OPINION

大手企業に転職するには?挑戦するなら知っておきたい3つのポイント【女性の転職事情】

「名前の知っている有名企業や大手企業へ転職したい。」

考えたことはあるけれど、なかなか行動に移せなかったり、現在の仕事を本当に辞めてもいいのか、大手企業への転職は難しいのではないかと不安になったりすることもありますよね。

この記事では、大手企業への転職に悩んでいるすべての人に向けて、さまざまな視点から大手企業の転職についてまとめています。 

大手企業に転職するって実際どう?転職しやすい年代と業界って?

大手企業への転職を希望しても、一般企業への転職よりもハードルが高いように思ってしまいがちですが、実際のところどうなのでしょうか。

大手企業への転職しやすい年代や業界についてまとめてみました。

大企業への転職は第二新卒が狙い目!

重要なのが「第二新卒」というキーワード。

第二新卒は年齢でいうと20代でまだ若いため、新しい仕事内容や技術を習得しやすく、さらに前職の知識が生かせる仕事内容であれば、即戦力にもなれるため転職に有利だと言われています。

第二新卒は、ある程度社会人としての基礎知識やビジネスマナーを身につけていると考えられるため、企業側にとっては教育コストを削減でき、採用メリットは大きいでしょう。

そのため、新卒採用が主流な大手企業でも、第二新卒で入社できる可能性もあります。

おすすめはIT業界への転職

大手企業にもさまざまな業界の企業が存在しますが、最近はIT業界が比較的転職しやすいと言われています。

ここ数年のテクノロジーの発展は著しく、IT業界ではビジネスや事業の成長も早く、その分人の流動性も活発な業界です。

勤めている企業で自分の学びたいことを学んだあとは、転職して新たな領域に挑戦する」という業界的な特徴があるためです。

そのため、IT業界では通年通して中途採用をおこなっていることが多く、大手企業であっても転職ハードルは低い可能性があります。

大手企業に転職したいけれど、業界はこだわらない
どの業界がいいのか分からない

という方は、ぜひIT業界も選択肢として考えてみましょう。

大手企業で働く主なメリット、デメリットをご紹介!

安定していて給料やボーナスの額も多いイメージの大手企業。

しかし、大手企業で働くことにもデメリットは存在します。

メリット・デメリットについてまとめてみました。

メリット1|仕事の役割分担がはっきりしている

近年問題になっている人手不足

人手不足が原因で、1人でいくつもの仕事をこなしているケースもめずらしくないですよね。

自分の担当業務に集中できず、結果的に残業が増えたり、持っている力を充分に発揮できなかったりする場合もあります。

一方、大手企業では働く人の数は多く、仕事内容がきちんと分担され、自分の業務に集中できる環境である場合が多いです。

そのため、効率的に業務を進められたり、特定分野の知識や技術を深めることができたりします。

また、大手企業はほとんどの場合、拠点数が多く、転勤や異動があることもめずらしくありません。

転職ではなく、転勤や異動によって、知識やスキルを高めたり、仕事内容を変えられるのは、大手企業ならではの魅力の1つです。

メリット2|コンプライアンスがしっかりしている

コンプライアンスに力を入れている大手企業は年々増えています。

就業規則を守ることはもちろん、社内での決まりを守ることもコンプライアンスの一環です。

労働者の悩みを解決するための社内の相談窓口や、アンケートやセミナーの実施などの取り組みがおこなわれるようになっています。

ただ、まだまだコンプライアンスが整備されていない企業が存在するのも事実。

転職する前にはしっかりと企業研究をおこないましょう。

デメリット1|責任ある仕事を任される機会は減る

責任ある仕事に取り組み、やりがいを増やしたい!

そのような思いを持って、日々の仕事に取り組んでいる人も少なくないですよね。

しかし、大手企業は年功序列の傾向があるため、転職してすぐに責任のある仕事を任されるかというと、そうでない場合が多いのが現実。

そのため、転職してすぐに責任のある仕事がしたいと思っている人にとっては、デメリットと感じてしまうことも。

大手企業への転職を考えた時は、今一度自分がどのような立場で仕事をしたいのかを考えてみましょう。

デメリット2|風通しのよい環境でないことが多い

仕事をするうえで、風通しがよく、自分のアイデアを発言しやすい、働きやすい環境は魅力的ですよね。

しかし、働いている人の数が多く、事業の規模も大きいのが大手企業の特徴。

長い歴史を経て現在の社風・体制に落ち着いている企業もあります。

そのため、中小企業のように自分1人の意見やアイデアが通る可能性は低くなり、風通しのよいとはいえない環境であることも少なくありません。

大企業への転職を成功させるために大切な3つのこと

大手企業で働くことには、さまざまなメリットやデメリットがあることについてまとめてきました。

大手企業への転職を成功させるためには、大切な3つのポイントがあります。

1|アピールすべきは即戦力!スキルを磨いておこう

大手企業への転職を希望する場合、即戦力であることをアピールしましょう。

スキルや即戦力があれば、中小企業から大企業へ転職できる確率は高まります。

即戦力とは、転職先の組織・事業において、すぐに成果を出せる力のこと。

営業力や知識の吸収力、課題抽出力、提案力など、複合的な能力が必要とされます。

時には前職で関わりのある人脈に即戦力性を感じる企業・組織もあります。

どのような能力や経験値があれば即戦力と考えるのかは、企業によって違いがあるので、即戦力をアピールするのであれば、企業研究をはじめとする入念な事前準備が大切です。

学歴重視に思える大手企業ですが、即戦力でカバーできる部分は大いにあります。

2|今の会社じゃダメ?大手企業へ転職する理由について明確にしておこう

転職を考えるきっかけは人それぞれ。

「年収を上げたい」
「福利厚生がしっかりした企業で働きたい」
「スキルアップしたい」

など、さまざまな理由がありますよね。

ただ、大手企業へ転職するには、それなりのきちんとした理由を用意しておく必要があります。

今の会社ではどこがダメなのか、自分の日々の仕事を見つめ直して考えてみましょう。

転職理由を明確にしておくことで、転職活動の活力となったり、転職後のミスマッチを防ぐことにもつながります。

一度、しっかり考える時間を確保してみることをおすすめします。

3|コミュ二ケーション能力は大きな評価ポイント!今から磨いておこう

円滑に仕事を進めるうえで、大切なコミュニケーション能力。

即戦力やスキルももちろん大切ですが、大手企業ほどコミュニケーション能力を求めているというデータもあります。

働く人の数も多い大手企業。時には、周囲の人を巻き込んで仕事を進める力も必要です。

転職後、環境にすぐ馴染めそうか、コミュニケーションコストは低そうか、なども中途採用では、大きな評価ポイントです。

転職前に自分の強みとしてアピールできるよう、磨いておきましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。

大手企業へ転職する際のメリットやデメリット、転職の成功ポイントについてご紹介してきました。

大手企業には魅力も多くありますが、「大手企業ならどこでもいい」という考えで転職活動をしてしまうと、先ほど述べたデメリットのように思わぬ落とし穴が。

せっかく転職をするなら、企業の情報収集を怠らず、自分が本当に働きたい会社で活躍したいですよね。

転職活動時には、業界や職種の研究をしっかりおこない、悔いのない転職活動を目指しましょう。

自分だけのキャリアを見つけよう

モアキャリーエージェントは、あなたが自分らしい働き方を探し、自分らしいライフキャリアを歩むためのパートナーです。

無料のキャリア相談、ご状況に合わせた求人紹介を実施しています。

morecareeeは
女性に寄り添ったキャリア情報サイトです。

あなたの理想のライフキャリアを実現する求人との出会いをサポートします。

求人を検索する

求人検索・トレンド記事から
たくさんの求人情報を見ることができます!

就職・転職は人生の大きなイベントです。
求人内容やノウハウ、先輩の意見からあなたのライフプランを実現してください!

転職・就職のノウハウを見る

会員登録をすると、
あなたの理想のライフキャリアが見つかります。

求人を探すのは一苦労ですよね。
そこで、あなたの代わりにmorecareeeがご案内します!
あなたは情報を入力しておくだけ。

無料会員登録する

カウンセラーがあなたをしっかりサポート
相談からお願い、マッチングまで私たちにお任せください!

LINE相談 / 求人探し など
沢山のサービスであなたの転職・就職をサポートします。
なんでもお気軽にご相談くださいね

LINE相談してみる

早速はじめて見ましょう!

1分ほどで登録ができます。あなたらしいライフキャリアを見つけましょう。

無料会員登録する

早速求人を探してみましょう!

あなたの理想のライフプランを実現する求人をたくさんご用意しております。

求人を探してみる

エントリーには会員登録が必要です。

会員登録をして、理想の求人にアプローチしましょう。

無料会員登録する 会員の方はこちらからログイン