ライフスタイル

買い物上手になりたい!買い物上手な女性が心がけている5つの〇〇って?

「買い物に出かけるといつもついつい買いすぎてしまう…」
「買ったはいいものの使っていないものがある」

買い物にまつわる、そんな経験はありませんか?

できることなら買い物上手になって、無駄を減らしたいですよね。

そこで今回は、無駄を減らす5つのルールをご紹介。

早速取りいれて買い物上手な女性を目指しましょう!

いきなりですが、あなたは買い物上手ですか?

自分自身の買い物スキルについて考えたことはありますか?

「迷って中々決められず結局購入しないことが多い」
「迷ったら買う!」
「予算は絶対にオーバーしない」

など、人によってさまざまな買い物の自分ルールがあると思います。

博報堂の生活総研が実施した「自分は買い物上手だと思うか」という調査では以下のような結果が出ていました。

ほとんどの女性がNOと回答

全体のうち、「自分は買い物上手だと思う」と回答した女性は14.8%と2割にも満たない結果。

ほとんどの女性が、買い物に何かしらの苦手意識を抱えているようです。

回答理由に多く見られたのは「衝動買いをしてしまう」「買ったものでもすぐに飽きてしまう」「予定よりも買いすぎてしまう」という声。

時には買い物自体を後悔してしまうなんてことも…。

買い物上手になって無駄を減らすには、どうすればよいのでしょうか。

買い物上手になって無駄を減らしたい!どうすれば?

実は、買い物上手な女性は5つの「〇〇」を心得ています。

自分自身と照らしあわせながら自分の買い物を見直し、今からご紹介する5つの「〇〇」を日々の買い物に取りいれてみましょう!

1|まずは〇〇を把握せよ

買い物上手な女性は、「今持っているもの」を把握しています。

「そんなの当たり前」と思う人もいるかもしれませんが、意外と忘れてしまいがちなところ。

買い物をして自宅に帰った時に、「そういえば似たような服があった」「買い置きしていたのを忘れてしまっていた」なんて経験はないでしょうか。

「まあでもせっかく買ったしいいや」と思うこともあるかもしれませんが、それは本来今必要のなかった出費。

ストックを最小限に抑える、無駄な買い物をしないためにも「今持っているもの」を把握することを徹底しましょう!

携帯のメモなどに記録しておき、いつでも見れる状態にしておくこともおすすめです。

2|迷っても…〇〇に惑わされないべし

「あれもほしいけどこれも気になる…」色々欲しいものがあると迷ってしまいますね。

ただ、買い物上手な女性は「安さ」に惑わされることがありません。

「お得だから」「安いから」「せっかくだから」とついつい無駄な衝動買いをしてしまうこともないのです。

それよりも、買いたいものの「質」や「価値」にこだわり、本当に欲しいものを見極め、かしこく買い物をしています。

たとえセール中だったとしても「安さ」に惑わされることなく、自分基準で買い物をするように心がけてみましょう!

3|自分で〇〇をつくらない

買い物上手な女性は、自分で「いつかのために」をつくりません。

そのため、「今なら3つで○円!」というまとめ買いや、「今は必要ないけど、いつか使うかもしれないから買っておこう」ということがないのです。

買い物をしていると、どうしてもお目当てのもの以外へも目が行きがち。

まとめ買い、いつか買いを経験したことのある女性はほとんどだと思います。

ただ、その安さやお得さのためにプラスしたアイテムは、果たして本当に必要なものでしょうか?

必要のない無駄な買い物を撲滅すべく、「いつかのために」をつくらないように心がけてみましょう!

4|あらかじめ〇〇を決めておくべし

「ふらっと入った店でついつい買ってしまった…」そんな経験はありませんか?

買い物上手な女性は、あらかじめ「いま欲しいもの」を決めています。

「特に欲しいものはないけど、ふらっと入った店でピンと来て購入!」これが積み重なると、計画性のない買い物癖がついてしまい、それはいつしか無駄な買い物に…。

あらかじめ、今欲しいものを決めておくことによって、買い物の時間も短縮することができ、欲しいものを購入できた時の満足感もアップします。

物欲が出てきた時は、雑誌やウェブサイトなどでお目当てのものをリサーチし、計画性のある買い物をしましょう!

5|〇〇を記録しておこう

買い物上手な女性は、「買ったもの」を目に見える形で記録しています。

「自分で買ったものくらい自分で覚えている」という人も中にはいるかもしれませんが、ほんの少しの買い物まできちんと把握できているでしょうか。

自分の買ったものを写真やメモなどに記録しておくことによって、出費を可視化することができます。

そのため「気づけば買いすぎていた!」という事態を防止することにつながるのです。

意外と、月末になって「私こんなに買い物したっけ…」と思うかもしれませんよ。

買い物ストレスを溜めるのはNG!大事なのはお金の使いどころ

ここまで、買い物上手な女性の5つの「〇〇」についてご紹介してきました。

5つすべてを取りいれて買い物上手な女性へと転身したいものですが、急に買い物を制限すると「買い物ストレス」が溜まってしまうことも。

「買い物上手を目指したことによってストレスが溜まってしまう」なんてことになると本末転倒ですよね。

そこで大切なのは「お金の使いどころを知っておく」こと。

最後に、買い物をする前に大切な1つのコツについてご紹介します。

自分の物欲を整理しておこう

「あれも欲しいしこれも欲しい」「そう言えばこれも欲しい」など、物欲はそう簡単にはおさまってくれないもの。

自分自身の物欲を整理し、上手に買い物をするためにも「欲しいものリスト」を作成してみましょう!

値段の高さや安さにこだわるのではなく、自分が純粋に今欲しいものをリストアップし、優先度をつけてみてください。

色々欲しいものがある中でも「本当に欲しい」ものに気づくことができるはずです。

欲しいものリストをいつでも見れる状態にしておくと「あ、私はこれが欲しかったんだ、こっちは今買うのをやめておこう」と無駄な買い物を防ぐこともできます。

欲しいものから買う習慣を身につけることで、買い物ストレスも溜めることなく、上手に買い物ができるようになりますよ。

最後に

いかがでしたでしょうか。

買い物上手な女性が意識している5つの「〇〇」についてご紹介してきました。

買い物をしているとついつい楽しくなってきて「あれもこれも」と買ってしまいがちですが、1番避けたいのは無駄な買い物ですよね。

買い物上手になるには、いま自分が本当に欲しいものを見極め、自分自身を律する努力が必要です。

ぜひ、今回ご紹介した5つの「〇〇」を日常の意識にプラスしてみてくださいね!