きらキャリ

産休・育休中に資格取得をするママが増えている?!復職後に武器になる資格6選

産休・育休中の時間を利用してスキルアップや資格取得を志すママが増えてきています。

職場復帰を前提に、産休・育休を取得する場合、復帰後を不安に思うこともあるかもしれません。そんな時におすすめなのが、仕事の武器になるスキルアップのために時間を使ってみること。

今回は、「産休・育休中に資格を取得してみたい」「復帰の準備をしておきたい」「将来はこどもの近くで仕事がしたい」というママさんのために、産休・育休の時間を活用して取得できる資格をご紹介します。

どのくらいのママさんが産休・育休で資格取得をしているの?

実際に資格取得などの取り組みに励んだママさんはどのくらいいるのでしょうか。

株式会社GABAの調査によると、産休・育休中のスキルアップや資格の勉強・取得などに取り組んだママさんは32.8%という結果でした。

世代別に割合をみると、20代が45.9%、30代では34.2%、40代では25.8%と、若い世代ほど取り組んでいる、という結果となりました。

産休・育休中にスキルアップや資格の勉強・取得などに取り組んだママさんは、実は3人に1人。無理をしない程度にスキルアップや資格取得のための勉強をすることを選択する女性は増えてきています。

また、仕事を中断している時間でも、資格取得などの目標を持って勉強に励むことで自信につながったという声もあります。

産休・育休中にどうやって時間をつくる?体験談もご紹介

はじめての出産・育児では、産休・育休中がどんな日々になるのかイメージしづらいですよね。スキルアップや資格取得のために勉強したいと思っても、はたして時間を取れるものなのか、不安になるのも事実。

実際に、産休・育休中に資格取得をした方は、どのように勉強を進めたのでしょうか。

時間がとれるタイミングは?

例えば、産休に入ってからこどもを出産するまで、少し時間に余裕があります。それまで仕事中心の生活をしていた方であれば、もしかしたら時間を持て余してしまうかもしれません。

一方、出産後は毎日こどもにつきっ切りになってしまう忙しい日々が待っています。

もしスキルアップや資格取得のために勉強する時間をつくるなら、時間がとれるタイミングは以下の2つのタイプに分かれます。

  1. 産休に入ってからこどもが産まれるまで
    産休は人によって期間が異なりますが、およそ出産の1・2ヶ月前から取得することが一般的です。したがって、1ヶ月前に取得した場合、4時間/日×30日/月=120時間も自分の勉強のために時間をあてることができます。
  2. 育児が落ち着く、半年~1歳まで
    こどもが生まれて半年もたつと、まとまった時間で寝てくれるようになり、少しずつ隙間時間が生まれます。こどもが寝ているあいだ2時間を勉強にあてることができるとした場合、2時間/日×180日/6ヶ月=360時間を自分の勉強に時間をあてることができます。

体験記|産休・育休期間を利用して、資格を取得!

実際に産休・育休の期間を活用して、資格取得をした方の体験談を集めてみました!

宅建を取得!

娘が生後半年になった4月から10月まで勉強を続けました。
娘はとにかく寝る子だったので午前9時~11時半くらいまで、それと夜は19時~21時くらいまでを勉強にあてることができました。

朝の家事は9時までにすませ、昼食を食べてから買物に出かけ、帰ってきたら近所の小学生が遊んでくれ、夕飯作り、お風呂、寝かしつけ、のワンパターンな生活だったと思います。勉強を始めてから生活にハリが出て良かったです!

 

育休中に簿記2級とTOEICで900とりました。

理系職なので、復帰後に役に立ったかというと簿記は微妙ですが、TOEICはそれなりに役に立っています。

私の会社ではTOEIC800点以上は全社員の3%未満らしく、かなり自慢できますし(笑)、英語の研修を無料で受ける事が出来ています。
時短勤務中なので海外出張は今は出来ませんが、少し子供が大きくなったら海外研修や出張の申請をしてみようかなと思っています。

今はオンライン英会話を週に4回、早朝に受けてますが、結構楽しいですよ。

 

フィナンシャルプランナーを取得!

私自身、産休育休で社内でのキャリアを中断する不安から、会社にアピールできるような資格を取ろう!と思いまして、FP技能士3級とFP技能士2級、簿記3級、2級を取りました。すべて独学(テキストと問題集のみ)で合格できましたよ~。
子どもが6ヶ月のとき復職し時短で働いていますが、現在は社労士を通勤電車内で勉強中。
勉強ぐせがついたおかげで、楽しんで勉強できる体質になりました!(笑)

出展:YOMIURI ONLINE 

産休・育休期間で取得するのにおすすめな資格6選

オフィスワークにマストな資格【MOS】

MOS(マイクロ オフィス スペシャリスト)とは、ExcelやWordなどオフィシャル製品の利用スキルを証明することができる資格で、WordとExcelには、スペシャリスト(一般)とエキスパート(上級)の2レベルが用意されています。

パソコン上で操作する実技のため、自宅で試験勉強ができます。マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)には、MOS 試験範囲の内容を網羅している教材として各種対策教材が用意されているため、試験に向けて効率的に勉強することが可能です。
受験費用は、Excel2016の場合10,584円。

ライフキャリアに活かせるポイント
実際に、復職するタイミングで「MOSを持っています!」とアピールするだけで幅広い業務を担当できますし、業種問わず使用できるため網羅性があります。

MOS(マイクロ オフィス スペシャリスト)
http://mos.odyssey-com.co.jp/index.html

ママに人気の【医療事務認定実務者(R)】

こどもが産まれると一番通うことになるのが病院。主に病院の受付や会計、レセプト(診療報酬明細書)作成業務を担当します。接遇・マナーなど、受付業務に必要な知識を重点的に学習します。初めて医療事務に従事する方向けの資格です。

合格率も6割程度と高く、自宅でも勉強が可能で、受験費用は5,000円です。

ライフキャリアに活かせるポイント
職場となる医療機関は全国各地にあり、求人として安定したニーズがあります。家族の転勤や出産・育児後も社会復帰しやすいのがメリットになります。

お金に関する実用的な知識が身につく【ファイナンシャルプランナー3級】

家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、相談者の夢や目標が実現するようにサポートする専門家が、ファイナンシャル・プランナーです。

自宅で勉強ができ、3級の場合は約1ヶ月で取得が可能なレベルで、受験費用は6,000円です。

ライフキャリアに活かせるポイント
取得後は、銀行や保険といった金融機関、不動産など一般企業内で仕事の幅を広げたり、活用できる業界はさまざまです。自身の家計にも活かせるため一石二鳥ですね。

日本FP協会
https://www.jafp.or.jp

お金の基礎知識がついて、求人への受験資格としての武器にもなる【簿記3級】

簿記とは、企業の取引のすべてを記録して、貸借対照表や損益計算表を作成する知識です。初級は、ビジネスパーソンが業種・職種にかかわらず日常業務をこなすための必須知識。簿記の基本用語や複式簿記の仕組みを理解し、業務に利活用できるレベルです。

社会人であれば3級を目指しましょう。3級であれば経理・財務担当以外でも、職種にかかわらず評価する企業が多く、基本的な商業簿記を修得し、経理関連書類の適切な処理や青色申告書類の作成など、初歩的な実務がある程度できるレベルです。

自宅で勉強ができ、3級の場合は約3ヶ月で取得が可能なレベルで、受験費用は2,800円です。

ライフキャリアに活かせるポイント
多くの企業で社員に対して簿記検定の資格取得を推奨しているので、会社によっては資格手当が支給されて、給与アップにつながる可能性があります。求人条件として簿記の資格を提示している企業も多いため受験できる企業数も増え選択肢が広がります。

日商簿記検定試験
https://www.kentei.ne.jp/bookkeeping

世界共有の資格で、翻訳の仕事にもつながる【TOEIC】

TOEICは、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共有のテストで、知識・教養としての英語ではなく、オフィスや日常生活における英語によるコミュニケーション能力を幅広く測定します。社会人であれば585~795スコアを目指しましょう。

机に向かって勉強する以外にも、ながら勉強もできるため、こどもを産んだ後でも勉強することができ、受験費用は10,290円です。

ライフキャリアに活かせるポイント
産休・育休前に英語を使った仕事をしていた方は、勉強を継続しておくと復帰後も不安なく同じ仕事に就ける可能性が高まります。また、和訳・英訳といった翻訳にも活かせるため自宅で仕事をしたい場合でも活用することができます。

ブランクがあっても、一生有効な国家資格【宅地建物取引士】

宅建士とは「宅地建物取引士」の略称で、国家資格にあたります。
土地や建物の売買、賃貸物件の仲介などを行っています。お客様が知っておくべき重要事項説明書を作成し説明をお客様にできるのは宅建士だけです。宅建とは、不動産取引の専門家を示す資格と言えます。

合格率は15~17%とされていて決して高いとは言えませんが、日商簿記2級と同じ難易度のため時間を有効活用できるタイミングに勉強することをおすすめします。受験費用は7,000円です。ちなみに、毎年4万人の女性が受験する近年人気の資格です。

ライフキャリアに活かせるポイント
一度合格すれば一生有効な国家資格のため、ライフイベントなどによって一時的なブランクがあっても、復職しやすく、どこに住んでいても活かせます。さらに、宅建士の需要は不動産業界だけにとどまらず、他業界にも広がっています。金融機関、不動産管理会社でも活かせるためキャリアアップにもつながります。

一般財団法人 不動産適正取引推進機構
http://www.retio.or.jp

知識を取得して、自宅で仕事ができる【Webクリエイター能力認定資格】

Webページを制作するために必要なファイルのコーディング能力や、基本的なデザイン能力などが試されます。HTML、CSSの文法などの基本的な知識はもちろん、限られた時間のなかでWebページを作成する能力も問われるため、試験に向けた学習がそのままビジネスシーンで求められるスキルの習得に直結します。

1日1時間程度の勉強を2ヶ月継続して合格するレベルで、受験費用はスタンダードで5,600円です。

ライフキャリアに活かせるポイント
近年では自社サイトの運営を社内で行なっている企業も増加しているため、一般職や事務職の方がチャレンジされるケースも急増しているようです。

ビジネス能力検定 サーティファイ
https://www.sikaku.gr.jp/web/wc

最後に

産休・育休中に勉強して取得できる資格をご紹介しましたが、いかがでしょうか。

今回ご紹介した資格は一部でしかありませんが、社会復帰にあたって企業・機関の実務で活かすことができる心強い資格です。

フレキシブルに働いていた時期は目の前の仕事に追われて、資格取得の勉強に時間を割くことができなかった人も多いと思いますが、産休・育休中に少しでも頑張った時間は、復帰する際の強い武器になりますね!