ライフスタイル

ストレスフリーな毎日へ。働く女性が今日から実践できるストレス解消方法!

ストレスフリーな毎日へ。働く女性が今日から実践できるストレス解消方法!

皆さんは、どんなストレス解消方法が「今の自分」に合うか知っていますか?

夫婦で共働きをする家庭が増えてきた近年、女性のストレスが溜まる原因は

”家庭”だけでなく”仕事”にもあるかもしれません。

毎日が忙しく、短時間で簡単にストレスを解消したいと思う女性も多いのではないでしょうか。

イキイキとした毎日が過ごせるように、ストレスの原因や、その効果的な解消法についてご紹介していきます。

男性よりもストレスを感じている女性たち

普段の生活の中でほとんどの人が何かしらのストレスを感じています。

総務省のデータによると、

2018年の働く女性の割合が過去最高の68.5%となっています。

妻であり、母親であり、働き手であり、女性は普段の生活の中でもあらゆる役割をこなしています。

ストレスを溜め込んでしまうと、だるさや疲れが取れずに体力が消耗してしまうことも。

まずは、自己分析を通して日々のストレスの原因を把握し、自分にあった解決法を考えてみることが大切です。

そもそもストレスって何か知っていますか?

「ストレス」という言葉は、日常生活でよく耳にする言葉です。

「ストレス」とは、環境などの外からの刺激に対し、心や身体に負担がかかってしまう状態のことです。

また、その要因のことを「ストレッサー」と呼びます。

ストレスによる心身への負担は、さまざまな反応を起こし、頭痛や不眠、イライラ感などの症状としてあらわれます。

しかし、こうしたストレス反応や心身への影響を視覚的に捉えることは難しく、個人差も大きいため、自分が感じているストレスを他人に理解してもらうことは難しいこともあります。

すぐにイライラしてしまう…その理由は?

女性がストレスを感じる主な原因は具体的に何なのでしょうか?

ストレスを解消する上で最も大切なことは、自分のストレスの原因を認識することとされています。

ここでは女性がストレスを感じがちな要因を4つご紹介します。

1.風邪や生理などの体調不良

女性の身体はデリケートで、体調によってストレスを感じやすくなってしまうこともめずらしくありません。

女性ホルモンの乱れにより、生理痛が酷くなる、生理不順、無月経やなどストレスによる影響を受けやすいものです。

症状が続く場合は、念のため婦人科に相談してみましょう。

2.環境

ストレスの原因に思い当たる節がない方、もしかしたら環境が原因かもしれません。

蒸し蒸しとした暑さや凍るような寒さ、カサカサと肌を乾燥させる気候。

これにより知らない間にストレスを溜めているかもしれません。

この環境によるストレスが体調を崩す原因にもなりかねないため、衣類で調整するなどの対策をすることが大切です。

3.仕事

仕事についてストレスを感じる現代人は多くいます。

職場に行くまでの満員電車、拘束時間が長くプライベートな時間が持てないないなどの働き方、やりがいを感じられない仕事内容など、ストレスの根本原因はさまざまです。

また、家庭を持つ方の多くは

「生活を維持するためにも仕事を辞められない」

という義務感がストレスとなってしまうこともあります。

4.人間関係

生活の中で、切っても切り離せないのが人間関係です。

時には、自分の気持ちを抑えて周りに合わせなければならず、知らず知らずのうちに我慢をしてしまうこともあるでしょう。

こうした我慢もストレス要因になることもあります。

人間関係のストレスは、根本的な解決が難しい場合も多く、ストレスを溜めずにこまめに発散することが大切です。

こんな症状に要注意!その症状はストレスからのサインかも?

ストレスを原因とした症状には、さまざまなものがあります。

例えば「体調」。胃痛や頭痛、不眠、めまいなどが主な症例ですが、食欲の減退や増進が起こることもあります。

また、気分が落ち込んだり、やる気が出なかったり、判断力が低下するなど、「気持ち」に変化を感じることもあるようです。

こうした気持ちの変化により、行動にも影響が出ることも。お酒やタバコの量が増えたり、買い物やギャンブルなどの消費行動が激しくなったりするなど、ストレス反応は多岐に及びます。

「いつか良くなるだろう」と放っておいてしまうと、逆に症状が悪化してしまうこともあるため、不安に感じたら早めに心療内科や精神科に相談してみましょう。

ストレスを解消するにはどうしたらいい?

近年では、メンタルヘルス対策を含む働き方改革の視点が注目されています。

社員の疲労軽減を目的に、オフィスにリフレッシュルームやパワーナップと呼ばれる仮眠制度を設ける企業も増えてきているようです。

しかし、こうした福利厚生でも完璧に整っている企業は少なく、日々のストレスや仕事の疲れに悩む人が多いのも現状です。

毎日の中で、できる限りお金も時間もかけずに、ストレス発散ができたらうれしいですよね。

そんな女性のために、ここでは簡単にストレスを解消できる方法と仕事の合間に使えるストレス解消グッズをご紹介します。

今からできる!ストレス解消方法3選

1.「運動」

運動することで体がリラックスし、寝つきも良くなります。

身体を動かすことで、脳の中で「幸福感を与えるホルモン」「精神の安定や安らぎを与えてくれるホルモン」が分泌され、体力増強にもつながり、免疫力も上がります。

ウォーキングやジョギング、または趣味としてヨガなどできることからはじめてみてはいかがでしょうか。

2.「深呼吸」

深呼吸は副交感神経の働きが強くなり、快眠、疲労回復、血液の循環、代謝アップにつながります。

簡単で効果的な呼吸方法としては、仕事の合間など「疲れた」と感じた際に、ゆっくりとした深い呼吸を10回ほどおこないます。

短時間でも取り入れることができるので、日常的に深い呼吸を繰り返し、リラックスできるよう習慣化できるといいですね。

3.「ツボ押し」

今すぐできるツボ押しの場所は、「神門」と「百会」の2つです。

1つ目の神門(しんもん)は、小指側の手首の付け根にあります。

このツボを押すことにより、イライラや不安感が強い際に精神的な緊張をほぐす効果があります。

2つ目の百会(ひゃくえ)は、両耳を頭の上を経由して結んだ点と、鼻から後頭部を結んだ線が交わるところにあります。

疲れが取れない、眠れない、頭が痛い時に効果的なツボです。

会社でも使える!ストレス解消グッズ3選

1.カオマル

表情豊かで思わず握りたくなる「CAOMARU」。

触るたびに変化する表情を見ているだけで悩みやストレスも吹き飛びます。また優しい手触りと握った際の感触に夢中になってしまいそうですね。

種類も豊富で可愛いためデスクに置くだけでも癒されそうですね。

▶︎気になる方はこちらをチェック♪

2.LA・VIE(ラ・ヴィ)やわこ

仕事の合間にリフレッシュ!

テニスボールのような硬さでツボに押し当ててほぐすアイテムです。

背中や腰、お尻、もも裏などさまざまな部位に使え、簡単にセルフマッサージができます。

また、持ち帰って家で寝転がって首や腰のコリほぐしができる他、背中やお尻もコリほぐせるので1つあると良いですね。

▶︎気になる方はこちらをチェック♪

3.ギミックキューブ

ストレス解消ができるギミックキューブ。6面すべてに手遊びのギミックを備えたキューブ型のシンプルなおもちゃ。

無意識にペン回しなど手癖がある方の改善方法としても、休憩中に無心で行うことでストレス解消にもなります。

▶︎気になる方はこちらをチェック♪

おわりに

いかがでしたでしょうか。

ストレス社会といわれる現在、女性がストレスを感じる原因は幅広くあります。

そのため、自分自身に合ったストレス解消方法を身につけて、上手にストレスとつき合っていくことが大切です。

今回ご紹介したものはすぐにできるものばかり。

間違ったストレス発散方法に頼らず、自分も楽しくストレス発散できる方法を身につけていってくださいね!