女性の転職

転職に最適な時期って?|中途採用ニーズが高まる時期や年代別おすすめの時期をご紹介

いざ転職を決意した時に、気になるのが転職に適した時期やトレンド。

転職活動をはじめる前に、自分にとってベストな転職タイミングはいつなのか、求人が多く出る時期やトレンドについても知っておきたいですよね。

タイミングが合わず、転職が思い通りにいかない事態を避けるためにも、押さえておきたい転職の時期についてまとめてみました。

転職したい!女性にとってベストな時期やタイミングはある?

そもそも、転職にベストな時期やタイミングはあるのでしょうか。

特に女性であれば、ライフイベントに合わせて転職を検討することもあり、転職に適したタイミングがあれば事前に知っておきたいところ。

実は、転職市場には、求人が多く出る時期や、企業の採用ニーズが高まる時期が存在します。

転職市場に求人が多く出る時期

3〜4月、9〜10月は、比較的転職市場に多くの求人が出る時期だといわれています。

この2つの期間は、多くの企業で年度が切り替わるタイミングで、人事異動や退職などで人の入れ替わりが頻発する時期でもあります。

そのため、中途採用のニーズが高まる企業も多く、結果的に転職市場に求人が増えるのです。

この時期の転職活動は、さまざまな業界や職種の求人を幅広く見ることができ、希望とする業種やポジションに出会える可能性も高いようです。

企業の採用ニーズが高まる時期は特に狙い目

一方、転職活動を早く進めたい場合は、企業の採用ニーズが高い5月〜8月ごろが狙い目。

求人数は多くありませんが、この時期は即戦力となる人材を求めている企業が多い傾向があります。

「早期離職による欠員を埋めたい」

「経営陣が考える新しい施策には、想定以上に人員が必要だった」

など、新年度をむかえたあと、急に人が必要になる企業は少なくありません。

この時期、企業はとにかく「すぐに採用したい」というニーズがあるため、転職活動が早く進む可能性が高いのです。

自分にとってベストな転職時期を知りたい!年代別に解説

転職時期は、転職市場の状況だけではなく、自分自身の勤続年数や年代から考えるのも1つのポイント。

勤続年数や年代によって、転職活動時に企業に与える印象は大きく変わることも。

自分にとってベストな転職時期を知っておけば、転職を有利にスタートすることができますよね。

ここでは、第二新卒、20代後半、30代以上の年代別にわけて、それぞれの転職市場についてご紹介していきます。

第二新卒の転職市場

まずは、第二新卒の転職市場について。

一般的に、第二新卒とは「大学卒業後1年目~3年目の転職者」のことを指します。

社会人経験が浅く、年齢も若いため、通常の中途採用に比べても専門性やスキルよりポテンシャルやビジネスマインドが重視され、未経験の業種や職種にチャレンジしやすい転職タイミングでもあります。

ただ、入社後半年での転職など、勤続年数が短い場合、「何事も長続きしない人なのではないか」とマイナスなイメージを持たれてしまう可能性も。

第二新卒の場合はポテンシャル採用の要素が大きいため、転職理由はもちろん、前職での経験で学んだことや志望企業の事業研究など、しっかりと事前対策をすることが大切です。

20代後半の転職市場

つぎに、20代後半の転職市場についてです。

20代後半になると、社会人としての経験値もある程度あがり、「そろそろ転職しようかな」「新しい仕事に挑戦しようかな」と考える人も多い傾向にあります。

また、基本的なビジネスマナーや社会性も身についていることから、20代後半は「転職適齢期」とも呼ばれます。

そのため、転職市場での同年代のライバルは多く、前職での実績や即戦力をより重視される傾向にあります。

20代後半での転職は、仕事上の武器となるようなスキルをアピールできること、自身の強み・弱みをしっかり理解していること、先のキャリアビジョンが描けていることなど、自己理解やキャリアオーナーシップが評価されるため、自己分析などの事前準備が大切です。

30代以上の転職市場

最後に、30代以上の転職市場についてです。

30歳を過ぎると、転職市場では能力やスキル、仕事上の専門的な経験が求められます。

20代とは違い、専門分野に関する知識やマネジメント経験、新規プロジェクトの立ち上げ経験など、転職後即戦力となり得るような能力が必要になってくるのです。

未経験の業界や職種へ挑戦する場合、これまでの仕事の経験や面接での言動を通して「この人であれば事業を成長させてくれるだろう」という信用を勝ち得ることができなければ、転職が難しい可能性もあります。

30代以上の転職は、自身のこれまでの仕事上の経験やキャリアの歩みをしっかりと棚卸しし、自己理解はもちろん、自分の組織内での活かし方を提案できるくらいまで、企業やビジネスの大局を捉える視点が必要でしょう。

ライフキャリアから転職の時期を考えるのも1つの方法

転職市場の動向に合わせて転職の時期を決めることも良い方法ですが、自身のライフキャリアから転職の時期を考える方法もあります。

特に女性の場合は、結婚や育児などのライフイベントによって転職することも珍しくありません。

ここからは、女性のライフスタイルに合わせた転職のタイミングについてまとめてみます。

女性のライフキャリアで転職に適した時期とは

性別に限らず、企業が求めているのは「長く働いてくれる良質な人材」です。

女性がよく利用する福利厚生制度として産休や育休がありますが、転職後すぐに結婚や出産の予定があると多少なりとも「退職のリスクがある」と捉えられてしまうことも。

ライフイベント前後の転職は、しっかりとその先のライフキャリアビジョンを描きながら活動することが大切です。

出産を希望する1年前、もしくは子育てが落ち着いたころであれば、生活状況的にも無理なく転生活動を進めることができ、転職を検討する人も多くいます。

ライフとワークは切っても切り離せないもの。

ライフイベント前後での転職は、結婚や出産はもちろん、その先、どんな働き方をしていきたいか、仕事を通してどんな自己実現をしていきたいかなど、ライフとワークの両軸からキャリアビジョンを描くことが大切です。

  • 育児と両立したいから、リモートワークなどを利用して柔軟に仕事ができる環境にしたい
  • 責任ある仕事を続けたいので、短時間であっても勤務したい

など、具体的な働き方まで考えておくと、転職活動時の条件も明確になります。

経験やスキルを身につけてから転職できれば自信になる

転職後の会社でも働きやすい環境をつくるためには、経験やスキルを身につけてからの転職がおすすめです。

前職での知見が活かせたり、組織が課題に思うことが自分の特に分野だったりする場合、転職活動にも自信を持って取り組むことができますよね。

社内での受賞や営業での成果などの実績、取得した資格などがあればベストですが、そうでなくても自分の言葉で語れる経験やスキルを身につけておくことが大切です。

編集部から|転職を考えているなら…自分に適した転職時期を考えてみよう!

いかがでしたでしょうか。

全体の転職市場や年代からみた転職の時期についてご紹介してきました。

転職を考えているなら、自分のライフキャリアを今一度見つめ直し、自分に適した転職時期を具体的に考えてみましょう!