ライフハック

「自分の価値」について考えたことある?悩んだ時に考えたい5つのこと

「自分の価値」について考えたことある?悩んだ時に考えたい5つのこと

「自分にはどのくらいの価値があるのだろう…」

仕事やプライベートに悩んだ時、道の選択に迷った時など、ふとそう考えてしまうことがあるかもしれませんね。

特に女性は、ライフイベントによってキャリアが左右されやすく「働いている私の価値って…と不安になるきっかけも多いのかもしれません。

自分に価値がないと悩む時ほど、人は弱く、さらに自信をなくしていってしまうもの。

そこで今回は、働く女性が「自分の価値」を高めるために必要な方法をご紹介します。

不安に思うすべての女性の参考になれば幸いです。

「自分の価値」について考えたことある?

さまざまな働き方が認められつつあり、昔にくらべて女性の働き方も柔軟になってきました。

ひと昔前までは、女性にとっての幸せを家庭に見出すことが多くありましたが、最近では自分の趣味や仕事に見出す人も少なくありません。

同時に、ロールモデル不在の不安に悩まされる女性も多いことと思います。

環境の変化が多い分、「自分の価値」について悩んだり考えたりすることも増えますよね。

悩んだ時、どのように考えるとよいのでしょうか。

自分自身を受けいれ、向き合ってみよう

自分の価値について悩んだ時は、自分をしっかりと見つめ直す時間を確保し、自分という人間がどのような人物なのか、何を求めているのか、心の声に耳を傾けることが大切です。

まずは、今の自分自身を受けいれ、向き合ってみましょう。

誰しも欠点や自分の嫌な部分はありますが、自分のそういったマイナスな部分を受け止めなければ、自分の価値を知ることはできません。

自分はどのような人間で、どんな長所や短所を持っているのかなどを書き出してみるのも良い方法の1つです。

実際に紙などに書き、可視化することで思考を整理しやすく、自分を客観的に知ることができます。

今までは気づいていなかった新たな自分の一面を知ることができるかもしれませんよ。

「自分の価値」を高める5つの方法

では、自分の価値を高めるにはどのような方法があるのでしょうか。

できれば、自分の価値を高める方法をマスターし、さまざまな場面で自分の価値を高めていきたいものですよね。

ここからは、働く女性が知っておきたい「自分の価値を高める5つの方法」についてご紹介していきます。

1|自己理解を深める

まずは、自分を見つめ直し、自己理解を深めることが大切。

自己理解を深めるためには、不安を抱えている「現在」を思い悩むのではなく、自分の歩いてきた「過去」と、これからの「未来」について考えるのがポイントです。

過去に自分が成し遂げたことや、夢中になれたことはどのようなことでしょうか。

一度じっくり振り返ることで「自分はこんなことができたんだ」「過去にはこんなことをしたいと思っていたんだ」と、新たな気づきを得ることができます。

また、自己理解を深めることは、自分が必要とされる場を見つけるきっかけにもなるのです。

2|他人と比べず、過去の自分を比べる

人は他人と自分を比べる時、他人の良い所と自分の悪い所にばかり目を向け、自己否定する傾向があります。

外見、持ち物、結婚相手の条件、仕事でどれだけ成功しているのか。

自分と他人を比べその価値を見出すことは、プラスには作用しません。

大切なのは、他人ではなく過去の自分と比べた時に、自分がどのように成長できているかということ。

「あの人より優れている自分が好き」というよりも、「過去より成長できた自分が好き」と思える方が、成長実感を感じたり、周りの目にも素敵にうつります。

自分の価値を上げるためにも、まずは他人と自分を比較しないよう心がけてみましょう。

3|批判は上手に受けとめる

他者から批判を受けると、怒りやショックだけでなく、自己嫌悪から大きなストレスにつながることもありますよね。

働く女性であれば、上司や取引先の理不尽な批判に、頭を悩ませることもあるかもしれません。

ショックを引きずって仕事が手につかなかったり、せっかくの休日も気持ちが落ち込んだまま…なんてことも。

批判を受けた時に知っておきたいのは、自分のすべてを否定されているわけではないということです。

あくまでも、批判された対象について内省するにとどめ、なるべく前向きに受けとめるよう心がけてみましょう。

自分自身を成長させ、自分の価値を上げる明るいエネルギーを生み出してくれます。

4|自分の得意なことをやってみる

自分の価値を高めるには、自分の得意とすることを積極的にやってみるのも1つの方法です。

まずは、過去を振り返って自分が得意だったことを思い浮かべてみましょう。

自分には得意なことなんてないという方も、過去に人から褒められた経験はありませんか?

「歌がうまいと言われたことがある」
「学校で絵が上手だと褒められた」

それらは、自分が気づいていないだけで、本当は自分自身が得意とする分野なのです。

自分の得意な分野を伸ばすことで、自分に自信をつけることができます。

結果、イキイキと過ごすことにつながり、自分の価値を高めることができるのです。

5|自分の意思表現を大切にする

自分の考えや思っていることを、自分の言葉できちんと意思表現できているでしょうか。

「これを言ったら悪い影響がでるのでは」

「自分に反感を持たれるのでは」

職場の会議や打ち合わせでも、そのような考えから、黙っていた方が最善だという策を取ることがあるかもしれません。

しかし、自分の意思表現を大切にするということは、相手を大切にするということ。

ひいては、自分自身の存在を大切にすることにもつながります。

自分の意思にそって日々行動することが、豊かな心を育て、自分の価値を上げていくいうことも忘れずにいたいですね。

自分との信頼関係を大切にしよう!

ここまで、自分の価値の考え方について、自分の価値を高める5つの方法についてご紹介してきました。

自分の価値を見出せない理由のひとつとして、自分との信頼関係がうまくいっていないことがあります。

自分との信頼関係を取り戻すためには、小さなことでも自分との約束を守ることが大切です。

ここでポイントとなるのは、プレッシャーにならないような小さな約束にすること。

やりとげた時には、きちんと自分を褒めてあげることが、自己肯定感へとつながります。

また、約束ではなく、好きなことをしてみるというのもおすすめです。

好きなことをしている自分を客観視し、褒めることが、自分との信頼関係を築く大きな第1歩になることもあります。

また、自分の価値は人ではなく、あくまで自分自身が決めるもの。

自分を褒めるのも、つらいときに救うことができるのも、自分自身だということを忘れてはいけません。

どんな場面でも、「わたしなんか」と自分を否定する必要はありません。

ありのままの自分を愛し最大の味方でいることが、自分自身の価値をより高めることへとつながっていくのです。

最後に

いかがでしたでしょうか。

「自分の価値」について、自分自身と向きあう方法や、自分の価値を高める5つの方法についてご紹介してきました。

働く女性が将来に不安を抱える時は、他者がより魅力的に見え、自分の価値を否定しがちです。

しかし、自分の価値を決めることができるのは、自分自身。

人生に不安を抱える時こそ、自分の価値を見つめ直すことで、より自分らしく輝ける場を見つけていきたいですね。

モアキャリーは、すべての働く女性を応援しています。