働く女性にとって、仕事をかっこよくこなしながらも充実した恋愛をすることは理想的。

しかし、現実をみてみると、恋愛によって仕事のモチベーションが左右されてしまったり、仕事に集中できない要因になってしまうことも。

そこで今回は、仕事をしっかりとこなしながらも恋愛を楽しめる女性になるための秘訣をご紹介します。

恋愛をすると仕事がはかどる?はかどらない?

女性は、恋愛をすると雰囲気が変わるとよく言われています。

見た目を気にするようになったり、性格がポジティブになったりと、恋愛が女性に与える影響はさまざま。

見た目や性格だけでなく、仕事に影響する場合もありますよね。

ここでは、恋愛と仕事の関係性についての女性の意見をまとめてみました。

恋愛をすると仕事がはかどる女性は半数以上!

マイナビウーマンが働く女性へ実施した調査によると、恋愛をすると仕事がはかどると回答した人は、半数以上の57%という結果でした。

理由を見てみると、

「仕事を効率的に終わらせようという認識になる」

「気持ちが安定する」

という回答が多く、恋愛をプラスにとらえ、仕事のモチベーションを高めている女性が多いことがわかります。

また、恋愛をすることで、ポジティブに考えられるようになったという意見も。

前向きな恋愛が自信につながり、仕事にも良い影響を与えることが多いようです。

仕事がはかどらないという意見も

一方、恋愛がかえって仕事に悪影響を与えている事例も。

「余計な悩みごとに時間を取られる」

「精神的な浮き沈みがある」

など、恋愛面でのマイナスな感情が日々の仕事や業務に影響を及ぼすという回答も多く見られました。

恋愛と仕事が両立できない人の特徴とは?5つの特徴をご紹介!

恋人と良好な関係を築きつつ、仕事でも成果をだせると理想的ですよね。

ただ、現実はそううまくはいきません。

恋愛と仕事がうまく両立できない人には、5つの特徴があると言われています。

1|オンとオフの切り替えができない

「目の前の仕事に集中したいのに恋人のことを考えてしまう」

「昨日のケンカを思い出して苛立ちがおさまらない」

そんな経験はありませんか?

キャリアを考える上で、ライフとワークは切っても切り離せないものです。

しかし、恋愛も仕事もうまくこなしていくためには、ある程度、気持ちの部分でのオンオフの切り替えは必要です。

こうした気持ちの切り替えが苦手な人は、気持ち面で恋愛と仕事を混同してしまいがちです。

2|周囲と比較してしまうクセがある

「友達の彼氏のほうが学歴がいい」

「あの子の彼氏のほうがいい企業に勤めている」

など、周囲と比較してしまうクセはありませんか?

誰かと比べていても、なにも変化は起こりません。

むしろ、どんどんネガティブな方向へ考えてしまい、結果的に良い結果にならないこともあります。

3|完璧主義すぎる

完璧主義は、責任感が強く長所になる一方、時に短所となってしまう場面も。

完璧主義すぎると、必要以上に細かいところを気にしていまい、ストレスを感じやすい傾向があります。

例えば仕事で小さなミスを気にしてしまったり、恋愛では些細なケンカを引きずってしまったりと、精神的に自分を追い込んでしまいがち。

結果的に仕事・恋愛の相互に影響を及ぼしてしまうのです。

4|ものすごく寂しがり屋

「仕事中でもお構いなしに連絡をしてしまう」

「いつでも恋人にかまっていてほしい」

こうした気持ちが強く抑えきれない場合、恋愛や恋人に依存してしまっている可能性も。

恋愛主体になりやすく、仕事のモチベーションも左右されてしまいがち。

仕事中も感じてしまう寂しさを抑えることができないと、仕事に集中し成果を出していくことは難しくなってしまいます。

5|仕事のフラストレーションを恋人に八つ当たりしてしまう

仕事で起きてしまったトラブルや、フラストレーションを恋人に八つ当たりしてしまう人は、要注意です。

業務や職場の人間関係における苛立ち、やり場のない怒りや失望感を、恋愛などの日常生活で解消することはできません。

抱えるフラストレーションの根本的な解消につながるわけではないからです。

恋愛にも良くない影響を及ぼしますよね。

仕事も恋愛もうまくこなすにはどうすればいい?知っておきたい5つの秘訣

恋愛と仕事の両立が苦手な人の5つの特徴についてご紹介してきました。

ひとつでも当てはまってしまった方は、より満足度の高い毎日にするためにも改善していきたいですよね。

ここでは、恋愛も仕事もうまくこなす女性が心がける5つの秘訣をご紹介します。

恋愛と仕事におけるバランスは人それぞれ。

自分が一番安心できるバランスを見つけてみましょう。

1|時間管理を徹底する

仕事を頑張ったあとは、恋人とゆっくりと過ごしたいと思う人も多いはず。

そのためには、今抱えている仕事を素早くこなすことが大切。

やらなければいけない仕事は業務時間中にしっかり終わらせ、プライベートの時間は思いっきり楽しむ、こうしたメリハリを心がけましょう。

ひとつひとつの業務に制限時間を設けタスク化するなど、仕事の進め方を見直してみましょう。

いつでも余裕をもって仕事をこなせるようになれば、必要以上に残業をすることなく、恋人と過ごす時間も、自分だけの時間もつくれます。

2|優先順位をはっきりと決める

今何を優先すべきかを判断できることは、仕事を進めていくうえでも必要なスキルです。

社会人として仕事を任させるということは、職場に置いて責任の一旦を担う「立場」があるということ。

「恋人の立場・役割」も大切ですが、業務時間においては「責任の一旦を担う社会人としての立場・役割」を優先して考えることが大切。

物ごとの優先順位をしっかり把握し、恋愛と仕事が混同しないようケジメをつけましょう。

3|趣味を見つける

日々の時間の使い方を、恋愛か仕事かの2択にしてしまうと、何か精神的に辛いことがあった時の逃げ場が限定されてしまいます。

時には自分だけの時間や、恋愛や仕事以外に没頭できる時間を作ることも、両方をうまくこなすために大切なポイント。

おすすめは、1人で楽しめる趣味を見つけることです。

映画鑑賞やショッピング、ドライブなど1人で楽しめる趣味はたくさんあります。

趣味を見つけて1人になれる時間をつくることができれば、恋愛と仕事を両立することもできてくるはずです。

4|2人のルールをつくる

恋愛と仕事を両立するためには、2人のルールをつくることも大切。

例えば、連絡頻度や、デートの頻度、お互いの休みについてなど事前に話し合っておくことで悩みの種を減らすこともできます。

集中して仕事に取り組めるような環境を自分自身で提案してつくることも、自分らしい恋愛と仕事のバランスを保つためのポイントです。

5|恋愛に夢中になりすぎない

女性は、恋愛にのめり込んでしまう人も多くいます。

今までの自分の恋愛を振り返ってみて、気持ちのアップダウンが激しいと思う人は、「恋愛に夢中になりすぎない」と決めることも大切です。

仕事でつらいことがあったり、成果が出せないことが続いたりすると、どうしても仕事以外に逃げてしまいたくなることもあります。

しかし、そこは強い意思を持って、恋愛に偏りすぎないように心がけましょう。

過度に夢中になりすぎず、少し手放しながら自分自身を大事にしてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

恋愛と仕事が両立できない人の特徴や、対処法についてご紹介してきました。

働く女性にとって、恋愛も仕事も両立している女性はキラキラ、イキイキして見えますよね。

今、両立できていなくても、すぐにできる対処法はたくさんあります。

恋愛と仕事に対してうまくいかないと悩んだ時には、参考にしてみてください。