ふわキャリ

はじめての転職面接!女性はどんな服装でいくのが好印象?

はじめての転職面接。どんな服装で行くべきか気になりますよね。

新卒の就職活動のようにリクルートスーツで行くべきなのか、または普段会社に着ていくようなオフィスカジュアルで行ってもいいものか……。

今回は、チェックしておきたい転職面接の服選びの基準についてご紹介します。

転職面接の服装選びでおさえるべきはこの3点!

転職面接の服装選びで大切なことは、面接官にどんな印象を与えるかです。

「メラビアンの法則」によると、第一印象が決まる時間は3~5秒とされています。

そして、この第一印象に影響を与える要素の割合は【言語情報7%】【聴覚情報38%】【視覚情報55%】です。

こうしてみると、視覚情報である服装に気を配ることは、転職を成功に導く上で、とても重要なポイントです。

【ポイント1】清潔感

まず、何よりも大切なのが清潔感です。

清潔感は、相手を不快にしないための最低限のマナーであり、相手に信頼感を与える大切な要素です。

例えば、サイズのあった服をチョイスすること。

サイズのあった服をキレイに着こなしている人と、よれよれでダボついた服を着ている人であれば、前者の人のほうが一緒に仕事をしたくなりますよね。

また、シワのない洋服であることも大切です。

最近はシワ感のある服をオシャレに着こなす方もいますが、転職面接の際は清潔感がないと誤解を生んでしまう可能性もあるため、極力避けるほうが無難です。

上記の理由で、ジャケットは着用したほうが

清潔感は服装だけではなく、下記のような「身だしなみ」も大切ですので、ぜひチェックしてみましょう。

清潔感を印象づけるために注意したいポイント
  • 爪を伸ばしすぎない・派手すぎなネイルアートは避ける
  • 髪はクシを通して、整える
  • 歯の清潔さ
  • ナチュラルメイクを心がける・派手なメイクは避ける
  • 香水・たばこのにおいは強くなりすぎないよう気をつける
  • ヒールのかかとは修繕しておく
  • お肌の乾燥しすぎ・油浮きには気をつける
  • カバンの中身をぐちゃぐちゃさせない

【ポイント2】バランス

2つ目はバランスです。

ここでいうバランスとは、普段の自分の外見がどんな印象を与えやすいかを意識しながら、服選びをすることです。

たとえば、きりりとした顔立ちでキツイ印象を与えてしまいがちな方は、ベージュやホワイトなど明るい配色の服を選ぶといいでしょう。

また、ふんわりとした印象を持たれがちの方は、パンツスーツでいったりカチッとしたイメージの服を選んでみてもいいかもしれません。

大切なことは、自分がどういう印象を与えがちか、相手にどんな印象を与えたいかを考え、バランスをとって服選びをすることです。

ただし、あまりに背伸びをしすぎると、うまく入社後できたとしても、その先「自分らしく」働いていくことと離れてしまうこともありますので、気をつけましょう。

【ポイント3】その会社らしさ

最後におさえておきたいのは、「その会社らしさ」です。

転職面接をする際に、採用担当が考えているのは、「自社にいそうかどうか」です。とても抽象的な指標ですが、「この方は自社の◯◯さんに似ているな」「◯◯の部署にいそうだな」というイメージが、面接の際の好印象につながりやすいのは事実です。

転職サイトに、選考企業の求人情報が掲載されていれば、一度目を通してみるといいでしょう。転職エージェントに相談ができるのであれば、選考企業がどんな会社か、どんな服装の方が多いのかを聞いてみるのもいいかもしれませんね。

人事に聞く!例えばこんな服装は好印象!

実際に日々採用に関わる採用担当に、どんな服装が好印象を持つかを聞いてみました!

全体的に、明るめの配色をしのばせること、ジャケット・パンプスなどで”きれいめ”を意識してコーディネートするといいようです。

あくまでひとつの例ですが、服選びの参考にしていただければと思います。

▼パンツスタイル

イメージ

きっちり、フットワーク軽い、仕事ができそうに見える、はきはきしてそう、責任感がありそう

  

 

【出典】WEAR

▼スカートスタイル

イメージ

穏やかそう、安心感・安定感がある、人間関係づくりがうまそう

 

 

【出典】WEAR

▼ワンピーススタイル

イメージ

しっかりしてそう、大人っぽく見える、知性的に見える、仕事が早そう

 

 

【出典】WEAR

さいごに

いかがでしたでしょうか。

服装も大切ですが、面接を始める前の”明るい挨拶”や”笑顔”なども、第一印象を良くするためには大切な要素です。

ぜひ自信を持って面接に臨むためにも、気持ちが高まる服選びができるといいですね。