もあキャリ

「今」を不安にしないための、20代後半から考える女の人生設計

こんにちは。モアキャリー編集長 藤本です。

20代後半から30代にかけて、女性のライフステージは大きく変わります。

「アラサー」に属するくらいの年代から、友人や同僚の結婚、出産ラッシュがはじまり、心のどこかでは焦りを感じてしまうこともありますよね。

とはいえ、仕事も楽しくなってきたし、まだまだ自由でいたい。

いろいろな思い・心情変化がかけめぐる20代後半から30代。自分のライフキャリアをどう設計していきますか?

すべて計画通りにはいくわけではなくとも、人生は一度きり。

いつ・どこで・どんなライフイベントをむかえるか、どんな「生き方」をしていくか、ぜひ考えてみましょう!

「今」を不安にしないために。女の人生設計、その骨子は?

女性が人生設計を考えるときに、ポイントとなるのがライフイベント。

結婚、出産、育児、そして親の介護は、生活変化が起こりやすいポイントです。

また住宅購入や引っ越し、こどもの養育費など、上記のポイントにあわせて、マネープランも考えていく必要もありますね。

「あれもこれも考えなくちゃいけなくて、大変…!」「今はいいや」と思われるかもしれませんが、ふんわりしていてもいいので目標を立ててみると、直近の10数年を逆算して考えることができます。

20代後半になると、未知の未来に対して、不安と焦りを感じてしまいがち。

人生設計はマストではありませんが、自分が思い描く理想の人生プランを考えるだけでも、現在地とのギャップが明確になり、「今」を頑張るポイントが見つかるかもしれません。

人生設計のポイントは?

女性が考える人生設計でポイントになるのは、簡単にまとめると下記の4つです。

  1. 結婚はするのか、しないのか。結婚するとしたらいつするのか。
  2. こどもはどうするか。いつ出産するのか。
  3. 仕事は結婚後はどうするのか
  4. 同じ仕事を続けていくのか

もし、仕事を続けていく場合、今の自分が実現できる働き方と、理想の働き方にギャップはないか、リサーチしてみることも大切です。

「夫婦共働き」はスタンダードになりつつありますが、実際には「社内にロールモデルがいない」「早退や休暇など、職場の理解が得ずらい」などの問題も耳にします。

女性の就業率アップにあわせて、社会や企業の制度も変わってきています。

「自分の働き方は自分でつくる」くらいの気持ちで、同士をつのりながら両立しやすい環境をつくっていきたいですね。

今を生きる女性は、何歳くらいで出産しているの?

人生設計のポイントのひとつにもある「出産」。

最近では働く女性も増え、第1子出産の平均年齢もゆるやかに上昇傾向。平成28年度の調査結果だと30.7歳でした。

参照元:平成28年人口動態統計月報年計(概数)の概況|厚生労働省

ひと昔前とくらべても働く女性の割合は増え、比例して女性の初婚の年齢もあがっています。また、女性の働く環境は整ってきたものの、働く女性が子育てするための環境が完璧に整っているとはいえません。

保育園・幼稚園・学童保育などの施設量も深刻な問題で、仕事との両立を考えても、出産へのハードルを高く感じている方も多いのではないでしょうか。

人生設計の指標として、こうした平均年齢を知っておくことも勉強になりそうです。

33歳を過ぎると妊娠率が低下する?!

よく年齢があがるにつれて妊娠しにくいと言われますが、実際はどのくらいの年齢からなのでしょうか。

30代では卵子の質が低下していくため、妊娠しにくくなる人もいます。実際に卵子の質が低下していくのは33歳くらからだと言われており、そのため体外受精の成功率は33歳までが20代と同じ割合になるようです。

33歳以降はだんだんと成功率は下がっていき、33歳までなら20代と同じ30%の成功率で、40歳では10%にまで下がります。

こどもを産みたいなら真剣に「結婚・出産」を考えよう

人生設計を考えるとき、まずは「結婚するのか」「出産するのか」から考えたい理由は、上記のように出産にはある程度の限界値があるからです。

最近では、技術の進歩も目覚ましく、40代・50代で出産する女性もいらっしゃいます。ですが、年齢を重ねるごとにこどもを授かりにくくなることは事実です。

こどもを産みたいという気持ちが1%でもあるのであれば、人生設計を早めにはじめたいですね。

「もう遅い」なんてことはない!人生100年時代の30代

女性同士で話す内容は、「仕事や職場」や「恋愛」の話から、「結婚や出産」「育児」「介護」と、生活する環境が変わるのにあわせて、こんなにも変化するものなのかとびっくりするくらい変わっていきます。

仕事もライフイベントも、20代後半から人それぞれに変化があります。

特に30代まで仕事を頑張っている女性は、年齢を重ねるごとに周りとの差を気にしてしまうこともあるかもしれません。

ライフイベントについて、ご両親からのプレッシャーもあるかもしれませんし、「挑戦したい!」と思うことも、「もう年齢も年齢だから…」「きっかけを失ってしまったかも」と足踏みしてしまうことも増えてくるかもしれません。

ですが、今は人生100年時代とも言われ、85歳前後の平均寿命もどんどん伸びていくでしょう。

人生100年と考えれば、現代の30歳は昔でいえば24歳です。まだまだ挑戦できる歳です。

これを機に、長い目で人生設計をしてみてもいいかもしれませんね。