ふわキャリ

【女性の職場あるある図鑑】「仕事を辞めたい!」って思った5つの瞬間

あなたは仕事辞めたいって思ったことありますか?

こんな仕事やってられない!!』という話や『明日は職場に行きたくない!』ということは誰しもあったりしますよね。

瞬間的な感情かもしれないですし、今まで少しづつ積もってきた感情かもしれませんが、一度や二度はあっても普通だと思います。

『この感情はワガママなのか?』と悩むことはありません!

今回は『仕事を辞めたい!』と思った瞬間を、働く女性の応援団モアキャリー編集部がまとめました!

他にもあるある!まとめてみてみる♪

『仕事を辞めたい』と思った瞬間!(01〜05)

01.『人間関係に限界……』

仕事を辞めたい理由で圧倒的に多いのは人間関係。

上司とのやり取りがうまくいかない、職場で陰口を言われている、職場の飲み会に誘われない、同僚との距離感が遠い……など、孤独感や疎外感を感じてしまうとつらいですよね。

人間関係を気にしないで仕事をすることができればベストですが、さまざまな人がいる職場では気にしないわけにはいきません。

特に仕事仲間は、長い時間を一緒に過ごすことが多いので、少しづつでも不満が積もりやすいのも事実かもしれません。

ただし、セクハラやパワハラが当たり前の環境になっているなど精神的にも体力的にも苦痛になるような環境であるならば辞めたいと思うことは当然だと思います。

02.『給料や評価に不満!!』

人間関係と同じくらい辞めたい理由となるのが『お金』や『評価』に関すること。

手当が全然ない、時給換算すると衝撃……など、『こんなに頑張っているのに』と思うこともあるかもしれません。

働くからにはできる限りお金も欲しいし、仕事も評価されたいですよね。一度ゆっくり時間を使って今後のキャリアに関して考えてみるのもいいかもしれません。

他の環境を考えたら、もしかしたら待遇面に少し不安があっても、今の環境で仕事がしたい理由が見つかるかもしれませんよね。

03.『仕事の内容が……』

仕事そのものを好きになれないと、「もっと自分にあっている仕事があるんじゃないか」と思うこともあるかもしれません。

毎日同じことをしなければいけない、売りたくないものを売らなければいけない、座る時間もなく立ちっぱなし、自分のミスが続いて自信をなくした……など、自分がその仕事に携わる意味を考えてしまいますよね。

人生のなかでも、仕事に関わる時間は長いです。それであれば、できることなら前向きな時間にしたいですよね。

好きなことを仕事にするということだげが成功法則ではありませんが、機会があればゆっくり考えてみたいところ。

「好き」を仕事にしたいひとは、こちらの記事もチェック!
好きを仕事にする!好きな仕事を見つける3つの方法

04.『労働時間・労働環境が悪い!!』

働き方改革、ワークライフバランスとはほど遠い現実……。長時間労働が当たり前のように続いてしまうと、「もうイヤだ」と思ってしまいます。

残業当たり前、終電の時間が毎日気になる、土日出勤あり、毎週出張、職場と家の往復の毎日……その生活に疲労困ぱい、ということもあるかもしれません。

仕事はやりがいあるけれど、気力より体力がもたないこを理由に辞めたいと思うことも少なくはないです。

仕事に費やす時間が多く、経験を積み上げることはできるけれども、体調が悪くなってしまったらどうしようもありません。

体調面で黄色信号が出ている場合は、一度ゆっくり時間を使って、将来的な働き方や、仕事との関わり方を考えてみてもいいかもしれませんね。

自分が自分らしく働いていくために、経験・スキルを棚卸ししよう!
自分らしく働きたいひとがおさえておくべき3つのこと

05.『社風が本当に合わない……』

「職場での当たり前」と、自身の価値観が合わないというケースも辞めたい理由になることもあります。

体育会系のノリと勢い、頻度が高い飲み会、新しいことにチャレンジできない、日常的に罵声が飛んでいる……結婚も仕事選びも、価値観のすり合わせが大切かもしれません。

多くの人で構成される職場では、もちろんある程度は受け入れなければいけないこともあるかでしょう。

ただし、こうした企業独自の社風が、今後の自分の成長を止めてしまう要因になるのはあまり良くないですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?

誰もが一度ならず何度も『仕事を辞めたい』と考えるものですよね。

ぜひ一度なぜ辞めたいと思ったのかを深く考える時間を持つことをおすすめします。

深く理由を考えていると、仕事の良さも同時に見えてくることもありますよ。

会社も職場も仕事そものものも、状況によって変化するものです。

1年前や3ヶ月前の状況と今の状況では違うこともありますよね。同様に3ヶ月後や一年後は大きく状況が変化する可能性だってあります。

目先のことももちろん大事ですが、中長期的に今後のキャリアを考える機会を持つことをおすすめします!!

一人の社会人として市場価値を高めていく、女性のキャリア設計
女性のキャリアは3年ごとに見直し!アップグレードする3つのポイント