もあキャリ

あなたは大丈夫?増加傾向にあるマウンティング女子を徹底解説!

あれ?この人。。。私のことを褒めてくれてるの?それとも私はけなされているの?

みなさんは友人、職場の同僚、先輩など周囲の人と話している時に、こんな違和感を感じたことはありませんか?

実はマウンティングされていたのかもしれません!今回は近年増加傾向にあるマウンティング女子を徹底解説していきます!

マウンティング女子とは

みなさんは「マウンティング」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

本来、マウンティングとは動物が自分の優位性を表すために、相手に対して馬乗りになることを指します。

ここ数年は、人間関係においても相手に自分が上であることをさりげなく誇示することを表す言葉として使われています。

そして、このマウンティング行為は、特に女性同士の交流のなかで見受けられることが多いのです。マウンティングをしてしまう女性は、ひそかに「マウンティング女子」「マウ女」と呼ばれるようになりました。

2014年に、「ファースト・クラス」という沢尻エリカさん主演のドラマが放送されたのを、覚えている方も多いかもしれません。

ファッション雑誌の編集部内で、女同士が壮絶な格づけバトルをする内容で、ドラマの最初と最後に「現時点での力関係」を示す「マウンティングランキング」が発表されるのが特徴的でした。

深夜帯に放送されていたにもかかわらず、続編を望む声が多く集まり、フジテレビ史上初、たった1クールをあけて続編が放送される程の人気ドラマでした。

また、「女は笑顔で殴り合う」という大人気書籍でもマウンティング女子について描かれています。

この本では、漫画でマウンティングを取り合う女性の会話が描かれているので、ついつい「あーーーーー!これ見覚えがある!」と読者から共感の声が上がっています。

肉食女子×草食女子都会暮らし女子×田舎暮らし女子といった様々なシチュエーションでのマウンティングシミュレーションが描かれ、多数のマウンティングテクニックが披露されています。世の中の女子のもやっとした原因を明確な言葉でズバズバと解説してくれる一冊。

そんなマウ女たちが、近年また増加しているようです。

せっかくの女子会だったのにモヤモヤが残る、なんだか凄く疲れた気がする。

そんな風に感じたことはありませんか?

そんなあなたは、周りにマウンティング女子がいる可能性が非常に高いです。

当てはまらなかったと安心した方!実はあなた自身がマウンティング女子の張本人かもしれません

それでは、詳しくマウンティング女子について解説していきましょう。

気をつけて!マウンティング女子のタイプは7種類!

先ほど紹介した本「女は笑顔で殴り合う」では、マウンティングをおこなう女子をタイプ別で解説しています。

「え、これもマウンティングだったの?」「私もやってしまっていたかも。」という発見もあるかもしれません。

01|親友型

その名の通り、「私たち親友じゃん!」と親しい仲をアピールしつつ、根掘り葉掘り情報を聞き出しては、ズケズケとモノをいうタイプのマウンティング女子。

ストレートにはうらやましがらず、マイナスなニュアンスが含まれています。

「彼氏の写真見せてよ!イケメンすぎないところがいいねー!」
「どこに住んでるの?そこって超家賃安いとこじゃん!いいなあ!」

02|カウンセラー型

求めてもいないのに、メイク、ファッション、恋愛などのアドバイスをしてくるタイプのマウンティング女子。

イマイチ活用できない的外れなアドバイスを上から目線でしてきます。

「彼氏できたんだ!“彼氏が浮気をしない方法”を教えてあげる!」

03|プロデューサー型

メイクやヘアスタイル、ファッションなど、やたらと自分のセンスを押しつけようとするタイプのマウンティング女子。

カウンセラー型に似ていますが、さらに押しつけがましくアドバイスをしてきます。

「あなたさぁ、顔の素材は悪くないんだから、絶対ショートヘアのほうが似合うよ!」

04|事情通型

とにかく情報を持っていて、「親切心で君に教えてあげるんだよ」というスタンスで自分の知識を押しつけてくるタイプのマウンティング女子。

「シンガポール行ってきたのに〇〇行かなかったの?もったいなさ過ぎー!そこ行ってないのにシンガポール行ったとか言えないよー!!」

05|自虐型

自分の状況を逆手にとり、自虐から自慢に入っていくタイプのマウンティング女子。

一見、自虐をしているように聞こえるのですが、しっかりと最後は自慢にすり替わっています。

「メイクすごい上手だよね。化粧の仕方が分からなくて私なんていつもスッピンだよー!」

06|無神経型

一期一会の人に多く、すごく動物的で想像力がないタイプのマウンティング女子。

「これを言われたら、この人は嫌な気持ちになるだろう」ということがわからず、
一言でビジっとマウンティングしてきます。

「初めまして!なんだか影のオーラが出ていらっしゃる方ですね!」

07|司会型

相手に反論の余地の1つすら残さず、最初から最後まで自分のペースを保って仕切った上で自慢に持っていくタイプのマウンティング女子。

ほんの少しの共通点でも、自分の話をむりやりねじこんで、納得するまで自慢話を続けます。

「ちょっと待って!それ試したことあるからさ、私が一番詳しいと思うんだよね。」

 

いかがですか?意外とやってしまってるマウンティングはありませんでしたか?

それって善意で言ってくれているの?それともマウンティング?

と、混乱してしまう方もいらっしゃったかもしれません。

善意でアドバイスをくれる場合、相手は「余計なお世話かもしれないけど、こういう情報があってね…」と具体的かつ、役に立ちそうなアドバイスをくれるはずです。

アドバイスを受けた際に、〝気持ちよくなっちゃっている感〟を感じた場合、マウンティングされていると判断してよいでしょう。

マウンティング女子になってしまうには理由があった

様々なマウンティング女子のタイプを紹介してきましたが、そもそもなぜマウンティング行為をしてしまうのでしょうか?

それは、自信がない、あるいは身近な人へのコンプレックスがあることが原因かもしれません。

フリーランスか会社員か、独身か既婚かというように「友達だけど立場が違う」ことによってマウンティング合戦がはじまってしまうことは少なくありません。

自分自身の生活に満足していて、不満がなければ、マウンティングをする必要なんてないはずです。

しかし、自分の選択や立ち位置に圧倒的な自信が持つことは難しいものです。それゆえ、自分の立場が素晴らしいものだと誇示したくなってしまうのでしょう。

また、心理学的にも男性にくらべ女性の方がマウンティングをしてしまいやすい傾向にあることがわかっています。

生物として、人類は決して大きくも強くもありませんでした。そこで、生き残る道として集団で行動することを選択します。

男性は多くの時間狩りへ出かけていきますが、女性は狩りへはいかず、コミュニティを守る役割を担っていました。つまり、その頃から女性はお互いにコミュニケーションをとることが仕事になっていたのです。

コミュニケーションの中で上下関係をつくり、いざというときにはリーダーに従い、男性の留守中でも協力して集団を守ってきたと考えられます。

現在は「みんな平等」という建前が働いていますが、集団としてまとまるために、本能で上下関係を必要としている場合があるのです。

また、集団で力を持っている女性は、男性から選ばれる可能性も高いといわれるため、女性たちの中で上位に位置したいと考える人が複数いてもおかしくないのです。

上にいこうと貪欲な女性が、マウンティング女子になる傾向があるようです。

マウンティング女子に悩まされた時の4つの対処法

マウンティング女子になってしまう理由はわかる気もするけれど、マウンティングされた側としてはたまったもんじゃないですよね。

せっかくの女子会や、逃げることの難しい職場での会話を楽しむためにも、マウンティング女子の対処方法もご紹介します。

褒める

マウンティング女子の目的は自分の立場が上であることを誇示すること

そのため「凄いね」と褒めてあげることが、一番の対処法です。鼻につくからとムキになって、同じ土俵に乗ってしまうと、マウンティング合戦のはじまり。あなたもマウンティング女子の仲間入りとなってしまうのです。

冷静に褒めて、「私はあなたより上だなんて思ってないし、あなたの凄さはよくわかっているよ」と相手にわかってもらうことができれば、マウンティングは終わるはずです。

ひたすら聞く

自慢なのか愚痴なのかよくわからない状態になってしまったとしても、とにかく聞き続けましょう

下手に話をしてしまうことで、相手の納得のいかない話題に触れてしまうとマウンティングに油を注いでしまうことになりかねません。

マウンティング女子は満足するまで話続けますが、基本的には自慢をしたいだけので聞き流したとしても問題はありません。黙るまで、しばらくつき合ってあげると良いでしょう。

自分のことを話さない

共通点となるネタを話してしまった場合、相手の競争心に火をつけてしまう可能性が高くなります。あなたにそのつもりはなくとも、マウンティングの餌食となってしまうことがあるのです。

そのため、自分の話、特にプライベートな話題は極力ごまかし、話すことは避けると良いでしょう。もし、聞かれてしまった場合は、相手に話してもらえるように話を振ってあげましょう。

話をそらす

これは少し難易度が高くなってしまいますが、マウンティングを仕掛けられてしまったら、さりげなく別の話題にすり替えましょう

職場の人間など、関係を悪くしたり、距離をあけることが難しい場合、このスキルを持っていることが重要になります。

例えば、彼氏にフランスに連れていってもらったと言われたとしましょう。その場合、「素敵!この前もテロがあったみたいですし、無事にいけてよかったですね!」とテロの話にすり替えてしまうのです。

そうすれば、相手はフランスの治安の話をせざるを得ません。頭をフル回転させマウンティングを回避しましょう

いくつか対処方法をご紹介しましたが、マウンティングは相手にされない寂しさから生まれることもあるようです。

そのため、「あなたのことが好きだよ、尊敬しているよ」と伝えてあげることも効果的なようです。

自分のことを大切に思ってくれている相手を傷つけて失いたくないと考えるためです。それでも回避できない場合もありますから、その場合はあなたが傷つけられてしまう前に距離を置きましょう

最後に

いかがでしたか?私自身も思い当たる節があり、ドキッとしてしまいました。自分の話をするのも、自分の意見を提示することも個性を表現する上でとても重要なことです。

気をつけなければならないのは、それが自己満足になっていないかどうか。自分自身がマウンティング女子になっていないかを今一度意識してみる必要がありそうです。

マウンティング女子は思ってもいない、表面上の言葉を発することを得意とします。

あなたを傷つけたくて発言している可能性は極めて低いため、真に受けず聞き流してしまいましょう!

\LINEで記事を受けとれる!/