女性の転職

転職初日の挨拶|第一印象を決める理想的な挨拶と3つの心得とは

転職初日の挨拶|第一印象を決める理想的な挨拶と3つの心得とは

転職活動が無事に終わり、転職先の会社での初出勤。

転職がはじめての人も、すでに経験のある人も、初出勤の日は緊張しますよね。

はじめての職場、人間関係において、最初の気持ちの良い挨拶はとても大切。

今回は、転職初日に良い印象を与える挨拶例や心得などをまとめました。

緊張の転職初日!どんな挨拶が理想的?

転職初日の挨拶

これから一緒に働いていくうえで、自分を知ってもらう最初の大切な場です。

相手に良い印象を与えるには、どのような挨拶が効果的なのでしょうか。

緊張が重なり、「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまわないよう、挨拶も抜かりなく準備しておきましょう!

自己紹介で伝えることは事前に整理しておこう

自己紹介で大切なことは、「好印象」「相手に自分を覚えてもらうこと」です。

そのためには、相手に伝わりやすい自己紹介や、印象にのこる自己紹介をする必要があります。

多くの情報を伝えればよいというわけではなく、わかりやすく簡潔に伝えることが大切です。

  • 挨拶
  • これまでの経歴
  • 意気込み

などを簡単に整理しておくことをおすすめします。

経歴については、あまり長く話しすぎると「自慢」だと捉えられてしまうことも。

これまで携わってきた業界や職種を簡単にまとめる程度にしておきましょう。

最初の挨拶は自分をアピールする場!挨拶例3選

具体的にどのような挨拶をすれば良いのでしょうか。

転職初日の挨拶について、挨拶例3選をご紹介します。

1|すでに経験のある業界内での転職の場合

本日からお世話になります、○○○です。

前職では、同じ建築業界で営業として3年ほど従事しておりました。

これまで培ったお客様視点の営業経験やスキルを活かし、微力ながら、これから会社の成長に貢献していければと思います。

不慣れな点も多く、皆さまにはご迷惑をおかけするかと思いますが、一日でも早く貢献できるよう努力してまいります。

よろしくお願い致します。

2|経験のない業界での転職の場合

本日からお世話になります、○○○です。

前職では、アパレル業界で企画職として3年ほど従事しておりました。

転職を決意したのは、よりお客様の声が届く現場で働きたかったからです。

これまで培ったスキルや業務経験を活かし、前向きに、これから会社の成長に貢献していければと思います。

不慣れな点も多く、皆さまにはご迷惑をおかけするかと思いますが、一日でも早く貢献できるよう努力してまいります。

よろしくお願い致します。

3|メールで挨拶をする場合

はじめまして。

本日より営業部に入社致しました○○○と申します。

本来であれば直接ご挨拶に伺うところ、メールにてのご挨拶になり失礼いたします。

前職では人材業界で、3年間営業の仕事に従事しておりました。

その経験を活かし、さらにステップアップできるの弊社の事業やビジョンに共感し、入社を決意いたしました。

一日も早く仕事に慣れ、貢献できるように頑張ってまいります。

後日改めて、直接ご挨拶できればと存じます。

これから何卒よろしくお願い致します。

転職初日の心得をご紹介

なにかと緊張する場面や、不安なことも多い転職初日。

特に出社時間や服装など、すでに働いている社員の様子がわからないと不安ですよね。

転職先にいち早く馴染むために、挨拶の他にも大切な準備や心得をまとめました。

1日でも早く即戦力に!事前準備を忘れずに

転職先では、1日でも早く即戦力として活躍することが求められています。

転職初日は、挨拶やパソコンの設定業務、業務ツールのアカウント作成などで終わってしまうこともありますが、初日から業務に取りかかる気持ちで挑むことが大切です。

出社初日までに就業規則に目を通すことや、転職先で成し遂げたいことを考えたり、職場のルールを覚えたりなど、事前準備を忘れないようにしましょう。

出社時間はどうする?事前に確認しておこう

転職先の初出勤で特に不安なのが出社時間。

指定の就業時間通りの出社で100%安心とは言い切れません。

「出社時間の1時間前にはほぼ出社が完了している」企業もあれば、「始業時間にならなければセキュリティーが解除されない」など企業独自の慣習があることも…。

転職初日の出勤で不安な思いをしないよう、出勤時間については採用部や人事部などに確認しておくことをおすすめします。

第一印象は見た目が約6割!身だしなみには要注意

自分自身のまず最初の印象が決まる転職初日。

人の第一印象は見た目が約6割だとされており、身だしなみには最も気をつかう必要があります。

大切なのは「清潔感」をあたえる身だしなみ。

スーツやシャツにシワがないかはもちろんのこと、靴やバッグなどの小物に汚れがないか、サイズは自分に合っているかなど、細かいところまで気を抜かないようにしましょう。

制服ではなく私服勤務の場合は特に、職場で場違いな印象にならないよう注意が必要です。

初日はビジネスシーンに合う無難な服装を選び、周りの社員を見ながら調整していくことをおすすめします。

最後に

いかがでしたでしょうか。

転職初日の挨拶や、必要な心得についてご紹介してきました。

転職先の初出勤は、不安や緊張でいっぱいになることもあると思います。

しかし、1番大切なのは「笑顔」を忘れないこと。

不安を抱えすぎず、適度にリラックスして転職初日を乗り切りましょう!