もあキャリ

たまには心に休息を!頑張り屋さんのための年代別疲れない心のつくり方

働く女性が陥りやすい心の悩みは、世代によって異なるものです。

でも、「人生初100年時代」と言われる中で、この先長く働くことになるのであれば、気持ちよく働き続けたいものですよね。

心の悩みは人それぞれ、そしてライフステージによってさまざまです。

悩みをすべてきれいに解決できないまでも、その悩みや不安、そして不満感で押しつぶされないような心のケアを知っておきたいものです。

今回は、『疲れない心のつくり方』にフォーカスし、20代・30代それぞれでご紹介いたします。

20代と30代で心の悩みは変わる

例えば、20代は「描いていた理想と現実とのギャッ」に悩みがち。

こんなはずじゃなかった…
希望の仕事をさせてもらえない…
環境に馴染めない…

このような不満から、仕事に対してのモチベーションが上がらないケースが多いようです。

それまで、自分の好きなように生きてきたり、順調な人生を歩んできた人ほど、こういった感情を抱くと言われています。

また、結婚・出産・育児・キャリアなど、生き方に違いが出てくる30代は、他人と自分とを比較して不満を抱えがちなタイミングです。

年齢とともに形を変えていく、働く女性のストレスや心のモヤモヤ。

こうした日々生まれる悩みや不満は、どのように折り合いをつけていけばいいのでしょうか。

慣れない仕事に戸惑い、理想と現実とのギャップに悩む20代

望む仕事をさせてもらえない」「上司や先輩との”縦の関係”に馴染めない」など思い描いていた理想とのギャップに「こんなはずじゃなかった…」と、モチベーションがあがらずモヤモヤする日々。

そんな状態のまま仕事の忙しさに追われ、人間関係に悩み始めると、さらに焦りが募ってしまいます。

こんなことで心が疲れていませんか?

  • 不特定多数の人とのコミュニケーションが負担
  • 「こんなことをやるために入社したんじゃない」と思う
  • ワークライフバランスが取れないことがストレス

もし、上記の項目が1つでも当てはまる方は、次の方法で心のトレーニングをしていきましょう。

20代心ケア①|5年後ではなく、半年以内の目標を立てる

将来のことで悩んでいると、よく「5年後、10年後から逆算して目標を立てる」という考え方のアドバイスをもらうことがあります。

しかし、女性の場合、将来を考えようにもライフイベントによる変数が大きく、先の目標を描いても実現しづらいものです。

「自分が担当するエリアのお客様情報を全てインプットする」
「PCスキルを上げる」

など、短いスパンで実現できそうな目標を立てて、小さな目標でも達成することで自己効力感を感じられるようにしましょう。

こうした小さな成功体験から、自信がつき、強い心をつくることができます。

心ケアにつながる言葉

今月はこの専門書の内容をマスターしよう!

20代心ケア②|上司や先輩に対して「聞き上手」になってみる

職場の人間関係でうまくいかないと感じる理由のひとつに、上司・先輩との関係があります。

組織で仕事に取り組む中で、責任を持ってくれている上司や先輩が信頼できないと、目の前の仕事に全力で打ち込むができなかったり、不満がつのり、そんな上司や先輩からの言葉や態度を理不尽に感じてしまったりするようなことも。

しかし、上司や先輩との縦の関係がうまくいくと仕事での情報も得やすくなり、仕事に対する意欲も高まりやすいものです。

上司だって先輩だって人間です。自分から理解しにいくことを心がけてみましょう。

例えば「先輩はどう思いますか?」と相手の考え方や過去の経験を聞いてみると、相手を理解できるようになるだけでなく、自分自身の視野を広げることにもなるでしょう。

こうした働きかけ含め、多くの経験を積むことができれば、せっかく選んだ今の職場での時間を無駄にしないことにもつながります。

心ケアにつながる言葉

先輩が20代のときはどうでしたか?

20代心ケア③|信頼できる友人に思いを吐き出す

モヤモヤを感じた時、自分の中だけに閉じ込めてしまうと、そのモヤモヤは日に日に大きくなり、他のことに手がつかなくなって中途半端になってしまうことも。

こうした中途半端にやりきれない気持ちは、また新たなモヤモヤ感を生み出してしまいます。

不安・不満は、少しでも誰かに伝えると、感情が整理されて心の浄化につながります。

社内で不満を言うことはなかなか難しいかもしれませんが、そんな時は気の知れた友人などに思い切って伝えてみましょう。

もしかしたら気の知れた友人にも弱い自分を見せることを躊躇する人もいるかもしれませんが、不安や不満を吐き出せる場所をつくることは、自分心を守るために大切なことです。

心ケアにつながる言葉

私、仕事で悔しいことがあってね…

同世代の生き方が多様化し、人と自分を比べてイライラする30代

ライフイベントを迎える人が増える30代は、それぞれの生き方の違いが明確になるタイミング。

未婚者は、結婚や出産のリミット感にせき立てられ、育児中のワーキングマザーは思うようにキャリアを積めずに気持ちが焦りがちです。

どの立場の人も、どこか”不完全感”を抱え、他人と自分を比べがちになっています。

こんなことで心が疲れていませんか?

  • 未婚者は結婚・出産リミットに焦り、既婚者にイライラ
  • 育休から復帰後、職場で自分が置いていかれている気分になる
  • 人の価値観に流されて本音を押し殺し、心が不安定に
もし、上記の項目が1つでも当てはまる方は、次の方法で心を強くしていきましょう。

30代心ケア①|1日に1回はひとり時間を持つ

自分の心に潜むモヤモヤした感情と向き合うことも、時には大切なことです。

もしかしたら、不快感の原因になんとなく気づいてはいるけど、無意識のうちにそれに向き合うことから逃げてしまっているかもしれません。

こうした時には、ひとり時間を持つこと。

ひっきりなしに他人の近況情報が表示されるスマホを置いて、ゆっくり自分と対話をしてみましょう。

時間のない人は入浴中や通勤時間を思考タイムにあててみることもおすすめです。

心ケアにつながる言葉

ちょっと1時間くらい、散歩してくるね

30代心ケア②|本当はどうしたいのか自問自答してみる

どうしても周りと比較してしてしまいがちな背景には、30代ならではのライフステージの多様化があります。

自分で望むにしろ、そうでないにしろ、20代まではある程度横一線で歩んできた同世代の友達も、結婚や出産、育児、介護など、そのライフステージに違いが現れはじめます。

ひと世代前に比べ、SNSなどを通じて自己発信が容易になった現代、意図せずとも身近な人たちの近況情報が目にとまってしまいがち。

その分、自分自身の深層心理に目を向ける時間をつくることが大切です。

自分の心が本当に求めているものを知ることで、他人の目や世間の評価などの雑音に振り回されなくなります。

今、自分が何に対して心地よさを感じ、何をしたいのか、自問自答を繰り返してみましょう。

心ケアにつながる言葉

私、本当に今、結婚したいのかなぁ…

30代心ケア③|怒りや悲しみの感情を押し殺さずに感じる

なかなか思った通りにいかない任された仕事に、「私、こんなもんじゃないはず…」と思ったり。

深夜まで働いたり、育児との両立でくたくたな平日の反動で、家事も追いつかずダラダラしてしまう休日に「本当に私ってダメだよな…」と感じてしまったり。

こうしたマイナスの感情を抱いてしまうときもあるはずです。

その感情を無理して抑え込むと、心のなかでくすぶり続けて不眠や自律神経を乱す原因になってしまいます。

怒りや嫉妬、悲しみなども、実は自分自身の器の成長のためには必要な感情です。

その気持ちを否定せずに受け止めてみることも必要なステップです。

こんな口癖で心は変わる

やっぱり、私、あの時の言葉は悲しかったよ

【参考】日経WOMAN 仕事が速い女性がやっている時間のルール

最後に

 
いかがでしたでしょうか。
 
ずっと働き続けるための疲れない心のつくり方を世代別の悩みに沿ってご紹介してきました。
 
「今まさに悩んでいた」「自覚はなかったけど、言われると確かにそうだ」など思い当たる方もいらっしゃったのではないでしょうか。
 
「私だけ…」と思い、悩み続けるよりも、世代ごとに訪れる心の悩みを理解し、上手に付き合い、正しく対処して、ぜひ前向きに進んでいきましょう。