ライフハック

年末年始に帰省を予定している人必見!手土産、パッキング術をご紹介

年末年始に帰省を予定している人必見!手土産、パッキング術をご紹介

気づけばもうクリスマスも過ぎて、年末年始ですね。

年末年始、地元への帰省を計画しているという人も多いのではないでしょうか。

ドリームエリア株式会社が実施した年末年始の帰省に関する調査でも、「およそ2人に1人が帰省を考えている」という回答結果があります。

今年の年末年始の帰省。

せっかく帰省するのであれば、地元の両親や親戚、友人などに喜ばれる手土産を用意してきたいところ。

そこで今回は、「東京駅で手に入れたい今旬の手土産」をまとめてご紹介します。

さらに今年は9連休の長期休暇。

「荷物が増えてどうパッキングするか困っている」という人のために、知っておきたいパッキング術についてもまとめてみました!

年末年始の帰省に喜ばれるギフトって?

「じゃらん」が実施した年末年始の手土産に関する調査によると、「年末年始に手土産を購入する」と回答したのは全体の約5割。

約半数がお土産を購入すると回答している年末年始の帰省。

実際に喜ばれる手土産にはどのようなものがあるのでしょうか。

「じゃらん」の調査結果も参考にしつつ、東京駅で手に入れたい今旬の手土産ギフトをカテゴリー別にまとめてみました!

東京駅で手に入れたい!今旬の美味しい手土産ギフト

 洋菓子編

1|銀の鈴サンドパンケーキ(コロンバン)

【画像引用|コロンバン

「じゃらん」の手土産ランキングでも1位を獲得しているコロンバンの「銀の鈴サンドパンケーキ」。

マロンやストロベリーなどの種類があり、販売は東京駅グランスタ限定!

1月中旬までの販売予定となっており、東京駅の手土産の中でも1番人気の1品です。

◆販売場所:東京グランスタ内
◆価格:各税込 ¥297

2|ザ・メープルマニア(The MAPLE MANIA)

【画像引用|PRTIMES

東京駅お土産ランキング1位を獲得したこともある「ザ・メープルマニア」。

クッキーやフィナンシェ、ケーキなどさまざまなラインナップがありますが、その中でも東京駅限定のメープルパイサンドはぜひ手に入れたい1品。

甘いメープルの香りと香ばしいパイ生地の組み合わせが人気の理由です。

◆販売場所:東京グランスタ内
◆価格:税込 ¥1,944

3|東京ばな奈(Disney SWEETS COLLECTION)

【画像引用|東京ばな奈ワールド

言わずと知れた東京土産である東京ばな奈とディズニーのコラボ商品。

2019年11月27日にJR東京駅に第1号店がオープンし、「東京駅で買えるディズニーのスイーツ」として注目が高まっています。

「ミッキーマウス」や「くまのプーさん」など、ディズニーの仲間たちの個性やストーリーを活かした商品が多く揃えられており、連日行列の大人気スイーツです。

◆販売場所:JR東京駅1F在来線改札内(新幹線南乗換口前)
◆価格:4個入 税込¥1,080 ※6個、10個入りもあります
 
 和菓子編

4|福いちご(菓匠禄兵衛)

【画像引用|じゃらんnet

「じゃらん」の手土産ランキングで2位を獲得している「福いちご」。

冬の和菓子といえば「いちご大福」ですよね。

柔らかい求肥生地に、甘酸っぱいいちごとやさしい甘さのみるく餡を包んだ「福いちご」は、2020年1月2日からの販売予定となっています。

3ヶ月間の限定販売。年始に帰省を予定しているという人は要チェック!

◆販売場所:エキュート東京内
◆価格:各税込 ¥302

5|東京あんぱん豆一豆(豆一豆)

【画像引用|エキュート

東京駅の刻印が押されたあんぱんは、東京手土産にぴったりの1品。

1番人気の「東京レンガぱん」は、生地の中に赤練り餡と白餡入りのオリジナルクリームが2層構造!

食べごたえのある、見て楽しい食べて美味しいあんぱんです。

◆販売場所:エキュート東京内
◆価格:税込 ¥1,250

6|パンダの旅(桂新堂)

【画像引用|グランスタ

「ヒルナンデス」の東京駅お土産ランキングで8位に選ばれた「パンダの旅」。

パンダの姿をした可愛いおせんべいや、東京の名所イラストが描かれたおせんべいをさまざま楽しめる1品です。

その他の手土産と違って、賞味期限が1か月以上ある点も喜ばれる理由の1つです。

◆販売場所:グランスタ東京内
◆価格:税込 ¥1,080
 
 グルメ編

7|カレーパン(BURDIGALA EXPRESS)

【画像引用|MATOMANY

「マツコの知らない世界」のカレーパン特集でも絶賛された大人気のカレーパン。

外側はカリッと、中はスパイスの効いたピリ辛のカレーが絶妙にマッチした1品です。

マツコさんも大絶賛の美味しさで、大人気商品のため、早めに売り切れてしまうこともあるとか。

◆販売場所:グランスタ東京内
◆価格:各税込 ¥220

8|メンチカツ(平田牧場)

【画像引用|イーアイデム

山形県の平田牧場が販売している「メンチカツ」。

甘いものが苦手な人への手土産としてぴったりの1品です。

つなぎの炒め玉ねぎが絶妙に美味しさを際立てており、ソースをかけずにそのまま食べても十分おいしい!と高い人気があります。

◆販売場所:エキュート東京内
◆価格:各税込 ¥330

9|お出汁(茅乃舎)

【画像引用|茅乃舎

最後は、一味違った手土産として手に入れたい「お出汁」。

気に入った出汁をその場ですぐに購入できる「対面だしスタンド」が店内に設置されており、手土産として選ぶ時間も楽しむことができます。

出汁はさまざまな料理で楽しむこともできるので、男女問わず幅広い年代に喜んでもらえるはずです。

◆販売場所:グランスタ丸の内
◆価格:¥1,944(8g×30袋)

帰省や旅行の荷物はかしこくパッキング!3つの整理術

年末年始の帰省前に必要なのは、旅の準備!

あれもこれもとスーツケースに入れていたら「閉まらなくなってしまった…」なんて経験はないですか?

行きは大丈夫でも「帰りの荷物が大変なことになってしまった…」という人もいるかもしれませんね。

これからご紹介する3つの整理術をマスターして、かしこくパッキングしましょう!

1|持ち物リストを作成しよう

荷物が多くなってしまう主な原因は「必要な持ち物を整理できていない」ことにあります。

パッキングをする前に、「必需品」と「あればいいもの」にわけて「持ち物リスト」を作成してみましょう!

事前に下調べをして必要だと判断したもの以外に「これは必要かもしれない」と荷物を増やしていると、本当に必要なものが入らなくなってしまうので要注意。

携帯のメモに記録していつでも見れる状態にしておくと、忘れものも防ぐことができるのでおすすめです。

2|洋服はシワにならない、着回しできるものを最小限に

せっかくの年末年始の帰省。

女性は特に「おしゃれをして出かけたい」とワクワクしている人も多いかもしれません。

洋服をパッキングするポイントは、「なるべくシワにならないもの」を選ぶこと。

ウールやポリエステル、ナイロンなどの素材の洋服を優先してコーディネートするのもかしこい整理術の1つです。

また、着回しのきくデニムのボトムスなどを1本持っておくと役に立ちます。

3|すき間をつくらない!

実際にスーツケースにパッキングする際は「すき間をつくらない」ことを1番意識しましょう。

荷物が寄ってしまうと整理に時間を取られたり、割れ物があった場合は破損の原因にもなりかねません。

すき間がある場合は、丸めた服やタオルで埋めるのが望ましいですが、荷物が少なく余白が出る場合は、スーツケースの片側のみにパッキングすることを心がけましょう。

中で荷物が動くことを防止できます。

編集部から

いかがでしたでしょうか。

年末年始の帰省のおともにぜひ手に入れたい手土産、荷物のパッキング術についてご紹介してきました。

今回ご紹介した手土産の中には、期間限定の手土産もありますので、「手に入れたい!」という方はぜひ公式サイトをチェックしてから足を運んでみてくださいね!

良いお年をお過ごしください!