もあキャリ

【徹底比較】転職を検討している女性のための転職サイトまとめ

転職を考えているけれど、いざはじめようと思うと、「転職サイトって結局どれがいいの?」「どう使うと効率的に転職活動を進められるんだろう?」と迷ってしまいませんか?

筆者も転職経験者ですが、たくさんサイトはあるし違いもよくわからず、いくつか登録してみたものの使いこなせていませんでした。

今回はどのような転職サイトがあり、どんなメリット・デメリットがあるのか、わかりやすく比較しました。

転職したい女性におすすめのサイトをまとめてありますので、ぜひご活用ください。

転職サイトのスタイルは3種類!女性の転職に効果的なサイトは?

「転職しよう」と考える時、仕事探しの手法として、まずは求人サイト(転職サイト)を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

新卒で就職活動をしていた頃に、リクナビやマイナビなどの就活サイトを利用して企業選びをした経験がある方もたくさんいると思いますし、最近ではCMも多く流れているので、求人サイトは身近な存在かもしれませんね。

ここで紹介したいのは、転職サイトの特徴です。よく目にする求人サイトには、実は3つのスタイルがあります。

自分が理想とする職場仕事の探し方に合わせて、利用する求人サイトを選ぶところからはじめましょう。

総合型転職サイト

幅広い求人情報を豊富に取り扱っているのが総合型転職サイトです。

マイナビ転職やリクナビNEXT、エン転職など、テレビや電車でよく目にする広告は、総合型の転職サイトである場合が多いです。

総合型転職サイトは、業種や職種などさまざまな検索条件で企業の求人を探せることが最大の特徴です。

自分の好きなときに求人情報を検索し、を比較することができます。企業への応募も個人でおこない、直接やり取りをしながら進めていきます。

また、転職の方向性が定まっていない場合の情報収集にもおすすめです。

スカウト機能を利用すれば、自分の経歴に興味を持った企業やエージェントからオファーを受けられます。

  • メリット
    <圧倒的に求人数が多い。情報収集に便利。自分のペースで仕事探しを進めることができる。
  • デメリット
    自分が主体的にアクセスする情報しか手に入らないため、転職希望条件が明確でない場合には、時間がかかる可能性もある。
  • こんな人におすすめ!
    とにかくたくさんの求人を見たい。
    業種を転向したい。
    まだ転職するか迷っているけれど、情報収集をしたい。

特化型転職サイト

総合型とは対称的に、エンジニア専門やクリエイティブ職専門など、業種や職種に特化した転職サイトが特化型転職サイトです。

時短勤務ができる求人だけ、ハイクラスの求人だけを扱う転職サイトもあり、転職の方向性が明確であればマッチした求人に出会いやすいことが特徴です。

業種や職種を限定しているため、希望や条件が具体的に定まっている転職者にとっては効率が良く使い勝手が良いと言えます。

使い方は基本的に総合型転職サイトと同様です。スカウト機能の備わったサイトも多く存在します。

  • メリット
    効率的に転職活動をすすめられる。自分の希望とのミスマッチの可能性が低い。
  • デメリット
    総合型に比べて求人数が少ない。一度転職活動を始めてから業種・職種を途中で変更したいときは、総合型も見直す必要が生じる場合がある。。
  • こんな人におすすめ!
    業種・職種、具体的な希望条件は決まっている。
    これまでのキャリアを活かそうと思っている場合の、総合型との併用。

転職エージェントの求人サイト

もうひとつは転職エージェントに紐づく求人サイトです。

上記のような転職サイトと同じように、一覧から気になる求人を検索して仕事探しができます。

ただし、直接企業にエントリーをするのではなく、求人案件を持っているエージェントに相談をする流れとなります。

自分のペースで転職を進めたり、転職先を決める際に企業側と直接交渉したりしたい方は、転職サイトを利用する方が理想の転職活動になるでしょう。

一方で、第三者に相談しながら転職活動を進めたいという場合、キャリア面談や書類作成、面接対策も支援してくれるエージェント経由で企業に応募する方が効率的な場合もあります。

  • メリット
    キャリアアドバイザーに相談しながら転職活動を進めることができる。面接対策、選考書類にもアドバイスしてもらえる。
  • デメリット
    転職エージェントしか持たない求人案件もあるため、すべてが転職エージェントの求人サイトに掲載されていない可能性もある。
  • こんな人におすすめ!
    誰かと相談しながら転職活動を進めたい。
    転職エージェントを利用したい。

転職検討中の女性がチェックしたい総合型転職サイト

総合型転職サイトは大手企業の運営であることが多く、勤務地・職種・業種にかかわらず非常に多くの求人数を取り扱っています。

下記にご紹介する4サービスは、全国各地の求人が掲載されています。職務経歴書・希望条件を登録しておくと企業からのオファーを受け取れるスカウト機能も備わっています。

筆者の主観ですが、スカウト機能は自分の市場価値がわかって自己肯定感につながる場合があるので、おすすめです。また、業界転向したい場合などは特化型よりも総合型の方が可能性を探す意味でも良いでしょう。

マイナビ転職

運営会社

株式会社マイナビ

サービスサイト

https://tenshoku.mynavi.jp/

求人数

9,918件(2018年12月5日時点)

スカウト機能

あり

適性診断機能

あり(「仕事適性診断」)

女性の転職に特化したページ

あり(下記3.にてご紹介)

そのほかの特化サイト

あり(外国語使用のグローバルな求人、IT系・モノづくり系エンジニア向けなど)

特徴

  • 会員登録をすると専門アドバイザーによる「履歴書の添削」「面接攻略」(各一回)を受けることができる
  • 適性診断系が充実
  • 転職ノウハウが豊富

リクナビNEXT

運営会社

株式会社リクルートキャリア

サービスサイト

https://next.rikunabi.com/

求人数

10,055件(2018年12月5日時点)

スカウト機能

<あり

適性診断機能

あり(「グッドポイント診断」)

女性の転職に特化したページ

あり(「女性の転職特集」があるものの、掲載数がすくなめ。約160件/2018年12月5日時点)

そのほかの特化サイト

なし(「第二新卒特集」など特集ページはあり)

特徴

  • 転職ノウハウがこまやかで非常に見やすくまとまっている
  • 業界インタビューや転職経験者へのインタビューが充実求人特集が豊富に組まれている

エン転職

運営会社

エン・ジャパン株式会社

サービスサイト

https://employment.en-japan.com/

求人数

5,287件(2018年12月5日時点)

スカウト機能

あり

適性診断機能

なし

女性の転職に特化したページ

あり「女性のお仕事探し 応援コーナー/エン転職 WOMAN」(下記3.にてご紹介)

そのほかの特化サイト

あり(営業系、エンジニア系など職種別)

特徴

  • 会員登録をすると自分の経験に合わせた「レジュメアドバイス」面接内容が事前にわかる「面接対策レポート」を受けることができる
  • 「技術による開発支援」「事務業務によるサポート」など”働きがい”から探すことができる
  • 同じ条件で検索したときに、マイナビ転職・リクナビNEXTよりヒット数が多い。担当者が細かく分析しているとみられる

doda

運営会社

パーソルキャリア株式会社

サービスサイト

https://doda.jp/

求人数

56,970件(2018年12月5日時点)

スカウト機能

あり

適性診断機能

あり(「キャリアタイプ診断」)

女性の転職に特化したページ

あり(下記4.にてご紹介)

そのほかの特化サイト

あり(IT系エンジニア、モノづくり系設計・開発職、メディカル業界、グローバル人材、エグゼクティブ向けなど)

特徴

  • 圧倒的に求人掲載数が多い
  • 検索時の詳細条件設定が少し複雑
  • 適性診断系が充実

転職検討の女性がチェックしたい特化型転職サイト

次に特化型転職サイトとしてご紹介する4つのサイトは、運営会社が大手の総合型サイトを持っている企業ですが、独立したサービスとして展開されています。

ここでは女性の転職に特化したサイト、若手のハイクラスに特化したサイトをご紹介します。

女の転職@type(女性特化)

運営会社

株式会社キャリアデザインセンター

サービスサイト

https://woman-type.jp/

求人数

1,575件(2018年12月5日時点)

スカウト機能

あり

適性診断機能

あり(「いい仕事ミイつけよう診断」)

特徴

  • 首都圏中心、正社員求人中心の求人
  • 「アパレル・コスメ専門サイト」「女性エンジニア専門サイト」など業種・職種を絞ったサブサイトがある
  • 詳細検索が少し複雑

マイナビ転職 女性のおしごと(女性特化)

運営会社

株式会社マイナビ

サービスサイト

https://tenshoku.mynavi.jp/woman/

求人数

19,304件(2018年12月6日時点)

スカウト機能

あり

適性診断機能

あり(マイナビ転職本体の「キャリアタイプ診断」「社会人力診断」を利用可能)

特徴

  • 女性向けとしては圧倒的な求人掲載数
  • 女性向け転職ノウハウのコラムが充実している
  • 求人検索の際のこだわり条件が充実している

エン転職 WOMAN(女性特化)

運営会社

エン・ジャパン株式会社

サービスサイト

https://employment.en-japan.com/woman/

求人数

2,462件(2018年12月5日時点)

スカウト機能

あり

適性診断機能

なし

特徴

  • 会員登録をすると自分の経験に合わせた「レジュメアドバイス」面接内容が事前にわかる「面接対策レポート」を受けることができる
  • 女性の転職Q&Aコーナーでは、女性特有の悩みをピックアップしている
  • 求人検索の際のこだわり条件が充実している

AMBI(若手ハイクラス特化)

運営会社

エン・ジャパン株式会社

サービスサイト

https://en-ambi.com/

求人数

27,905件(2018年12月5日時点)

スカウト機能

あり

適性診断機能

なし

特徴

  • 若手(特に20代)キャリア志向の転職者向け。現状年収400万円以上の人が対象
  • 検索条件はかなり具体的で、これまでのキャリアを活かして転職したい人向け
  • 合格可能性判断があり、”興味がある”とマークした求人のうち〇◎がついた求人だけエントリー可能。
  • システムがゲーム的でファッショナブル(職務経歴書を登録すると「興味がある」を1つ押せる、など)
  • スカウトでは企業からだけでなく転職エージェントからも連絡が来る

転職サイトと転職エージェントの違いとは?

転職エージェントを利用すると、キャリアアドバイザーとして担当がつき、転職活動に関する情報提供や求人紹介、アドバイスもおこなってくれます。面接対策や書類作成時にもサポートを受けることができます。

キャリアアドバイザーは求人票に記載されている情報だけではなく、画面ではわからないその企業の雰囲気や、人事担当者からの情報を持っています。

カウンセリングを通して、求職者が求める仕事と求人をマッチングしてくれるため、効率的に仕事探しをすることができるでしょう。

また、エージェントを利用する際のリスクとして、担当者と合わないケースもあります。

万が一キャリアアドバイザーと合わないと感じる場合は、担当者を変更してもらうようお願いするか、別のエージェントを利用するなどの選択肢を広げることも大切です。

下記には転職エージェントに付随する、女性のキャリアをサポートしてくれる求人検索サイトの特徴などをご紹介します。

女性の転職Agent(@type)

運営会社

株式会社キャリアデザインセンター

サービスサイト

https://type.woman-agent.jp/

求人数

11,530件(2018年12月8日時点)

特徴

  • 求人掲載数が多い
  • 女性の年齢に応じた転職活動のポイントなどが良くまとめられている
  • 柔軟な詳細検索ができない(例:勤務地は「東京」「神奈川」など都道府県のみ「首都圏」や複数選択ができない)
  • 業種・職種・勤務地の希望が具体的に決まっている人には便利
  • 掲載されている求人は社名非公開のものも多い

Woman Career (doda)

運営会社

パーソルキャリア株式会社

サービスサイト

https://doda.jp/woman/

求人数

57,865件(2018年12月8日時点、doda本家の所有掲載数)

特徴

  • 検索自体は本家のdodaと共用のため、求人数が多い
  • 女性が嬉しい検索項目は「産休・育休取得実績あり」「女性活躍」「育児・託児支援制度」など。(本家のdodaと一緒)

LiBz CAREER

運営会社

株式会社リブ

サービスサイト

https://libinc.jp/

求人数

2,058件(2018年12月8日時点)

特徴

  • 独自の検索条件が充実。「ママ社員活躍」「男性の育休支援」「時短OK」など
  • キャリアアップの場合も、ママとなってからのキャリアも支援してくれるのがとても心強い

スマートキャリア

運営会社

株式会社ビースタイル

サービスサイト

https://smartcareer.b-stylejob.jp/

求人数

403件(2018年12月8日時点)

特徴

  • 時短求人オンリーを取り扱うのが非常にユニークな求人サイト
  • 派遣の求人が半数以上
  • 基本的に「未経験者OK」はなく、これまでのキャリアを活かして転職したい方向け

筆者は転職の際にエージェントを利用しました。

それまでのキャリアとまったく異なる業界を受け仮内定をいただいたのですが、最終的にそれまでの業界に残るか転向するかを悩んでいた際に、第三者視点からアドバイスをいただけたことはとてもありがたいと感じました。

面接対策をしてもらえたことも心強かったです。

まとめ

転職を考えている方は、ご自分のキャリア、ひいてはご自分の人生に真剣に向き合っている方だと思います。

もちろんひとつの企業に長く勤めることも、とても大変で尊いことです。

現状からの逃げだと引け目を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことを感じる必要はまったくありません。

もしご自身の今の状況がハッピーでない場合は、登録だけしてぜひ情報収集からはじめてみてください。

こんなにいろんな企業があって、いろんな仕事があるんだと知るだけでも大きな一歩です。

 

一歩、踏み出してみませんか?