もあキャリ

女性が頼れる転職エージェント特徴比較|転職成功の秘訣は?

はじめての転職を考えている方、また過去に転職に失敗した方とって、転職エージェントを利用することは、不安を解消し納得のいく転職活動にするための一つの手段です。

特に、これから結婚・出産・育児・介護などさまざまなライフステージをむかえることになる読者のみなさんにとって、こうしたステージを経験している人を頼りにしたい、転職活動中の悩みについて女性の気持ちを理解してくれる人に相談したい、選考企業に直接聞きづらい社内制度やその実情まで知りたい、と思うこともあると思います。

今回は、女性が転職活動で頼れる転職エージェントのご紹介から、利用メリットとデメリット、選び方、利用する際の注意点をまとめました。

女性が転職エージェントを利用するメリットとデメリット

まずは女性にとって転職エージェントを利用するメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

  • 転職活動のパートナーができ、かつ無料でサービスを受けることができる
    転職活動全般の相談にのってくれる人ができることが一番のメリットです。かつそのサービスを無料で受けることができます。転職活動は孤独な戦いになりがちですが、求人紹介や面接対策など転職活動全般のアドバイスをもらうことができますし、働き方やキャリアについてのちょっとした相談にものってもらえます。
  • ニーズにあった求人を探してもらえる(非公開求人も多数)
    忙しく働く女性の日常は時間に余裕がありません。現在の仕事も忙しいなか、多数存在する求人サイトから自分ひとりで求人を探すことは、手間と時間がかかります。転職エージェントは大量の求人データベースを持っており、なかには非公開求人も多数あります。ひとりで転職活動するよりも、効率的に自分に合ったより多くの求人を見つけることが可能です。

  • 自分の代わりに聞きづらいこと確認したり、交渉してもらえる
    女性の場合、給与や入社時期の他に、産休育休制度や育児サポート支援の整備、時短勤務の事例があるかなど、気になる点がありますよね。
    でも、直接面接官に聞きたいことがあっても、選考を受けている間は聞きづらくて遠慮してしまいがちです。転職エージェントを利用していれば、そういった聞きづらいことを打ち明けることができ、代わりに確認してくれたり、交渉してくれることもあります。ひとりで悶々と悩むより問題が早く解決し、納得した決断を出すことができるでしょう。

デメリット

  • 自信があったとしても、自己応募のライバルがいたら不利になることがある
    企業は転職エージェント経由で人材を採用した場合、手数料を支払うことになります。したがって、同じスキル・条件の候補者が自己応募で選考に進んでいた場合、自己応募が有利になってしまうことも。
    場合によっては、転職エージェントに相談しながらも、転職サイトなどを通じて自己応募をしてみることも手段のひとつです。
  • 学歴や社歴フィルターにかけられることがある
    転職エージェントのビジネスは求職者が内定承諾になって初めて売上が発生します。したがって、内定がとれる可能性が高い求人から探すこともあり、応募者の学歴や社歴でフィルターをかけて求人を絞り込むことも。どうしてもチャレンジしたい求人や自分の希望キャリアやスキルなど、こだわりがはっきりしている場合は、自己応募をしてみることも視野に入れましょう。

女性におすすめな転職エージェントの選び方と注意するポイント

女性が頼れる転職エージェントの選び方、注意したいポイントをご紹介します。

転職エージェントの選び方

  1. 女性のアドバイザーが在籍し、かつライフイベントを経験している
    20代後半から30代前半で女性が転職を考えるとき、結婚や出産などキャリアの中断を見越した転職を検討することが多いといえます。このとき同性であり、ライフイベントを経験したアドバイザーの存在は、先々の働き方を含めて相談ができますし、気持ちを汲み取ってもらえて安心です。
  2. 利用者からの評判が良いか
    女性の転職に特化した転職エージェントも、そうでない場合も、利用者の評判が良いかどうかは確認しておくといいでしょう。
    女性向けの求人があるか、アドバイザーは親身に相談にのってくれるか、面接ノウハウがあるかなど利用者の声を確認しましょう。
  3. 女性活躍推進企業など多数の女性向け求人を保有しているか
    女性活躍推進企業の紹介がある、管理職募集求人がある、ライフワークバランスにこだわれる求人がある、育児休業・支援制度のある企業の紹介があるなど女性の活躍が見込まれる求人を多く保有している転職エージェントを利用するといいでしょう。
  4. 女性の転職に特化したコンテンツがある
    女性の転職支援に注力している転職エージェントほど、女性に特化した求人サイトも設けています。求人検索や面接ノウハウなどでも、女性特有のポイントやライフスタイル事例などを掲載している場合も多くありますので、ぜひ参考にしてみましょう。

注意したいポイント

  1. 2・3社程度の転職エージェントに登録する
    担当アドバイザーと相性が合えば問題はありませんが、相性が悪いこともあります。不満を感じた場合は、我慢せずに担当変更の依頼をしましょう。また、的外れな求人を紹介されることがあった場合も、希望条件と転職エージェントが保有する求人との噛み合わせが悪いこともあるため、別の転職エージェントに変更することも一つの手段です。比較ができるように2・3社同じタイミングで登録することをおすすめします。
  2. 口コミサイトで紹介されて求人の実態を調べる
    産休・育休の取得率や時短勤務の事例など、アドバイザーから説明を受けたことがすべて正しいとは限りません。もし少しでも不安があれば実際に口コミサイトで確認することをおすすめします。
    Vokersは、社員・元社員から独自に収集した「年収・待遇」や「職場環境」の評価・レビューを共有する口コミサイトですので、ぜひ参考にしてみましょう。

女性が頼れる転職エージェントはここ!

総合型転職エージェント

01|パソナキャリア

人材企業としてはめずらしく女性社員の比率が高く、管理職も半数が女性で、社内外を含めて女性活躍に真剣に取り組んでいるのがパソナキャリアです。

大手の中でも特にキャリアコンサルタントが親身で、女性からの評判が非常に高い総合転職エージェントです。

項目 詳細
サービス名 Woman CAREER
求人保有数 16000社と取引し、うち1700社が上場企業
求人職種 職種がバランスよく揃っていてオールマイティ
女性アドバイザー 在籍
サポート力 相談・履歴書・面接対策に定評
こんな方にはおすすめ! 転職活動が初めて方
産休・育休明けなどブランクのある方
幅広い職種をみたい方
パソナキャリア Woman: http://www.w-career.jp

02|マイナビエージェント

求人の7割が関東圏に集中していますが、求人数の豊富さや書類通過率の高さから、転職活動を再度行うときも、リピートしたい転職エージェントとして定評があるのがマイナビエージェントです。

パソナキャリアと並ぶほど女性からの評判が年々高まっている総合転職エージェントで、特に20代の女性に支持されています。

項目 詳細
サービス名 マイナビエージェント
求人保有数 20000社
求人職種 IT・営業・経営管理部門が多いものの、職種の偏りなくバランスが取れている
女性アドバイザー 在籍
サポート力 パソナ同様サポートに定評があり、業界別にアドバイザーがいるため情報量や専門性に長けている
こんな方にはおすすめ! 転職活動が初めてで自信がない方
企業の詳細な情報や業界の情報を多く収集したい方
20代の方
マイナビエージェント:https://mynavi-agent.jp/womanwill

03|DODA

国内第2位の求人保有数を誇り、幅広いニーズに応えられる転職エージェントがDODAです。求人数が豊富で企業の情報も蓄積されており、福利厚生や産休・育休についての情報も知ることができます。

サポートの一環として女性向けのイベントも開催しており、女性の転職で押さえたいポイントや面接手法などのノウハウを知ることができる「女性のための転職フェア」や、実際のキャリア形成例を学べる「Woman’s  Career Meeting」があります。

利用者に女性も多く、転職に至った女性の割合も高いため、総合転職エージェントですが、女性が利用して損はありません。

項目 詳細
サービス名 Woman Career
求人保有数 120000社で国内第2位の求人保有数
求人職種 全職種を網羅
女性アドバイザー 在籍
サポート力 個人面談やイベントを通した面接対策やキャリア形成など幅広いサポート体制
こんな方にはおすすめ! 多くの求人の中から見定めたい方
DODA  Woman Career:https://doda.jp/woman

04|type 女性の転職エージェント

「@type」や「女の転職」といった求人メディアで有名なキャリアデザインセンターが運営している転職エージェントです。

「女の転職」求人サイトは20代女性からの認知度が高く、求人数や情報量も豊富で併用してサービスを利用することも可能です。

また、「年収アップを目指す人のための相談会」や「離職している人のための相談会」「自分にベストな働き方を知りたい人のための相談会」などテーマ別の相談会が行われています。

項目 詳細
サービス名 type 女の転職 エージェント
求人保有数 13000社
求人職種 サービス・販売・営業・事務・クリエイティブなど比較的幅広いが関東圏に集中
女性アドバイザー 在籍
サポート力 面接対策のサポートや年収アップに定評。土日の面談も実施しているため、平日忙しい方も利用ができます。業界別にアドバイザーがいるため情報量や専門性に長けている。
こんな方にはおすすめ! 平日仕事が忙しくエージェントに行けない方
年収アップを希望される方
20代女性
type 女性の転職 エージェント:https://woman-agent.type.jp

女性特化型転職エージェント

05|リブズパートナーズ(LiB)

年収400万円以上の女性に限定していますが、ワークライフバランスを保ちながらキャリアを積みあげてきたい女性のために、こだわった求人を揃えているのがリブズパートナーズです。

転職成功だけでなく、女性がライフとキャリアの両立を叶える「自己実現」をゴールとしている女性特化の転職エージェントです。

LiBz CAREER(リブズキャリア)という、女性のハイキャリア専門の会員制サービスも展開しています。

項目 詳細
サービス名 LiBz PARTNERS
求人保有数 2000社と業界内では少ないものの大手からベンチャーまで揃っている。また、厳選した求人を揃えている。
求人職種 営業職を中心としたハイキャリア層向け
女性アドバイザー 在籍
サポート力 理想のキャリアを一緒にプランニングしてもらうことからサービスを受けることができる。求人紹介・面接対策のサポートもきめ細かいと定評。
こんな方にはおすすめ! 産休・育休明けなどブランクのある方
年収400万以上の女性の方

06|スマートキャリア

これまでのスキルや経験を活かして、週3日や週4日など少ない勤務日数や、時短と呼ばれる1日5時間や6時間など短い勤務時間で働けるお仕事を紹介してもらえます。正社員や契約社員、派遣など、さまざまな雇用形態での仕事探しが可能です。

時短勤務でも非常に高時給など好条件なエグゼクティブ求人を紹介しています。

項目 詳細
サービス名 スマートキャリア
求人保有数 300社程度と業界内で少なめ
求人職種 事務・企画管理・クリエイティブ・ITなど偏りがある
女性アドバイザー 在籍
サポート力 理想とする『働き方』や『将来のライフスタイル』に焦点を当てたキャリアカウンセリング・転職支援を実施
こんな方にはおすすめ! 結婚・出産してもキャリアアップしたい女性
「働きやすさ」や「公平な評価」に重きをおいた転職を希望する女性
スマートキャリア:https://smartcareer.b-stylejob.jp

専門型転職エージェント

07|MS-Japan

管理部門、会計士、弁護士など専門職種に特化した女性向けの転職エージェントサービスがMS-Japan for Womanです。

管理部門と、会計事務所や監査法人等の会計スペシャリストに特化した転職エージェントでは業界トップの実績を誇ります。

専門分野でキャリア形成した女性が、ライフワークバランスを保ちながらさらにスキルアップしたいと考える女性を支援しています。

項目 詳細
サービス名 MS-Japan for Woman
求人保有数 公開求人2000社(※非公開求人数は不明)
求人職種 公認会計士・弁護士・税理士・USCPA・会計事務所・監査法人
経理・財務・法務・人事・総務・経営企画・IR・広報・秘書に特化
女性アドバイザー 在籍
サポート力 高い専門知識をもったアドバイザーが600名在籍。
高いマッチングを実現しているため、内定率も高い。
こんな方にはおすすめ! 管理部門・専門職のスキルをさらに高めたい方
産休・育休明けなどブランクのある方

30代女性
MS-Japan for Woman:https://www.jmsc.co.jp/woman/lp

08|ワークポート

「IT分野に特化した転職エージェント」として有名なのがワークポートです。現在は、営業や企画、マーケティング系、モノづくりエンジニア、管理・事務などと、非常に幅広い分野の転職にむけての求人情報を展開しています。

項目 詳細
サービス名 女性の転職相談
求人保有数 19000社
求人職種 WEB・エンジニア・クリエイターといったIT・WEB・ゲーム分野の職種から、営業・事務も揃えている
女性アドバイザー 在籍
サポート力 求人紹介数・情報量が豊富で、対応スピードの早さに定評
こんな方にはおすすめ! 短期の転職活動をしたい方
女性の転職相談:https://www.workport.co.jp/women

最後に

いかがでしたでしょうか。

モアキャリー読者の20代・30代の女性は、キャリアアップや年収アップだけでなく、今後のライフイベントも含めて転職活動をしたい、と考えていらっしゃる方が非常に多くいらっしゃいます。

今回ご紹介した、転職エージェントを利用するメリット・デメリット、転職エージェントの選び方・注意ポイントなどを参考にしながら、ご自身の転職活動の手段を考えてみてください。

転職とは人生の転機。上手く利用できることは利用し、新しい自分づくりに役立てていただけると嬉しいです。