ライフスタイル

目の疲れ、知らず知らずのうちに溜めてない?正しい解消法と現代人の疲れ目の実態を調査!

「デスクワークが続くと目薬が欠かせない」

「頭痛の原因はの疲れ?

現代では、そんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

さまざまな電子機器が普及し、日頃からスマートフォンを見つめるようになった現代では、珍しくない悩みだと思います。

今回は、なぜ「疲れ目」は起きてしまうのか、その実態と解消法についてまとめてみました。

あなたは大丈夫?知らず知らずのうちにたまる目の疲れ

日頃から「目の疲れ」感じていませんか?

仕事で長時間パソコン作業をする機会があったり、移動中やオフ時間もスマホを見たりする生活で「目の疲れ」を感じる人は増えているといわれています。

最近では「眼精疲労」なんて言葉もよく耳にしますよね。

「眼精疲労」とは目の疲れを原因にした身体全体の不調を呼び、「疲れ目」が深刻化すると「眼精疲労」につながる可能性があります。

現代人には深刻な「目の疲れ」

その原因と現状についてまとめてみます。

目の疲れの原因は?

なぜ、目の疲れの症状は起こるのでしょうか。

その理由を探ってみると、原因は生活習慣にあると考えられています。

現代社会はスマートフォンなどの影響により、20~30代から「スマホ老眼」になる人が増えているといわれています。私たちの眼は、本来遠くが見やすく、近くを見ると疲れやすい構造なのです。

しかし、スマートフォンやタブレット端末が広く使われるようになり、目を休めるべき寝る前の時間などでも至近距離で光のダメージを受けることが多くなりました。

これによって、目のピント調節機能の衰え、自律神経の乱れを引き起こし、「目の疲れ」や身体全体のさまざまな不調につながっているようです。

また、パソコン作業による目の疲れも深刻ですよね。

パソコンなどのディスプレイの場合は、長時間の画面の凝視により目の瞬きの回数が減り、目が乾くことによって疲れが生じるといわれています。

私たちは、自分で思っているよりも、日頃から目を酷使しているようです。

3人に1人が目の疲れによって仕事でミスをしている?!

【参照】休眼を元に編集部にて作成

20~50代の会社員男女500名にアンケートを実施した結果、「目の疲れによって仕事でミスをしたことがある」人はなんと、3人に1人いるという実態が明らかに。

「目の疲れから数字入力を間違えた」「集中力を欠いて誤字に気づかなかった」など、疲れ目がミスを誘発している現状は深刻です。

「目の疲れ」は「ただ目が疲れているだけ」では見逃せない事態に発展しています。

ただの疲れだと思ってない?目の疲れセルフチェック!

あなたはそんな「目の疲れ」を見過ごしていませんか?

特に、デスクワークで長時間パソコン業務をしている方や、日頃からスマホ、テレビ、読書などで目を酷使している自覚のある方は、「疲れ目」「眼精疲労」を引き起こしている可能性が高いです。

次のような症状が現れていないかセルフチェックしてみましょう。

目の疲れセルフチェック!
  • 目の奥が痛む
  • 目の奥が熱い
  • 目がかすむ
  • 目の疲れを感じる
  • まぶたがけいれんする
  • 目の乾きを感じる
  • 涙がよく出る
  • ものが見えにくくなった
  • 頭痛がある
  • ひどい肩こりに悩まされている
  • 吐き気がする
  • 目の中に異物が入っている感じがある
  • まぶたが重い
  • パソコンの画面を見ていると眠気を感じる
  • 目が赤くなる

これらの症状は「目の疲れ」以外の原因でも起こることがあります。

セルフチェックはあくまでも目安と考え、「おかしいな」と感じたらすぐに医療機関を受診することをオススメします。

目の疲れを取る方法|疲れてるかもと感じたら実践したい対処法とは?

疲れ目によって体調不良を引き起こさないためには、日頃から目の疲れをケアする習慣をつけておく必要があります。

日常的に目を労り、規則正しい生活を送ることはもちろん大切ですが、それでも疲れを感じてしまった時、実践してほしい対処法をシーン別にまとめました。

オフィスワーク編|オフィスでできる疲れ目解消法・対策

まずは、オフィスで簡単にできる疲れ目解消法をご紹介します。

パソコン業務が長時間続くと、「目がショボショボする」なんてよく言いますよね。デスクワークでの辛い目の疲れ。簡単な目のストレッチをおこなうだけで、スッキリすることがあります。疲れを感じたら、ぜひ実践してみてください。

・ピント合わせ体操

  1. 近くのものを10秒~20秒間見つめる
  2. 次に、なるべく遠くの物に目を移し5分間、ぼんやりと眺める
  3. これを数回繰り返す

パソコン業務が長いと、近い位置に常にピントを合わせている状態ですので、1日数回ピント合わせ体操をすると、気分もリフレッシュすることができ、効果的です。

・目が疲れない姿勢を心がけよう

【参照】Santen|疲れ目(目の疲れ)ケア

目が疲れない環境づくりも大切です。

キーボードを一生懸命打つあまり、前屈みの姿勢になっていませんか?

肩・首などにとても負担がかかり、目の乾燥も進んでしまいます。

そうならないためにも、日頃から目の疲れない姿勢を心がけましょう!

家庭編|自宅でできる疲れ目解消法・対策

次に、家庭でできる疲れ目解消法についてご紹介します。

家庭では「いかに目を休ませる」かが大切です。

眠る前のスマートフォンやテレビなどはなるべく控え、リラックスすることを心がけましょう。

・疲れ目を温パックでじんわり温めよう

目がショボショボするのは血行不良のサイン。

熱めのお湯でしぼったタオルで、目を覆うようにパックしてみましょう。

そうすることで、目の周りの血管が広がり、血行が良くなります。

くれぐれもやけどには注意しながらおこないましょう。

・家庭での生活習慣を見直してみよう

暗いところで細かい作業をしていないか、テレビを見る時の距離は近くないか、エアコンをつけっぱなしにしていないか、など、家庭での生活習慣を見直してみましょう。

知らず知らずにうちに、生活環境によって目は疲れてしまいがち。

改善できる生活習慣があれば、今日から意識して変えてみましょう。

いつでも編|場所を選ばずできる疲れ目解消法・対策

最後に、いつでも実践できる疲れ目解消法についてご紹介します。

目の疲れを感じた時、いつでもどこでも出来る解消法があると安心ですよね。

最も簡単な解消法として「目薬をさす」ということがありますが、ここではそれ以外の解消法をまとめてみました。

・目の疲れを取るツボ押し

目の疲れを解消するには以下の4つのツボを押すことが効果的だといわれています。

ツボ押しは場所を選ばずできるので、気軽に取り入れてみましょう。

  1. さん竹(さんちく)は眉頭の部分。
  2. 瞳子りょう(どうしりょう)は目じりの横。
  3. 睛明(せいめい)は目頭のくぼみの部分。
  4. 四白(しはく)は下まぶたの指一本分下。
    瞳の中心からまっすぐ下に線を結んだ部分。

場所がはっきり分からない時は、ツボの周囲を軽くマッサージしてみるのも効果があるようです。

ただし、眼球を強く押したり、目をこすらないよう気をつけましょう。

・目のストレッチ!

疲れ目や目から来る肩こりの改善には、目を寄り目にしたり戻したりするストレッチの繰り返しが効果的です。

  1. 目から30cmほど離れた位置に人差し指を出し、それを何となく眺めます。
  2. 指を少しずつ目に近付けていくと、段々寄り目になってきます。
  3. ピントが合わなくなる位置まで指を近付けたら、指をまた離します。
  4. (1)~(3)を1セットで10回ほど繰り返すと、眼精疲労の解消につながります。

場所を選ばずできるツボ押しとストレッチで、日頃から疲れ目をケアする習慣づくりをしていきましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。

「目の疲れ」は、仕事や生活のパフォーマンスを落としてしまう危険性があり、放っておくと身体全体の不調につながりかねません。

疲れを感じてからでは仕事に集中できなかったり、帰宅しても疲れがたまってしまい、快適な生活が送れなくなってしまいます。

そうなる前に予防、こまめにストレッチやツボ押しを生活習慣に取り入れ、ストレスのない快適なオフィスワークを実現しましょう。