女性の働き方

仕事が面倒だと感じる…そんなあなたへ|仕事がイキイキと輝く7つの方法

誰しも、仕事が面倒に感じた経験はあると思いますが、その理由について考えたことはありますか?

「仕事…めんどくさい」
「会社…行きたくない」

そう思っているだけでは、状況が改善したり、前に進むことはありませんよね。

そこで今回は、仕事が面倒に感じる原因と対処法をご紹介。

仕事が面倒だと悩む人が、これを読み終わるころには「もう少し頑張ってみようかな…」と思ってもらえると幸いです。

「仕事が面倒」そう感じてしまうのはなぜ?

「今日の仕事面倒だな…」

仕事にむかう前の朝の時間や、仕事中のふとした時間など、誰しもそう感じてしまう瞬間はあると思います。

「仕事だから」と気を引き締めて頑張るという人がほとんどだと思いますが、そもそもどうしてそう感じてしまうのでしょうか。

まず最初に、仕事が面倒だと感じてしまう理由についてまとめてみました。

仕事の主語が自分ではない

自分が主語ではない仕事は、その目的を失いがち。

「この仕事、私がやる意味ある?」と思ってしまうことがあるのも事実です。

そんな時の仕事の主語は大抵が

  • 会社の上司
  • 会社のルール
  • 会社の空気

だったりします。

自分は違うと思うけど、「上司の指示だから」「会社のルールだから」「会社の空気がそうだから」、そんな考えが積み重なってしまうと、仕事が面倒になって働くのが嫌になってしまうこともあるかもしれません。

仕事に対するマイナスな気持ちが大きい

「指示されたことを淡々とこなすだけ」という状態では、仕事に対してマイナスな気持ちが大きくなることもめずらしくないかもしれません。

その他の要因としては、

  • 連休明け
  • 残業が多く、休日出勤している
  • 疲れがたまって、朝起きられない
  • 通勤時間が長い
  • 体調が悪い

などが考えられます。

まずは、自分がどのような理由で、仕事が面倒になって働くことが嫌になっているのかを正しく知ることが大切。

原因がわかれば、それに合った対策を考えることができます。

まずは仕事に対するマイナスな気持ちと向きあってみましょう。

「仕事が面倒」からの脱出方法7選

仕事が面倒だと感じていると、モチベーションも下がり、何かと「これやりたくないな…」と考えてしまうもの。

ただ、仕事には納期があるため、この状態のままだとクライアントや会社の上司、同僚などに迷惑をかけてしまうかもしれません。

中々気持ちが進まない時でも、上手に仕事をこなしていくのが理想ですよね。

ここでは、そんな「仕事が面倒」という気持ちから脱出する方法を紹介したいと思います。

1|生活習慣を改善する

体調が優れていないと、何をするにも何かと面倒に感じてしまいがち。

ビジネスパーソンである以上、自分自身の体は資本です。

「最近体調が優れない」と感じている人は、生活習慣の改善からはじめてみましょう。

  • 偏った食事はしていませんか?
  • スマホやテレビに夢中になって睡眠時間が短くなっていないですか?
  • 適度な運動はしていますか?

炭水化物や脂質が多く、野菜やたんぱく質が少ないジャンクフードは、栄養バランスが偏るため、体調を崩しやすくなります。

また、寝る前にスマホやテレビを見ると、ブルーライトが原因で寝つきが悪くなることは有名な話ですよね。

適度な運動は、体の疲れや全身のコリを改善しますので、仕事で疲れて動くのも億劫という時は、簡単なストレッチをするなどがおすすめです。

2|通勤時間の楽しみをつくる

通勤時間が長かったり、行き帰りの通勤ラッシュを苦痛に感じてしまっていたりすると、仕事への意欲が無くなってしまう…という人も多いかもしれませんね。

しかし、通勤時間をただの移動時間ではなく、自分のスキルアップや趣味の時間と考えることで、少し心持ちを変えられるはずです。

読書や資格取得のためのスキルアップの時間、疲れがたまっていれば睡眠時間としてもいいでしょう。

満員電車で思うようにできないこともあるかもしれませんが、通勤時間を自分のための時間と考え、有意義に過ごしたいですね。

3|仕事の目標を決める

ただ単に指示された仕事を黙々とするだけでは、仕事においてやりがいを感じることは難しく、自分でも気づかないうちに働くことが面倒になってしまうことも。

仕事をまかされたら、まずは小さな目標を立ててみるようにしましょう。

例えば、

  • 期限より数日早く完成させる
  • 自分なりの工夫を1つだけでも組み込む

などに意識して取り組んでみることがおすすめです。

小さな目標をクリアした後は、長期的に目指していく大きな目標を掲げ、仕事へのモチベーションにつなげてみましょう。

4|「とりあえず行動する」ことから取り組む

面倒なことや嫌なこと、苦手なことは、なかなか行動にうつしづらいですよね。

仕事に限らず、掃除や食器洗いなどの家事も、面倒だと思うとなかなか取りかかることができないですが、「えい!」と掃除機の電源を入れたり、シンクに立ったりして動きはじめてしまえば、あっという間に終わるものです。

「とりあえず行動する」という最初の「えい!」と思う気持ちが大切です。

「メール整理が面倒だけど、とりあえずメールフォルダを開いてみよう」など、とりあえず行動することが、面倒に感じる気持ちに少しだけ対抗できるテクニックなのです。

5|モチベーションの高い友人に会う

落ち込んでいる時に、何気ない言葉で友人から元気づけられたり、勇気づけられたりした経験のある人は多いのではないでしょうか。

プラス思考でモチベーションの高い友人と話すと、雰囲気や考え方に影響されて自分も前向きになれることがありますよね。

これは、心理学でいう「同調効果」と呼ばれるもの。

「最近ネガティブだな」「仕事のやる気が出ないな」という場合、もしかしたら周りにいる人からの外的要因も影響しているのかもしれません。

そんなときはモチベーションの高い友人に会って、自分のモチベーションアップにつなげてみましょう!

6|給与をもらっていることを自覚する

時給制であるアルバイトの場合、働いている時間しか給与がもらえませんが、正社員の場合は毎月の基本給が決まっており、能動的に働く必要を感じなくなることもあるかもしれません。

最低限の仕事をして給与だけをもらうか、最大限のパフォーマンスで給与だけでなく信頼や信用を得るかは人それぞれですが、「誰から給与をいただいているのか」についてよく考えてみましょう。

その上で、「自分は給与に見合ったパフォーマンスを発揮できているのか」と自問自答してみることで、仕事に対する考えを改めることができたり、新たな気づきを得ることができるかもしれません。

7|仕事を面倒なままにしておくリスクについて考えてみる

どうしても手をつけることが面倒で、後回しにしてしまう仕事ってありますよね。

先延ばしにして、気づいた時には慌てて対応するということもあるかもしれません。

その勢いで終わらせてしまうことも1つの手ではありますが、ミスを見落としてしまったり、100%の力を発揮することができないかもしれません。

トラブルが起こり納期に間に合わない可能性もありますし、放置しすぎて忘れてしまう可能性もあります。

面倒な仕事ほど、そういったリスクを考えて、早めに片づけておく原動力としてみることがおすすめです。

どうしても仕事を面倒に感じてしまう時は…

「仕事が面倒」からの脱出方法7選を紹介しましたが、それでも仕事を面倒に感じてしまう時もあるかもしれません。

そんな時は、原点に戻ることが大切です。

  • なぜ仕事をするのか
  • 仕事で何を得ることができるのか

について、ここでは考えてみたいと思います。

仕事を通して何を成し遂げたいのか考えてみよう

仕事は1つのツールでしかありません。

「仕事を使って自分の人生を豊かにするにはどうしたらよいのか?」という点に注目して考えてみましょう。

例えば、

  • 仕事で得たスキルや資格を使って将来は独立したい
  • 少しずつ貯金をして、海外留学を考えている
  • 家族を幸せにするために、この会社にいることは大切

など、考え方はいろいろです。

どちらにしても会社で働く意味が、「会社のため・上司のため・同僚のため・部下のため」であると、仕事が面倒になってしまうこともあります。

あくまで、人生の主役は自分であることを忘れずに、仕事について考えてみるようにしましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。

仕事が面倒で働くことが億劫になることは誰にでもあると思います。

たまに仕事が面倒に感じるのか、ずっと前から仕事が面倒なのかによって、原因はさまざまですが、とりあえず「どうして仕事が面倒と感じるのか」を考えることが大切です。

自分に原因があるのか、職場や会社に原因があるのか、で起こす行動は変わってきますが、まずは、そう思う原因を考えてみてはいかがでしょうか。

主体的に仕事に取り組むことで、今よりももっと仕事が楽しく、毎日をイキイキと過ごすことができるはずです。