毎日仕事を頑張っていると、時には少し嫌なことがあったり、煮詰まって疲れてしまったりすることもありますよね。

「あー何か気分転換したいな」と感じた時、長期の休暇を取って旅行をしたり、1日何もしない日をつくるなどのリフレッシュ方法はそう簡単にできるものではありません。

そこで、今回は仕事中に気分転換したいと思う瞬間、仕事中に簡単にできるリフレッシュ術5選についてまとめてみました。

仕事中に気分転換したい!そう思うのはどんなとき?

疲れて集中力が切れた時

「なぜか集中力が続かない..」

「頭が働かない…」

毎日忙しく働いていると、たまにはそんな時もあると思います。

実は、人が深い集中力を発揮できると言われているのはたったの15分。

集中力を持続しつづけるには、タイミングよく休憩を挟むことが必要なのです。

仕事で少し落ち込んでしまった時

「上司に怒られてやる気が出ない…」

「プロジェクトで思い通りの結果を出せなかった…」

仕事で落ち込んでしまった時、何か少し気分を切り替えなければ、目の前の業務にすぐ向き合うことは難しいですよね。

気持ちを切り替えて頑張るためにも、適度な気分転換は必要なのです。

眠気を感じた時

「眠気を感じてしまってどうにもならない…」

「昨夜きちんと寝たのに、寝ても寝ても眠い…」

季節の変わり目など体が疲れやすい時は、自分でも知らないうちに疲れが溜まっていることも多く、それが仕事中に眠気となってあらわれることも。

もちろん仕事中に寝るわけにはいかないため、何か眠気をさます方法を取る必要があります。

仕事中の気分転換におすすめ|働く女性のお手軽リフレッシュ術5選

仕事中の疲れをそのままにしておくと、「疲れを感じたまま集中できず時間だけが過ぎてしまった」と非常にもったいない事態になることも。

疲れを感じた時に手軽に気分転換できる方法を知っておくことで、集中力の持続につながったり、落ち込むことがあってもすぐ気持ちを切り替えて頑張ることができます。

これからご紹介するお手軽リフレッシュ術5選を実践して、キラキラ、イキイキと働きましょう!

1|カフェインで気分転換!コーヒーブレイク

コーヒーに含まれているカフェインには、脳の働きを活発にする効果があります。

また、コーヒーの香りにはリラックス効果も。

疲れを感じた時や集中できない時、コーヒーブレイクの時間を取ることで気分転換につながり、「また頑張ろう」と気持ちをリフレッシュできるはずです。

しかし、カフェインには覚醒作用があるため、飲み過ぎには注意しましょう。

2|脳に柔らかい刺激を!好きな音楽を聴く

音楽を聴くことには、ストレス解消効果があると言われています。

「少し集中できないな」と感じた時、自分の好きな音楽を聴いてみるのはいかがですか?

例えば、脳に刺激が足りないなと思った時にはアップテンポの音楽、気持ちを落ち着かせたい時にはクラシックやバラードなどを聴くのもよいですね。

もし自由に音楽を聴ける環境でないのであれば、頭の中で好きな音楽を再生するだけでもリフレッシュにつながります。

3|体を動かそう!外の空気を吸って散歩

デスクワークが続くと、どうしても眠たくなってしまったり、ダラダラしてしまうことも。

そんな時は、思い切って体を動かしましょう!

5分程度の短い時間でも、外の空気を吸って体を動かすことで良い気分転換につながります。

「外に出るのはちょっと…」という場合、自分の席から離れて少し社内を歩くだけでもリフレッシュできるはずです。

4|脳を活性化させよう!同僚とたわいない話をする

仕事に行き詰まったとき、気兼ねなく話せる同僚とたわいない話をすることもおすすめ。

肩の力を抜いて、一時的にでも仕事から離れることが良いリフレッシュにつながることもあります。

オフィスで話しにくい場合は、昼食の時間を有効活用するなどして、自分自身で頑張り過ぎない心がけをしてみましょう。

5|少し休息を取ろう!目を閉じて深呼吸

集中できず疲れを感じている状態というのは、脳からの「休みたい」というサイン。

そのため、視覚や聴覚を少し休ませることも必要です。

目を閉じて深呼吸するだけでも、深いリラックス効果を得られると言われています。

深呼吸の他にも、軽く伸びをしたり、手をマッサージすることなども効果的です。

疲れを感じた時には無理せず、仕事中に適度に疲れを解消することが大切なのです。

最後に|仕事中も上手にリフレッシュしてイキイキと働こう!

いかがでしたでしょうか。

仕事中に気分転換したいと思う瞬間、働く女性のお手軽リフレッシュ術5選についてご紹介してきました。

仕事で疲れを感じたり、行き詰まってしまうことは、日々頑張っている証拠。

効率よく働き、より成果を出すためにも、疲れを感じた時のリフレッシュ術を身につけておきましょう。