ライフハック

断捨離を取り入れて快適な生活を!クローゼットにある洋服の断捨離術をご紹介

断捨離を取り入れて快適な生活を!クローゼットにある洋服の断捨離術をご紹介

「気づけばクローゼットから洋服があふれている…!」

「欲しいと思って衝動買いした洋服、そういえば全然着ていない…」

なんてことはありませんか?

そんな時は「断捨離」の出番です。

革命的な片づけ術として近年注目されている断捨離。

クローゼットを衣替えする今の時期だからこそ、思い切って断捨離に取り組んでみましょう!

「断捨離」の本当の意味って?

実は、断捨離には「ものを捨てる」という意味以外にもさまざまな意味が含まれています。

本当の意味の断捨離とは、実は3つの意味を持っているのです。

「断」=入ってくる不要なものを断つ

「捨」=不要なものを整理して捨てる

「離」=ものへの執着から離れる

単にものを捨てるだけではなく、「これは自分にとって本当に必要なものなのか」という視点で持っているものを見つめ直すことを意味しています。

ポイントは、そもそもの「もの」への執着を減らすこと。

「あれもこれも」とついつい買いすぎてしまうのではなく、本当に必要なものしか身の回りに置かないことで、快適なライフスタイルを過ごすことができるとされています。

衣替えの季節!クローゼットの中の断捨離のすすめ

クローゼットの中身を入れ替える衣替えの季節は、断捨離をするにはぴったりのタイミング。

しかし、いざ「断捨離しよう!」と思っても、これまで持っていたものをいきなり捨てることは難しいかもしれません。

特に洋服好きの女性は多く、似たような服でも少しデザインが違っていたり、ワンポイントの違いでなかなか手放すことができないという人も。

まずは、自分が持っている服の量を把握するためにも、すべての洋服を目に見えるように出すことからはじめてみましょう。

自分が思っているよりも似たような服が多かったり、まったく着ていない服が見つかるかもしれません。

すべての洋服を出した後は、捨てるか残すかを決め、整理していく必要がありますね。

目の前のものが必要か不要かどうかを決める時は、今からご紹介する3つの基準で考えてみることをおすすめします。

その服必要?不要?見極める3つの基準

1|今シーズン着なかったもの

まずは「今シーズン着なかったもの」。

1シーズン着なかったものは、自分にとってそこまで必要じゃない服だったということ。

もちろんそのまま置いておけば、もしかすると来シーズン着るかもしれませんが、無くても困らないはずです。

さらに、来シーズンはまた洋服が増えて、余計に着なくなる可能性も。

着ていない服にクローゼットのスペースをとられるのは、非常にもったいないですよね。

クローゼットの無駄を減らすためにも、思い切って処分することをおすすめします。

どうしても思い切れない場合は、1シーズンではなく2シーズンなど捨てる期限を設けてみるのもおすすめです。

2|傷んでいるもの

次は「傷んでいるもの」。

毛玉ができていたり、袖がよれていたり、襟元が広がってしまっている洋服は、たとえデザインが気に入っていたとしても捨てることをおすすめします。

傷んでいる服を着続けるのであれば、新しく質の良いものを購入するようにしましょう。

Tシャツなどであれば、「部屋着として着る」という方法もあるかもしれませんが、すでに部屋着がある場合は必要ないはずです。

ある程度傷んでいる洋服も、思い切って処分するようにしましょう!

3|流行に乗って買ったもの

最後は「流行に乗って買ったもの」。

洋服はトレンドの移り変わりが早く、その時の流行に乗って買ったものはトレンドが過ぎると着なくなってしまうことがほとんど。

流行の服は、その時のトレンドに合わせて買い替えるのがベストです。

トレンドにはサイクルがあるため「捨てずに置いておけばいつか着る時が来るかも」と思っている人もいるかもしれませんが、その時には他のデザインが欲しくなっている可能性もあります。

余程気に入っているものでない限りは、思い切って処分することをおすすめします。

断捨離した後がポイント!新しく買う洋服の選び方

自分の持っている洋服の量を把握し、不要なものを処分して断捨離が成功した後は、その状態をキープし続けることが大切。

これまでと同じような感覚で洋服を購入していると「いつのまにかまた洋服があふれかえっていた…」なんてことも。

そうならないためにも、断捨離後からは、新しくものを買う基準を自分自身に設けることをおすすめします。

最後に、新しく買う洋服の選び方について2点、まとめてみました。

今持っている洋服よりも魅力的?

友人の買い物に付き添ったり、隙間時間で洋服を見たりしていると、ついつい欲しくなって買ってしまう経験、ありませんか?

「似たような服は持っているけど少しデザインが違っているし…」と迷った挙げ句、気づけば買ってしまっていた!なんて人も少なくないと思います。

無駄な買い物を防止するためにも、新しく洋服を買う時は「今持っているものより魅力的かどうか」という考えで判断することがおすすめです。

迷った場合は、一度保留にして、自宅に戻って考えてみるのも1つの方法。

「よく考えてみれば買わなくてよかった」ということもあるかもしれません。

質の良いものを迎えいれよう!

長く良い状態で着るためにも、質の良いものを選ぶことがおすすめです。

せっかく気に入ったデザインがあっても、何回か着ただけで裾が伸びてしまったり、傷んでしまったりするのはもったいないですよね。

デザイン性ももちろん大切ですが、質の良さも重視して洋服選びをするようにしましょう。

また、試着できるものは必ず試着してみることがおすすめ。

ちょっとサイズ感が気に入らなかったり、顔映りが良くなかったりすることで、いつしか着なくなってしまう服は意外と多いもの。

購入を決める前に、一度立ち止まって考えてみるようにしましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は、断捨離の本当の意味、洋服を断捨離するポイント、断捨離後に気をつけたいことについてご紹介してきました。

自分の部屋や身の回りのものが整理され、断捨離がうまくいくと、頭もスッキリしてなんだか気持ちもリフレッシュすることができますよね。

心地よく暮らすためにも、日常に「断捨離」を取り入れてみてはいかがですか?