ふわキャリ

未経験からウェディングプランナーを目指すなら知っておきたい3つのこと

人生のなかでも、とりわけ大きなイベントのひとつである結婚式。

幸せを象徴するこのライフイベントを、自分の思いやこだわりを形にしたいと考える人は多いはず。

その想いをくみ、結婚するカップルにとって最高の1日をプロデュースするのが、ウェディングプランナー(ブライダルプランナー)です。

ウェディングプランナーの仕事はただ「結婚式を企画する」だけではなく、実に多岐にわたります。

今回は、未経験であってもウェディングプランナーを目指したいと思った時に、知っておきたい3つのことをお伝えします。

1|意外と知らない!ウェディングプランナーの仕事内容

これまで結婚式といえば、ある程度形式が決まっていたため、ウェディングプランナーの役割は、結婚式のための細かい計画や段取りを取り仕切ることでした。

では、現在のウェディングプランナーの役割がどう変化したかというと、結婚式を挙げるカップルの多様化する想いを、さまざまな選択肢を提案しながら柔軟に形にしていく、まさしく「プランナー」という言葉がぴったりな仕事へと変わりつつあるのです。

「お客様と一緒にオンリーワンの結婚式をデザインしていく」

これこそ、今のウェディングプランナーの仕事といえるでしょう。

実際のところ何してるの?

ウェディングプランナーの仕事内容をもう少し詳しくみてみましょう。結婚式を挙げるまでと当日の2つにわけてみます。

■ 挙式準備までの仕事内容
  • お客様獲得のための営業業務・広告の打ち出し
  • カップルへの挙式プランに関する要望のヒアリング・提案
  • 日取りの決定
  • 当日の料理の手配
  • 照明・音響の委託発注
  • 司会者の選定
  • 引き出物や招待状選び
■ 結婚式当日の仕事内容
  • 式場のレイアウト確認
  • 司会者・受付者との打ち合わせ確認
  • 音響・照明のチェック
  • 新郎新婦の写真撮影立ち会い
  • リハーサルによる最終確認
  • 挙式費用の受け取り
  • 会場の清掃・後片づけ

結婚式場にお客様を呼び込むところから、ライバルも多い状況でお客様の予算に合わせブライダルプランをご提案し、自分たちの式場を選んでもらうまでのプロセスは、まるで営業職のようです。

お申込みをもらったあとはプロデューサーとしての腕の見せ所。

各所における交渉や、当日までのスケジューリングなど、一生に一度の晴れ舞台が失敗に終わらぬよう最新の注意を腹います。

入念に準備し、結婚式の当日、そしてその後のフォローアップに至るまで、「結婚式」にトータルで関わる仕事です。

ウェディング業界のトレンドとリアル

式の規模が縮小傾向に?!

地域差もありますが、近年では低予算で結婚式を挙げるカップルが急増しているようです。

少子化、核家族化が進み、ひと昔前のように大きなホテルで大人数の招待客を呼び、親戚一同の前で大規模な挙式・披露宴をおこなうカップルが減ってきているのが現状です。

家のしきたりや仕事の関係上、大きな式を挙げるカップルもいますが「できるだけ予算を抑えて仲の良い仲間だけを集めた式をしたい」というニーズは上昇傾向。

お客様は各社のプランや予算を見極めて比較していくため、新規顧客を獲得するための営業力、お客様を納得させれるような高い話術も求められていくでしょう。

演出へのこだわりは高まっている

お金をかけない結婚式が増えている反面、テレビや小説などでウェディングプランナーが脚光を浴びた影響もあり、「低予算であっても素晴らしい演出をしたい」というニーズは高まっています。

低い予算内であっても最高の1日をプロデュースすることに変わりはなく、以前よりもウエディングプランナーのプランニング力が試されることとなります。

また、レストランやカフェなど、ホテルや挙式専門会場ではない場所での挙式を選ぶ方が増えているという特徴もあります。

2|ウェディングプランナーに求められるスキル

必要なのは、専門知識だけではない!

ウェディングプランナーは、職業名が「プランナー」ということからもわかるように、企画をするのが主な仕事です。

お客様が持つ結婚式に対するふんわりとしたイメージを紐解き、ひとつずつ形にしていくことが求められます。

ウェディングプランナーに求められる専門知識としては、大きくわけて2つあります。

花嫁に関する知識
  • ウェディングドレスに関する知識
  • 和装やドレスなどの取り扱いなどの知識
  • ヘアスタイル、メイクの知識
式場づくりのスキル
  • 会場の設営ルール
  • 演出や演出方法に関するルール

こうしたスキルは資格を要するものではありません。

総合的な知識を証明する資格としては、全日本ブライダル協会の「アシスタントウェディングプランナー」という資格があります。

ほかにも、個々の業務に役立つ資格として「日本メイクアップ技術検定」などがあります。

「提案力」のあるプランナーが求められている

1組あたりの挙式費用が減少し、また少子化の影響で将来的にカップルの数も減っていくだろうといわれているなかで、競合に打ち勝ち、お客様の理想の結婚式を実現するために、ウェディングプランナーに求められる能力は「提案力」でしょう。

競合他社の提案を上回る提案をし、挙式の成功に向けてカップルの要望をひとつひとつ形にし最高の1日を裏方で企画できる、そんな素養を持った方が求められています。

3|未経験からウェディングプランナーになるために準備したいこと

未経験からウェディングプランナーを目指すなら、経験しておきたいのが営業職の仕事。

新規のお客様でも既存のお客様であっても、先方のニーズをヒアリングしながら提案内容を考え、プレゼンしていくというプロセスは、ウェディングプランナーがお客様と初めて会ってから自分の式場を選んでもらうために必ず通るものです。

営業職の経験があると、ウェディングプランナーの転職には有利に働くといえるでしょう。

おわりに

華やかな結婚式のプロデューサーであるウェディングプランナー。

憧れていた方も多いのではないでしょうか?

キラキラしてみえる業界ですが、ハードな部分もあることがわかりました。

それ以上に「一生の思い出になるイベントをプロデュ―スする」というミッションを遂行できた時には、何にもかえがたいやりがいを感じられる仕事です。

皆さんのライフキャリアの選択肢のひとつとして、ぜひ検討してみてくださいね!