転職にありがちな3つの不安とは?その解決策もご紹介

転職って考えたことありますか?
はじめての転職って不安ではないですか?

転職に限らず、はじめての経験って不安がつきもの。

しかも「働くこと」は人生の大きな選択だから不安になりますよね。

「本当にやりたい仕事ができるのだろうか?」「社内の雰囲気は自分に合うだろうか?」「面接で伝えたいことを話せるだろうか」と、不安なことを並べたらキリがないかもしれません。

今回は、転職を考えはじめた人も、転職活動を進めている人も、みんなが感じる不安をまとめてみました!

少しでも不安が解消され、女性のキャリアがHAPPYになればうれしいです。

はじめての転職にある3つの不安

いったい不安はどこからくるのでしょうか?

今まで経験のないことにチャレンジしようと思うと、必ず不安はあるものです。

変化に対する不安、未知に対する不安など、不安にもさまざまな種類がありそうですが、誰でも感じるものだと思います。

まずは、はじめての転職を考える時に、よく聞く不安をまとめてみました。

1.「本当に転職するべきなのか不安」

現在の仕事を長く続けるイメージはわかないけど、チャレンジしたいことが見つからない。

チャレンジしてみたい仕事があるけど、今の職場の人間関係が理想的。

などなど、そもそも本当に転職することが、自身にとって良い選択になるのか不安になりますよね。

特によく聞くのが下記の2つです。

今の会社を辞めても大丈夫なのか?

  • 今の会社に不安や不満はあるけど、やりたいことはまだ見つかってない
  • 働き方は変えたいけど、今の仕事にやりがいを感じている
  • 給料が下がったりして、家族やパートナーに心配をさせないだろうか
  • 今取り組んでいる仕事の途中で辞めるのはどうなのだろう、やりきれているのか

その先がどうあれ、現状から変化すること自体に不安を感じるケースです。

変わるということに対して「リスクを避けたい」「変えずに自分を守りたい」という心理からくるものと予測されます。

心理学では現状維持バイアスとも言われるようですが、誰もが持ち合わせている人間の本能のようです。

お世話になった方々に申し訳ない

  • いろいろと機会をくれた会社を裏切るような感覚になる
  • ここまで育ててくれた上司や先輩に申し訳ない
  • 私がいないとこの業務分の負荷を仲間に押しつけることになる
  • 辞めるということを伝えること自体がストレス……

1日のうちで長い時間を共に過ごした仲間との関係性もあるでしょうから、周りのこと(残される側)のことも不安になりますよね。

転職もそうですが、退職というプロセスにも不安がつきまといますね。

2.「転職活動が不安」

転職活動自体どうすればいいのか?
どうやって自分に合う企業を見つけるのか?
面接は緊張しないか?

転職活動って大変なイメージもあるので、転職活動そのものが不安になりますよね。

特に不安としてよく聞くのが下記の2つです。

そもそも転職できるのだろうか?

  • 自分に合う会社が見つかるのだろうか
  • 自分に合う会社ってどういう会社なのだろうか
  • 今の私を評価してくれる会社はあるのだろうか
  • 転職活動する時間をつくれるだろうか

転職活動そのものは、それなりに時間と労力がかかるものです。

転職する目的や軸がまだ定まりきっていない場合は特に、「私は転職できるのだろうか?」という自信の部分につながるのだと思います。

面接は上手くできるだろうか?

  • 面接の短い時間で、普段の自分を理解してもらえるだろうか
  • 伝えたいことを上手く伝えることができるだろうか
  • 何をどのように伝えれば良いのだろうか
  • 面接で本来の職場を感じることができるのだろうか

転職活動における大きな要素として面接というものがありますね。

「面接をされる側と面接をする側」というイメージが抜けず、自分が評価されているような気分になりますよね。

そのため緊張したり、思っていることを上手く伝えられるかという不安がでてくると思います。

3.「転職先が不安」

無事内定を取得したものの、いざその会社に転職するとなるとさまざまな点で新たな不安がでてきますよね。

特に多い不安が下記の2つです。

新しい職場の人間関係は上手くやれるだろうか

  • チームメンバーと上手く関係構築できるだろうか
  • 新しい上司に評価してもらえるだろうか
  • 新しい職場に慣れるのにどれくらい時間がかかるだろうか
  • なんでも言い合える雰囲気だろうか

結構多い不安がこの人間関係です。新しく人間関係を構築するのはそれなりに負荷がかかりますよね。

特に違う業界や職種にチャレンジするとなるとコミュニケーションの仕方も変化する可能性があります。

耐えられない労働環境にならないか

  • 有給休暇は活用しやすいだろうか
  • どうしようもない急なお休みは取得しやすいだろうか
  • 突発的な仕事の依頼が多かったりしないだろうか
  • 条件面(給与や仕事内容)に変更がないだろうか(給与下がったりしないか)

業界や職種によって、繁忙期やタイムスケジュールに違いが生じると思います。

職場環境の変化もあり、今までと違った働き方になる可能性も高いですよね。

こと細かに確認することは難しいと思いますが、採用面接時に譲れないことだけは確認しておく必要がありますね。

不安を解消する方法は?

不安と感じることも機会ととらえて、しっかりと考える時間をつくることをおすすめします。

不安の解消法はいろいろとありますが、代表的な解消方法を紹介しますね。

転職する目的を明確にする

「転職すること」に対して不安になった時は、あらためて転職の目的を見つめ直しましょう。

転職をすることは、それ自体が目的なのではなく、あくまで手段なはずです。

何かしらの目的があって、今の会社ではそれが成し得ないから転職をするのではないでしょうか?

その目的が明確であれば、不安を感じたとしても前へ進みチャレンジする必要があります。

逆に一過性の考えであったり、まだ今の会社でもその目的を果たすことができそうであったりするなら、そもそも転職する必要はないかもしれません。

転職の目的を明確にすると、自分の考えや行動に自信が持てるようになります。そうすれば、先の不安も解消につながります。

転職はゴールではなく、新たなスタート。
現状とくらべて何を変えたいのか、その先に何を得たいのか。
目的を見つめなおそう。

信頼できる人に相談してみる

転職活動は孤独です。

特に職場では、気軽に話すこともできない内容でもあるので、なかなか人に相談することができないかもしれません。

ひとりで悩んでいるよりも、人に自分の気持ちを伝えたほうが不安がすっきりすることもあります。話をただただ聞いてもらうだけでも、心は軽くなるものです。

ぜひ信頼できる家族や友人に、聞いてもらってくださいね。

一度転職を検討したことがある人や、転職経験者は、自分が今感じている不安もわかってくれると思います。その際に考えていたことや、不安を解消した経験もあるかもしれません。

不安に感じたら、ひとりで抱えずに相談してみましょう。

転職経験者や、キャリアに関してのプロに相談してみるのが近道!

最後に

いかがでしたでしょうか。

今の生活を変えることに対して、不安を抱かない人はいません。

転職だって、実際にしてみなければ、その結果はわからないものなのです。

だからこそ、どんな選択をしたとしても、その選択を正解にしていけるように前向きに考えることも大切かもしれませんね。

不安に思ったときは、ぜひ周りの方にその「不安に思った気持ち」を話してみてくださいね。

\LINEで記事を受けとれる!/