もあキャリ

憂鬱な週はじめに見よう!モチベーションのあがるスピーチ動画5選

「仕事、もっとやる気になれたらいいのに」と思う気持ちとは裏腹に、なんか乗り気にならない……なんてこともありますよね。

『もっとチャレンジしたい』『もっと仕事の幅を広げたい』など、さらにモチベーションをあげたいと思っている方も多いかもしれません。

そんな時、モチベーションアップにひと役かう動画を集めてみました。

『また1週間がんばろう!』と共感していただけたらうれしいです。

価値あるアイディアの宝庫・TEDカンファレンス

TED(Technology Entertainment Design)はニューヨークに本拠地を置くグループで、「Ideas worth spreading(広める価値のあるアイデア)」 を活動目標としている営利団体です。

人類の様々な活動の中から、幅広く世界に広めるべきと思われるアイデアを、その活動をおこなっている人のプレゼンテーションの場(TEDカンファレンス)を提供するとともに、インターネットを通じてそのビデオ映像を世界に広める活動をおこなっています。

今回は、このTEDカンファレンスから、仕事に対するワクワク感があり、モチベーションの種になるようなプレゼンテーション動画をご紹介します!

パワーがでるスピーチ

新しいことを始めようと思っていたり、ちょっと思い悩んでいる時に背中を押して欲しいことってありますよね。

明日への活力を得ることができるスピーチをご紹介します。

The power of connections :Akiko Naka 

《スピーカー》
仲 暁子 (なか あきこ)
日本の実業家、ウォンテッドリー創業者、代表取締役CEO。
2008年に京都大学経済学部卒業後ゴールドマン・サックスに入社。リーマン・ショックを機に退職し、2010年にフェイスブック日本支社へ。同年に「フューエル(後のウォンテッドリー)」を起業。

『好きなことを仕事にする』というポジティブなメッセージが印象的。「不安はあるけど、一歩を踏み出したい」という方にはおすすめの内容です。

また、何がやりたいのかわからない方もぜひ見てみましょう。情熱を注ぎこめるものを最初から持っている人はいません。

目の前のことを全力でやることで道ができるというメッセージに感動します。

The Power of Curiosity: Hitomi Kumasaka 

《スピーカー》
熊坂 仁美(くまさか ひとみ)
株式会社SML 代表取締役、地域活性化プロデューサー、福島県公式YouTubeチャンネルアドバイザー。
慶應義塾大学文学部卒業後すぐに結婚、19年間専業主婦として二児を育てたのちアルバイトで社会人デビュー。インタビューライターをしていた2009年からSNSの研究を開始。翌年出版したFacebookビジネス書『Facebookをビジネスに使う本』がベストセラーとなる。

ここに『新しい人生の始め方』があります。

キャリアに偏りがあっても、こどもがいても、乗り越えることができるパワーはどんなものでしょうか。「好奇心がすべてのはじまり」というメッセージがとても印象的なスピーチです。

今一度、自分の好奇心を奮い立たせたい方はぜひ見てみましょう。

Why we have too few women leaders:Sheryl Sandberg

《スピーカー》
シェリル・サンドバーグ
アメリカのIT業界の経営者、活動家、作家。Facebookの最高執行責任者。
FacebookにCOOとして入社する以前は、Google のグローバル・オンライン・セールス・アンド・オペレーションズの副社長であり、Googleの慈善事業であるGoogle.orgの立ち上げにも関わる。Google入社以前はアメリカ合衆国財務長官の下で職員のチーフを務めた。

世界的に有名なスピーチ。

時代は変わってきているのに、女性の活躍に関してはまだまだ変化が少ないのはどの国でも同じ。

女性として『もっと自分に自信を持って進むべきだ!』という力強い想いがひしひしと伝わってくる、未来への活力になるスピーチです。

考え方が秀逸なスピーチ

女性ならではの視点で語られると、それだけで共感できることが多いですよね。
毎日を充実させるために、参考になる考え方が満載です!

The power of passion and perseverance:Angela Lee Duckworth: Grit

《スピーカー》
アンジェラ・リー・ダックワース
ペンシルバニア大学 心理学教授
ハーバード大学で神経生物学を専攻。その後オックスフォード大学にて、神経科学において修士号取得、ペンシルバニア大学では心理学の博士号を取得する。2016年にGRIT『やり抜く力』を出版。
教師という立場で、教育に真正面からぶつかって導き出した「成功法則」について。

IQが高くても成績が良いというわけではない。著書であるGRIT『やり抜く力』でも触れているように、何事もやり抜く力が成功するポイントということを熱量高く発信してくれてます。

How to gain control of your free time:Laura Vanderkam

《スピーカー》
ローラ・ヴァンダーカム
2001年にプリンストン大学を卒業。「ウォールストリート・ジャーナル」「ハフィントンポスト」「USAトゥデー」に寄稿するかたわら、朝の情報・ニュース番組や数々のラジオ番組にも出演。
著書に『うまくいっている人は朝食前にいったい何をしているのか』がある。

『時間はたっぷりあるわ!』と明るく話しているのが印象的なスピーチ。

一般的に言われているような細かい時間の節約で自分の時間を捻出する、という考え方ではなく、「何を選択するか」で変わる時間の使い方をわかりやすく説明しています。

忙しくて「未来の自分」を考えられていない、という方、また自分の時間を作りながら「自分らしさ」を探したい方は必見です。

編集部より

いかがでしたでしょうか。

少々長い内容のものもありますが、どれも明日へのパワーがもらえるスピーチです。

毎日、自分に自信を持って生活することも、「自分らしくある」ことにつながります。女性だからって我慢する必要も、なにかを諦める必要はありません。

自分が思うままに生きるチカラをつけるためにも、社会で活躍する女性のたくましさに触れてみるのも学びであり、いい経験かもしれませんね。