ふわキャリ

未経験で営業に転職したい!活躍する女性も多い営業職へ挑戦するメリット・デメリットは?

「営業職」と聞いて、どんなイメージを持ちますか?

給料は高そうだけど、目標やノルマに追われているイメージがあって大変そう…。
興味はあるけど、自分なんかが貢献できるか不安…。

そう思って、挑戦したい気持ちを封印してしまっている方も多いのではないでしょうか。

営業職は、実はきちんと選べば誰でも活躍できる職種。

今回は、未経験の方が営業職に転職する際のポイントやメリット・デメリットを考察します。

未経験でもチャレンジしやすい女性の営業職

まず、未経験でも転職して営業職にチャレンジすることは可能なのでしょうか?

 

答えは、「YES」です。

未経験の転職でも営業職に挑戦しやすいのには理由があります。

同じ営業職といっても、販売する商品やサービスは企業によって異なります。それによってターゲットとなる顧客も異なりますし、販売手法も企業によって違うもの。

そのため、販売をするうえで必要になる知識や技術は、実際に働きはじめてから身につけることが大半なのです。

もちろん、他社で異なるサービス・方法であっても、営業の経験があればプラスになるでしょう。

しかし、たとえ未経験であっても、働きながら学んでいくことができます。

これが、未経験でも営業職に転職しやすい理由だと思います。

女性は営業職で活躍できる?!

男性が多いように感じる営業職ですが、男性も女性も関係のない職種です。

「顧客の問題解決をする提案」ができるかどうか、これが営業職として一番大切なことなのです。

企業の売上に直結する仕事だからこそ、営業職を求める企業はあとを立ちません。

女性用の商品を扱う企業に関しては、販売ターゲットが女性であるため、女性の営業を増やしたいと思う企業が多いでしょう。

また、不動産業界や保険業界、教育業界なども、販売する際に女性が選択の主導権を握ることも多く、営業職として活躍する女性も多いようです。

また、IT業界なども、細かい気配りやコミュニケーション、女性ならではの視点が求められ、女性営業のニーズが高い傾向にあります。

大手企業においても、男性営業と変わらない仕事内容を女性営業がこなしている、営業育成も男性と変わらずおこなっている、という声もあります。

きちんと結果を残せば評価してもらえる、男性との差がない職種といえますね。

未経験から営業にチャレンジする女性の転職理由とは?

未経験でも営業職にチャレンジする女性の志望理由には、どんなものはあるのでしょうか。

やりがいのある仕事がしたい」「仕事の幅を広げたい」「数字で評価される仕事に就きたい」「成果が報酬に反映される仕事がしたい」など、さまざm

未経験から転職する具体的な例を見てみましょう。

  • 契約社員としてアパレル販売の仕事に就いていたけれど、販売のスキルを活かして営業職へ
  • プログラマーから、知識を活かしてIT業界の営業職へ
  • 完全に業界も違うけれど、「稼ぎたい」という気持ちがとても強かったので、インセンティブが多い不動産営業へ

などなど。

志望の理由はさまざまですが、その動機に筋を通し、熱意を伝えることができれば、理由はあまり気にする必要はないかもしれません。

女性が未経験から営業職にチャレンジするメリット・デメリット

メリット

営業職が「楽な仕事」ではないことは確かです。ですが、メリットもたくさんあります。

1|営業職のスキルは汎用性が高い

営業職は求人数が他の職種よりも多く、資格などがなくても比較的転職しやすいと言えます。

営業職は、顧客との接点を持ち、また戦略的な視点を持つ仕事であり、コミュニケーション能力や交渉力も身につくと考えられるため、それらを活かし、その他の職種へ転職しやすいとも考えられます。

例えばマーケティング職。

自社の商品・サービスを売り込む営業的な視点が必要であり、かつコミュニケーション力が求められる仕事です。営業職としての経験を存分に活かせるでしょう。

2|年収がアップする可能性が高い

営業職への転職は、未経験者や一般職からの場合でも年収がアップする可能性もあります。

新規営業や不動産売買、金融・保険業界は、一般的に、給与体系として歩合制・報奨制度のある企業もあり、成果を上げた分だけ給料に反映されます。

達成感を得ながらモチベーションを高く保ちつつ仕事に取り組むことができます。

3|女性の強みを活かして働くことができる

営業の世界は、まだ多くの業界で「男性社会」が色濃いと感じられる方も多いでしょう。

しかし、女性だからこその強みを活かして、男性以上に売り上げる方がいることも事実です。

一般的に女性は男性に比べて繊細で細かい気配りができると考えられているため、きめ細かいサポートを期待する顧客は多いでしょう。

また、テレアポなども営業手法も、女性は比較的警戒されないため、成果が出しやすいという声もあるようです。

男性社会かもしれませんが、男性の営業スタイルを真似したり寄せる必要はなく、女性らしい営業スタイルを目指すことも可能なのです。

デメリット

メリットをみてきましたが、もちろん逆説的な側面もあります。

企業によってはこれらのデメリットもない場合もありますが、営業職へ未経験転職を考えるのであれば、チェックしておきましょう。

1|売上目標やノルマがある

営業職といえば、厳しい売上目標や予算などのノルマを思い浮かべる人も多いでしょう。

チームごとの目標なのか、個人それぞれに課される目標になるのかは、企業によって異なります。

チーム目標であった場合も、それを細分化し、それぞれ個人に課されることが多いかもしれません。

また、1ヶ月単位で追いかける場合もあれば、3ヶ月や6ヶ月などの長期スパンで評価される場合もあるでしょう。

こうしたノルマは、大きなプレッシャーに感じてしまうことも。

時には、目標必達のプレッシャーやスランプを乗り越える強いメンタルが必要になるかもしれません。

しかし、自分を追い込む環境こそが、まだ見ぬ自分のポテンシャルを引き出すきっかけになることもあります。

逆境に挑戦することも、自分を変えるチャンスになるとも考えられます。

2|残業が増える可能性がある

営業職になると、顧客訪問など外回りが増えることも。

外出後にオフィスに戻り、事務作業やメール対応をする必要があったり、終業後に顧客との食事会が設けられたりする場合があります。

あまり残業のない事務職に就いていた場合、営業職に転職すると残業時間が増えるかもしれません。

また、見込残業代が給料に含まれている場合は、既定の時間内は残業をしても残業代は出ません。

ただし、自分の仕事の目途がついている場合などは、裁量で直行直帰が可能なる企業もあります。

そうすると、自分のペースで仕事時間を決めることができるというメリットになります。

編集部より

未経験での営業職への転職は、「難しい」と感じる人もいるかもしれません。

即戦力を求めている企業ももちろんありますが、未経験可という企業もたくさんあります。

また、ひとえに営業といっても、その営業ターゲットや商品、手法は異なります。

それまでの職種で得た知識やスキルをしっかり活かせる場合もありますので、しっかりと自己分析・企業分析をすることが大切です。

営業職に限らず、未経験で転職をする場合に大切なことは、自分のライフキャリアをしっかり描くこと。

その転職によって自分がどんな知識やスキルを得られるのか、また得たいのか、その後のキャリアをどのように運んでいくのか、じっくりと考えて転職活動に取り組んでみてください。