きらキャリ

保活コンサルってなに?職場復帰もキャリアも実現できる福利厚生に注目!

「保活コンサル」という福利厚生サービスはご存知でしょうか。

子どもの預け先ってどうするの?
仕事復帰に向けて育休中にやっておくことは?
復帰したらキャリアはどうなるの?

こうしたママの悩みに対して、仕事と育児を両立するための情報・サービスを提供することを目的とし、福利厚生サービスとして企業への導入が進みはじめたのが保活コンサルです。

共働き世帯が増加したことにともない、ワーキングママが増えていますが、職場復帰を目指しているママは、保活に手いっぱいで負担や不安を抱えているという現実があります。

今回は、福利厚生サービスの保活コンサルについてご紹介します。

よく聞く「保活地獄」、保活は一体何が大変?

保活とは、こどもを保育園に入園させるための活動のことで、出産後に仕事復帰する予定のママは、復帰までに保育園などこどもの預け先を確保しなければなりません。

保育園などに入園させるためには、周辺保育園に関する情報を集めたり、入園権利を確保するための申請や、入園の準備を進めたりと、さまざまな対応が必要です。こういった一連の活動のことを「保活」といいます。

保活に必要な活動は?

01|自宅や職場から通える範囲にある保育園の情報収集

保育園の情報はインターネットでも情報収集できますが、正確な情報を把握するためには市区町村の役所に直接足を運ぶ必要があります。

役所内の保育課で、自分の居住区にあたる保育園が掲載されている案内冊子やパンフレットを受け取り、施設の確認をします。

02|情報をもとに希望する保育園の選定

案内や情報を参考に希望する保育園を決めていきます。

認可保育園の入園審査に関わる基準指数なども含めて検討する必要があります。また、保育園によって申込書の書き方、提出の仕方、申し込み期日が異なるため、そのチェックも欠かせません。

03|保育園の見学予約・見学

保育園の選定をしたら、実際に足を運んで見学するケースがほとんどです。基本は電話での予約になるため直接保育園に電話をして見学日を調整します。

見学は平日午前中におこなわれることが多く、旦那さんと一緒に行くよりもひとりで行くケースが多いようです。

04|入園申込みの手続き

見学が終わって希望する保育園が見つかったら、次は入園申込みの手続きをします。

申込書を書く際に最も注意が必要なのは、「どの園を希望園欄に書くか」です。過去の入園状況を可能な限り調べて、自分と同じ指数(もしくは自分より低い指数)で入園できた人がいる園から優先的に書いていくなどの工夫が必要です。

どんな苦労があるの?

待機児童問題は、解決のめどが立たず、現在は3人に1人は認可保育園に落ちるというデータも発表されているほどです。

実際に保活を進めるにあたって、どのような苦労があるのでしょうか。

情報がアナログでバラバラ、収集しづらい

保育園情報は収集の手段として、役所の保育課以外にもホームページを整備している園もあります。

しかし中には、直接電話での問い合わせや貼り紙を見に直接出向かなければいけない園もあります。申込みの期限も提出方法もさまざまで統一されていません。

こうした、アナログでバラバラな情報のなかから選定するのが一苦労になります。

予約を取りたくてもつながらない

保育園の見学のためには事前予約が必要です。

しかし、予約の電話をかけても平日はこどもの世話で手いっぱいの保育士さんばかりで、なかなか電話に出てもらえません。

予約を取りたくても取れない状況が続き、進まない保活に不安を感じてしまうようです。

多くの保育園を見学するために使う時間と消耗する体力

予約に苦労するだけでなく、見学にも苦労します。

特に、激戦区に住んでいる場合は多くの保育園を見学する必要があるため、見学のために使う時間と体力の消耗に疲れ果ててしまうママも。

保活の大変さを乗り越えて、多くのママは社会に復帰しています。ひと言では語れないほどですが、保活はまさに仕事復帰に向けての戦いです。

保活コンサルとはどんなサービス?

保活の大変さ故に、社会復帰を諦める女性がいるのも現実です。

首都圏では待機児童の多さから保育園へ入園することができず、産休・育休取得者が復職できずに退職を余儀なくされるケースもあります。

こうした現状を雇用する企業も課題だと認識しはじめています。

「優秀な女性社員が出産・育児から復帰できるのか心配」「復職をバックアップして女性社員をつなぎとめたい」

こうした声が増えている今、誕生したサービスが福利厚生として企業に導入されつつある保活コンサルです。

保活コンサルとは

保活コンサルを利用するとどんなサービスを受けることができるのでしょうか。

01|保育園探し

女性社員が安心して復職するために【保育園探し〜復職まで】をバックアップしてもらえます。

復職のために必要な保育園の確保に関しても、労力のかかる保育園探しの一部を代行してくれます。

保育園情報だけではなく、実際に通うときの利便性についても、調査し、レポートにまとめてもらうことができます。

また、希望地域にいる待機児童数、認可外保育施設への問い合わせや機児童数についても教えてもらうことができます。

産休に入ってしまうとひとりですべてを対応することになるため、このように代行してもらえたり、サポートしてもらえたりするのは心強いですね。

◆サービス例
  • 保育園探しの相談
  • 自治体の保育事情・制度の解説
  • ヒアリングをもとにニーズに合う保育園の情報収集
  • 希望条件に沿った保育園マップ・リストの提供
  • 保育園への問い合わせ・申し込み代行

02|キャリアコンサルティング

仕事と育児を両立しようとすると、時間・場所などの制約が生まれ、思うようにキャリアを積めるとは言い難い現状があります。

本当はもっと責任ある仕事がしたいけど、時短制度を使っていると難しそう
一生懸命やっているけど、焦燥感や満たされない気持ちがある
夫は働くことを応援してくれていない
時間に追われて、やりたいことのために時間が生み出せていない

こうした不安に寄り添って、個別のキャリア面談をしてもらうことができます。

産休中・育休中・復帰までの間をサポートしてもらえるため、ブランクや復帰後のキャリアの不安を、自信や期待へと変えることができます。

◆サービス例
  • 女性向けキャリア・コンサルティング
  • ワーキングママ向けエンパワメント・コンサルティング
  • 共働き夫婦向けライフデザイン・コンサルティング
  • 仕事も生活も充実した人生を送るためのタイム・デザインコンサルティング
  • 育児不安やマタニティブルー、コミュニケーションのアドバイス

保活コンサルを利用するメリット

保活コンサルは、個人での利用よりも、福利厚生サービスとして企業に導入されていることが一般的です。

こうした福利厚生サービスを利用できるのは、ワーキングママだけでなく、パートナーやこれから結婚・出産を経験する女性にとっても嬉しい制度です。

保活コンサルを利用するメリットをまとめました。

  1. 復帰に向けた負担が軽減できる
    保活コンサルを利用することで、保育園探しから職場復帰に向けてのキャリア面談を相談することができます。これは、負担や不安の軽減につながり、復帰に向けて時間と心に余裕が生まれ、保活以外のことに時間を使うことができます。
  2. 長期で働くことができる
    保活コンサルを利用することで、働いている会社で長期的なキャリアを描くことができたり、仕事と育児の両立をするイメージが湧き、働くことに対して前向きな気持ちを維持することができます。

保活コンサルという福利厚生サービスは、ママの社会復帰や女性が仕事をし続けることの重要性・必要性を理解している企業ほど導入が進んでいます。

こうした福利厚生サービスが導入されていることは企業としてのアピールポイントになります。

働きやすい会社を探す際のポイントのひとつに置いてもいいかもしれませんね。

最後に

いかがでしたでしょうか。

保活コンサルという言葉や内容をはじめて知った方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、保活コンサルの概要からメリットまでご紹介しました。

今、保活に疲れている方や不安を感じている方は、サービスを利用することで負担や不安が軽減されるかもしれません。

問題を解決するひとつの手段として、転職の際にはポイントにしてみてくださいね。