きらキャリ

30代女性でも転職できる?モデルケースに見る成功の秘訣とは

30代にして転職を考えるとき、キャリア選択のタイミングとして適しているのか不安になりますよね。

女性の転職は20代までと聞くけど本当なのか。
結婚・出産・育児などのライフイベントをひかえている女性は、転職しづらいのか。

はたして実際のところはどうなのでしょうか。

今回は、30代女性のリアルな転職事情をお届けします。

転職理由ときっかけ

一般的な転職理由は?

転職理由はさまざまですが、30代の転職理由で多いのは下記の理由です。

転職理由第1位の「ほかにやりたい仕事がある」という理由は、20代でも変わらずの1位。一方「会社の将来性に不安」があるという回答が、30代になると第2位に浮上してきます。

30代になるとビジネスや事業運営の点で視座が上がり、こうした経営に関わる点が転職理由として多くなっていると考えられます。

30代女性はどんなきっかけで転職を考える人が多いのか

30代女性が転職を考えるきっかけはどんなものなのでしょうか。

実際のリアルな声を拾ってみると、人間関係や職場環境などの悩み、給与と責任の重さの不均衡への不満、キャリアアップなど将来を考えて、などがありました。

30代となると、独身であっても先々のライフプランを考える方も多いでしょう。転職を思い立つきっかけがなんであれ、具体的に転職を考えていくのであれば、将来の自分自身にプラスとなるよう、しっかり考えて臨みたいところです。

転職検討時に注意すべきこと(30代女性が求められること)

30代の女性が応募者として転職面接に臨んだ時、採用側に懸念とされやすいのがライフプランのこと。採用側としては、先々を見込んで入社してもらったとしても、「結婚や出産を機に退職されてしまったら困る」という思いは払拭しきれません。

転職を決意するのであれば、事前準備・採用面接対策として、注意して取り組みたいことを考えてみましょう。

30代転職者として求められること

女性であっても、男性であっても、「30代転職者」として求められることは変わりません。言葉を変えれば、期待されていることです。

下記にあげる項目を見つめ直し、今まで取り組んできたこと、自分自身ができることを当てはめてみましょう。また同時に、将来はどうなっていきたいかを棚卸しをしてみましょう。

  1. 即戦力
    転職者は社会人の基礎スキルやビジネスマナーなどが備わっている点で、新卒社員と違い、現場ですぐに仕事に取り組んでくれることを期待されています。また、業務内容を把握し、短期間で成果につなげることも求められます。
  2. 管理能力・マネジメント能力
    30代後半の転職となると、マネジメントや組織管理における能力にも期待されます。リーダーやマネージャーとして組織を率いた経験があると、より転職成功しやすくなります。
  3. チャレンジ精神
    20代の転職時にも同じように求められますが、特に30代になると、これまでの経験から自分のやり方に固執してしまいがちです。「転職先の新しい職場環境で、今までのスキルが通用しない」なんてこともよくあります。何ごとにも積極的に取り組む、学びにいく姿勢を持っていることは、年齢に限らず大切なことなのです。
  4. 順応性
    どんな企業でも大切にしている共通の価値観(理念や行動指針など)や、社内文化があります。長らく社会人生活を送ってきた30代だからこそ、いざ入社してみると違和感に感じることもあるかもしれません。そんな時でも新しい文化を許容し、必要であれば変えていくことも、30代転職者には求められることです。

ライフキャリアをどう描いているか

転職候補者が30代女性の場合、採用担当者がどうしても気になってしまうのが、ライフキャリアの考え方。

ライフイベント(結婚、出産など)の予定はあるか、仕事と家庭をどう両立していきたいかなどをポジティブな目線で伝えられるよう準備しておくといいでしょう。

ライフイベントの予定がなかったとしても、将来どう仕事と両立していきたいかなど、どのようにライフプランを描いているかを伝えられるように準備しておくといいでしょう。

未経験でも転職できる?

30代転職で未経験職に就くことは可能なのでしょうか。

答えはイエスです。

実際に未経験職への転職を成功させた事例をご紹介します。

Case 01|パティシエから事務、そして営業に

ひたすら仕事に夢中だった10年。30歳を過ぎて、ふと、今までのようながむしゃらさだけでは体力が持たなくなってきたことを感じました。「待遇」「勤務時間」「会社の安定性」など、転職サイトで条件を入れて、1社1社丁寧に調べていきました。未経験からの営業デビュー。職種は変わっても”今自分に出来ること”を大切に。何も分からないところからのスタートでしたが、先輩方の丁寧なサポートのおかげですっかり仕事になれました。

【出展】わたしの転職体験記

Case 02|未経験だからこそ「仕事への考え方」が重要

7年勤めた銀行。経営統合により給与が大きく減ることになり転職を決意。初めての転職活動。転職活動は基本的に一人で行なうものだから、ちょっとしたことで落ち込んでしまうことも。だからこそ、そんな周囲の言葉にとても救われました。姉や友人など転職経験者からアドバイスをもらって自分の経験やスキルを整理。自分が仕事をする上で大事にしていること、こんな環境で取り組みたいと思っていることが会社の考えと合っていたのかなと思います。未経験募集であればなおのこと、「仕事への考え方」が重要になってくるのでしょうね。

【出展】わたしの転職体験記

未経験職種への挑戦で大切なこと

未経験の職種へ転職するのであれば、より力を入れて自己理解・自己分析に取り組みましょう。

なぜ未経験の職種へ挑戦をしたいのか、業務の中で今までの経験が活かせるスキルがないかなど、今までの経験と取り組みをしっかりと振り返り、棚卸しをすることをおすすめします。

転職にあたり準備すべきこと

前述の【30代転職者が求められること】【ライフキャリアをどう描いているか】の2点を押さえつつ、今一度自分自身の経験、体験、その体験の中で感じたことを整理してみましょう。

振り返りを行う中で、自分自身の価値観、興味、能力、環境を明らかにしていくことが大切です。

自己理解・自己分析のやり方については、こちらの記事も参考にしてみてください。

30代前後女性の転職、自己分析はなにから始めればいい?まず取り組みたい3つのこと
▶︎https://www.morecareee.jp/media/jikobunseki-f-0418

最後に

いかがでしたでしょうか。

30代女性の転職は、自己理解・自己分析に取り組み、市場でどのような役割・考え方が求められているかを把握することで、成功に導くことができます。

「タイミング逃した!」と思う必要はありません。

これまでの自分の経験を振り返りながら、ひとつひとつを自信に変えて、転職活動に踏み出していただければ幸いです。