女性は元来、ロマンチックなものや神秘的なものを好む傾向があると言われています。

そのためか、占い好きの女性は多いですよね。

占いには、血液型占いや心理テスト、タロット占いなど、さまざまな種類がありますが、その中でも「手相」は体の一部である手でおこなう身近な占い。

しかし、手相の見方をきちんと知っているという女性は案外少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、女性が気になる手相の見方の基本と7つの線についてまとめてみました。

気になる手相の見方|基本の3つをおさえよう

自分が持って生まれた先天的な資質や、今後の運勢を占うことのできる手相。

100%の正解は無いとはいえ、自分の手相にはどのような意味があるのか気になりますよね。

手相の見方には3つの基本があります。

基本をきちんと知って、まずは手相の見方をマスターしましょう!

手相を見るのは右手?左手?

自分の手をよく見てみると、左右で手相が違うというのは一目瞭然。

いざ手相を見てみよう!と思った時にまず迷うのは、右手と左手のどちらを見ればいいのかという問題ですよね。

実は、右手は後天的な運勢、左手は先天的な運勢を占うことができると言われており、手相は両手を合わせて見るのが1番良いと言われています。

ただ、初心者の場合はいきなり左右両方の手を見るのは難しいため、まずは、より現状に即した判断のできる右手から占ってみることをおすすめします。

男性と女性で見方に違いはある?

はっきり言って、手相の見方に男性と女性の違いはありません。

占い師によっては、男女で占う手を変えるという人もいますが、先天的な運勢か後天的な運勢どちらを知りたいかで決めるのが1番。

おすすめは今後の運勢を占うことのできる右手ですが、手相の占いをマスターした後は左右両方の手で占ってみたり、性別によって変えてみても良いかもしれません。

右手と左手で同じ手相がある場合は?

ほとんどの場合、左右の手相は異なっていることが多いですが、中には同じ手相があるという人も。

左右同じ手相には、2つの意味があると言われています。

1つ目は、先天的な運勢と後天的な運勢が同じということ。

2つ目は、裏表のない人ということです。

一般的に右手の手相は現状によって変化していくもののため、左右の手相が同じということは運命通りに人生が進んでいるタイミングということ。

それをどのように捉えるかは個人の自由ですが、現状を判断して今後に生かす材料として有効に活用できると良いですね。

女性が気になる7つの線の見方をご紹介!

ここまで手相の見方の基本についてご紹介してきましたが、実際に気になるのは恋愛運や健康運、金運などについて。

手相では基本的に、7つの線から7種類の運勢を占うことができます。

7つの線とは「7大線」と呼ばれ、基本3大線である「生命線」「知能線」「感情線」に加えて「運命線」「太陽線」「財運線」「結婚線」のことを言います。

この7大線は、すべてきちんとある人もいればいずれかの線が無いという人も。

ぜひ、ここからは自分の手相を見ながら気になる運勢について占ってみてくださいね。

1|生命線

【画像参照|簡単な手相の見方を伝授します

まずは生命線について。

生命線は、親指側から下に向かって伸びている曲線を指します。

線の長さや濃さによって健康運や体力、生命力の強さを占うことができます。

一般的に良い生命線と呼ばれるのは、線が濃くて太く、よりカーブが大きく張り出しているもの。

また、生命線の長さから、元気で長生きしやすいかどうかを占うことができます。

ごく稀に生命線が確認できない人がいますが、その場合は体が弱かったり、生に対しての執着心が薄かったりするようです。

2|知能線

【画像参照|簡単な手相の見方を伝授します

次は知能線について。

知能線は、生命線の付け根から感情線と対になるように伸びる線のことを指します。

知能線は、知性を占う線であり、頭脳線と呼ばれることも。

どのような知能線が良いかはっきりした特徴はなく、一般的には頭脳戦が下向きであれば夢見がちな性格、上向きであれば現実的な性格だとされています。

知能線の濃さからは頭の良し悪しを占うことができ、さらに複数の知能線がある場合は天才的な頭脳の持ち主だと言われています。

特に注意したいのは、知能線上に切れ目をいれるような障害線があるという場合。

目や頭の使いすぎを暗示していると言われているため、障害線がある場合は少し休息時間を設けることをおすすめします。

3|感情線

【画像参照|簡単な手相の見方を伝授します

次は感情線について。

感情線は、小指側から上向きに向かって伸びる曲線を指します。

線の長さ、形状や向きによって感情表現やコミュニケーション能力の高さ、性格などを占うことができます。

一般的に良い感情線と呼ばれるのは、線が濃くはっきりしており、上向きにカーブして大きく伸びているもの。

この場合、愛情面での幸せを掴みやすいと言われています。

また、感情線の長さは愛情の深さを示しており、長すぎると独占欲が強かったり、短すぎると淡白な性格だとされています。

注意して見たいのは、感情線上に乱れがある場合。

ストレスが溜まった状態と言われることもあるため、意識的にストレス解消するようにしましょう。

4|運命線

【画像参照|簡単な手相の見方を伝授します

次は運命線について。

運命線は、中指の下あたりから、まっすぐ下に向かって伸びる直線を指します。

運命線は無いという人もめずらしくなく、その場合は出世に興味がなかったり、誰かに支えられて生きているタイプが多いようです。

一般的に良い運命線と呼ばれるのは、まっすぐ直線に下に伸びており、感情線を突き抜けているもの。

天下筋と呼ばれることもあり、早くから才能が開花しその成功が晩年まで続くと言われています。

また、運命線の位置にはポイントがあり、知能線よりも上で終わっていれば遅咲き、下で終わっていれば早咲きとされています。

さらに、中には運命線が複数あるという人も。

その場合は副業が成功したり、多方面で活躍できる人だと占うことができます。

5|太陽線

【画像参照|簡単な手相の見方を伝授します

次は太陽線について。

太陽線は、感情線の真ん中あたりから、薬指に向かってまっすぐ上向きに伸びている線を指します。

太陽線は人気者やスターの線だとされており、太陽線がある人はラッキーだと言われることも。

一般的に良い太陽線と呼ばれるのは、先端がフォークのように枝分かれているもの。

周囲から引き立てられ、人気者になる線だと言われています。

注意したいのは、太陽線に障害がある場合。

地位や名誉を失う可能性があることを暗示していると言われているため、この手相が見られる場合は足元を固めておくことをおすすめします。

6|財運線

【画像参照|簡単な手相の見方を伝授します

次は財運線について。

財運線は、小指の付け根の下あたりから、小指に向かって上向きに伸びている線を指します。

財運線はその人の財力を占うことができると言われており、中には財運線が無いという人もめずらしくありません。

逆に状態の悪い財運線はお金に困ることが多いと言われることもあり、それならば無い方が良いとされることも。

一般的に良い財運線と呼ばれるのは、運命線から分岐しているもの。

ビジネスや事業の成功によって、大きな利益を得ることができると言われています。

さらに、財運線が長ければ長いほど、より大きな富に恵まれる可能性が高いとされています。

反対に状態の悪い財運線は、障害線が入っているもの。

金運が安定しないことを意味しているため、自身の手相に見られる場合はお金の使い方に気をつけるようにしましょう。

7|結婚線

【画像参照|簡単な手相の見方を伝授します

最後に、結婚線について。

結婚線は、小指の下の手の側面から、親指側に向かって横に伸びている線を指します。

線の長さや向きによって、結婚の可能性や関心度、結婚時期の目安を占うことができます。

一般的に良い結婚線と呼ばれるのは、より長く伸びているもの。

結婚線が長い人ほど結婚生活が安定しやすく、短い人ほど結婚生活も短いと言われています。

結婚線が複数あるという場合は、その中でも1番上にある、はっきりした線を占うようにしましょう。

注意したいのは、結婚線に障害線があったり、枝分かれしていたり、途切れているもの。

結婚生活がうまくいかなかったり、別居婚である場合や結婚に対して消極的であることを意味しているため、縁談がある場合は慎重に考えてみることをおすすめします。

手相から読み取った情報はうまく活用しよう!

いかがでしたでしょうか。

女性が気になる手相占いの基本、7大線の占い方についてご紹介してきました。

手相は、先天的な運勢と後天的な運勢の両方を占うことができ、現状の自分を知り、迷った時のアドバイスとして活用したり、今後の判断のヒントとして活用することができます。

手相から読み取った情報で一喜一憂するのではなく、上手に活用していくようにしましょう!

もあキャリ女子のビジコミュ診断