もあキャリ

週初めは○○を、週半ばは○○を意識するとストレスオフに!

働く女性のなかには、日々積み重なるストレスと戦っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。もしかしたら家に帰り、ふと「わたし疲れているかも」と思われる方もいるかもしれません。

働き方改革は多くの企業で進みつつあり、ワークライフバランスも見直されるようになってきていますが、まだまだ道半ばです。

このような新しい時代への過渡期にも、いきいきと働く女性は多くなってきました。

20~69歳の女性7万人を対象に行ったオフラボの調査では、「ココロの体力測定2017」から低ストレス者と高ストレス者の行動の違いを曜日別に分析されています。

下記にその差異をまとめてみました。ストレスフリーの日常を手に入れたい方は、ぜひ参考にしてみてください♪

似たような日常行動でも「入浴」は変わらず、「睡眠」でストレスレベルに差

まず、ストレスレベル・曜日に関わらず心がけている人が多いのが、「湯船に浸かる」こと。低ストレス女性も高ストレス女性も共に5割以上と、毎日の入浴への意識が高いことがわかります。

次に、ストレスレベルで差がついたものに注目したところ「睡眠を7時間以上とる」と答えた高ストレス女性は、平日では軒並み20%以下だったのに対し、低ストレス女性は30%以上。とくに、週半ばである水曜日と木曜日の睡眠を意識している人は、高ストレス女性が20%以下だったのに対し、低ストレス女性は半数近くになりました。

「夕食を家族ととる」も、全体的に10ポイント程度低ストレス女性の方が実施率が高い結果となり、「仕事」は平日に大差はないものの、週末の高ストレス女性の実施率が低ストレス女性を顕著に上回っています。シフトワーカーの女性もいるかもしれませんが、仕事を持ち帰っている女性も多いことがわかります。

週初めの月曜日は健康的に、水・木曜日は趣味や睡眠でリラックスがストレスオフに

自分の時間の使い方も、曜日ごとに調査されています。

低ストレス女性は、週の初めを「ジム」「お酒を飲まない」「セルフケアに時間を割く」といった健康的に時間にあてており、週の半ばは「趣味」、平日最後の金曜日は「異性とのスキンシップ」「デート」とメリハリのある印象です。

一方、高ストレス女性で目立ったのは、週を通しての「ストレス発散の食事」の高さで、とくに火~金曜は、低ストレス女性の倍近くのポイント数でした。

日常の基本行動で、週を通して低ストレス女性の実施率が高かった「入浴」「家族と夕食」も、平日では月曜日が一番高かったこと。そして、水・木曜日の「睡眠」への意識を併せてみると、ストレスオフの鍵は週初めの月曜日と週半ばの水・木曜日の過ごし方にあると言えそうです。

過ごし方にメリハリをつけることでストレスオフに!

2つの調査結果からわかることは、「低ストレス女性は週の過ごし方にメリハリをつけている」ということ。

低ストレス女性は、特に週初めの月曜日に「入浴」「家族と夕食」というリラックスする時間を設け、また週半ばの水曜日・木曜日は良質な「睡眠」を心がけていることからも、意識的に過ごし方を工夫し、自分にとってプラスになる習慣を取り入れているのがうかがえます。

これからは、さらに長時間労働を削減し、短時間の間に仕事の成果を出すことが求められ、かつプライベートが充実することで仕事へのモチベーションアップも期待されています。

ストレスフリーな日常は、意識的に「入浴」「睡眠」「複数人での夕食」など生活習慣を余裕のあるものにすることから始まるのかもしれません。

日々のお仕事で忙しくしている方も多いかと思いますが、ストレス発散のための暴飲暴食には気をつけましょう!