「超」短時間の遠隔勤務・ショートタイムテレワークのプロジェクトに注目!【編集長がいく!働き方改革リサーチ】 RESEARCH

「超」短時間の遠隔勤務・ショートタイムテレワークのプロジェクトに注目!【編集長がいく!働き方改革リサーチ】

こんにちは。モアキャリー編集長の藤本です。

【編集長がいく!働き方改革リサーチ】の第6弾は、『ショートタイムテレワーク』の取り組みにフォーカス!

子育て中の女性などの時間に制約のある方々が、超短時間でも自分のスキルを活かしてテレワークで就業できる、『ショートタイムテレワーク』。

この仕組みづくりを推進するのは、横浜市とソフトバンク株式会社です。

今回は、2020年3月からはじまる第2弾トライアルに向け、さらにいくつかの協力企業とともに奔走するプロジェクトチームのみなさまにお話をお伺いしました!

「次世代のこどもたちに新しい働き方を」

各社が自社の強み・特性を活かし、協力しあうことで、「新しい当たり前」の実現を目指す女性たちの取り組みをご紹介します。

「新しい働き方にトライしてみませんか?」ショートタイムテレワークの取り組みについてご紹介

ショートタイムテレワークの説明会風景

ショートタイムテレワークとは

ショートタイムテレワークとは、自宅や自宅付近のワーキングスペースで遠隔の勤務を可能とする新しい働き方のこと。

「子育てはひと段落。仕事をはじめたいけどブランクがあって自信がない」

「フルタイム勤務をしていたけど結婚を機に退職。改めて仕事をはじめるきっかけがほしい」

このように、子育て中や家族の都合で退職してしまった女性を対象に、新しい働き方を提案し、実用化に挑戦する取り組みが進められています。

ショートタイムテレワークの有用性

今回ご紹介したショートタイムテレワークの取り組みは、企業・働き手双方に大きなメリットがあります。

企業にとってのメリットは、短時間であっても優秀なメンバーを雇用でき業務を依頼できること、また業務を分担することで新しい業務に着手ができることなどが考えられます。

働き手側には、オフィスにまで行かずとも短い時間で遠隔勤務ができ、自分が大切にしたいライフスタイルの中で無理せず就労できる点がメリットになるでしょう。

「少子高齢化」や「大介護時代」を乗りきる切り札としても、ぜひ期待したい取り組みです。

ショートタイムテレワークによる新しい働き方イメージ

産公連携で社会課題へ挑戦。パイロットプロジェクト・ショートタイムテレワークのはじまり

ここからは実際にプロジェクトチームのみなさまのお言葉を交えて、取り組みの詳細をご紹介したいと思います。

各企業の事業や取り組みは、記事の最後にまとめていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

トライアル第1弾で感じた確かな手応え

ふじもと

ショートタイムテレワークのプロジェクトは、ヨコハマSDGsデザインセンターとソフトバンクがタッグを組み、実証実験を展開したのがはじまりだとお伺いしました!第1弾はどのような内容だったのですか?

横浜市とソフトバンク株式会社CSRのみなさまの写真

塚越さん第1弾は2019年3月〜8月に実施し、期間中はトライアルとして、横浜市磯子区在住の6名の女性がほぼ完全在宅のショートタイムテレワークを実施したんです。

勤務時間は10:00〜15:00(場合によっては9:30〜14:30)で、1時間の休憩をはさみ、1日4時間の週2勤務

テレワークで従事する仕事としては、ソフトバンク内の業務を切り出して、資料作成やデータ整理などを中心に取り組んでもらいました。

梅原さん第1回のトライアルを通して感じたことは、「子育て中でフルタイムの勤務が難しく、通勤時間が確保できない」という女性の課題に対し、ショートタイムテレワークが提供できるものは多いということ。

また参加された方にも、応募された方にも優秀な女性が多かったことから、2020年春に第2弾トライアルを進めることに決めたんです。

満を辞しての第2弾。協力企業とたまプラーザで開催

ふじもと

第2弾はこれから実施されるんですよね!

ソフトバンク株式会社CSRのみなさまの談話写真

宮本さんそうですね、第2弾トライアルは2020年3月から開始予定です。今回はたまプラーザで実施することになりました。今日がちょうどその説明会で。

(今回の取材は、ショートタイムテレワーク第2弾トライアルの説明会後にお伺いしました。)

塚越さん第1弾トライアルの過程や結果をベースに、将来的にはどんな企業でも取り入れることができる汎用性の高い仕組みとして確立すべく、新たな協力企業として向洋電機土木さんと東急さんにお声かけさせていただいたんです。

梅原さん今回、向洋電機土木さんにお声かけさせていただいたのは、SDGsの取り組みにも積極的で、社内でもテレワークを活用した先駆的な働き方を実施されているから。すでにテレワークを受け入れやすい環境があり、女性にとって働きやすい職場で、さらに尖った事例を生み出したいという思いがありました。

ふじもと

日常的に取り組まれているテレワークの活用を一段ブラッシュアップして雇用を生み出す、新しい試みですね!

リソースを持ち合い、女性の活躍推進に向け躍進。プロジェクトが目指す未来

各社の強みを集結する

向洋電機土木株式会社総務部広報のおふたりの写真

須藤さん今回、テレワークで仕事をお願いする立場としてこの取り組みに参画しているのですが、実は最初お話をいただいた時には「難しそうだな」と思ったんです。

ただ、テレワーク自体は現場でも日常的に取り入れていて理解のある職場ですし、何よりも自分たちも育児をしながら仕事をしており、ブランク期間を経てから社会復帰した経験もあります。

ショートタイムテレワークの取り組みが、働きたいけど働けない女性の力になるのであれば、ぜひ一緒にやらせてもらいたいなと。

森さん社内の日常的な業務から、どの部分を切り出してお願いできるかという部分は一番考えました。新しい取り組みですし、どのくらい私たちが柔軟に取り組めるかという点に関しても、最大限挑戦していきたいと思っています。

ふじもと

東急さんはどのような経緯で参画されたのですか?

東急株式会社次世代郊外まちづくり担当のおふたりの写真

藤本さん今回、東急では、ワークスペースなどの場所の提供を通して協力させてもらっています。プロジェクトへの参画には、実は2つの背景がありました。

1つは2012年から横浜市と取り組んでいる『次世代郊外まちづくり』。これは郊外住宅地におけるさまざまな課題に対し、危機感を共有し、次世代へ引き継ぐまちづくりを協働で推進するものです。

坂井田さんもう1つは、東急線沿線生活者に会員登録いただき、希望者へ東急グループなどの業務をアウトソーシングする「セラン事務局」との親和性。このセラン事務局で、ちょうどキッズルーム併設型の会員制シェアワークスペース「美しが丘ワーキングスペース」を2018年から運営を開始していたので、今回のショートタイムテレワークを実施する場所として提供することになりました

ふじもと

各社がそれぞれで取り組まれているところから、リソースやアイディアを持ち寄って、1つのプロジェクトを形作っているのですね!

トライアルの先には。未来に馳せるプロジェクトチームの想い

横浜市・ソフトバンク株式会社のおふたりの談話風景

ふじもと

このショートタイムテレワークの取り組みを通して、将来的にはどんな世界観をつくり上げていきたいですか?

梅原さんまずは、このプロジェクトを通して、「働きたい」と思う優秀な人材が、この世の中にたくさんいることを、雇用を生み出す企業側に知ってもらえたらと思っています。

将来的には、企業にとっても働き手にとっても、あらゆる「働く」の選択が実現可能な社会になるといいですよね。

須藤さん私たちが育児まっただ中の時には、自分を社会の「就労の型」にはめなければ働けなかった。やりたいことを諦めなければいけない人もたくさんいたと思います。人生100年時代、私たち自身も、この先定年を迎えても無理なく「働く」を継続できるような、新しいスタンダードをつくっていきたいですね。

また、私たちのこどもの世代に続くような新しい働き方モデルをつくれるように、企業としても努力していきたいと思います。

向洋電機土木株式会社のおふたりの談話写真

坂井田さん専業主婦やキャリアウーマン、ワーキングマザーなど、働き方によってカテゴライズされることもなく、もっと自由に、「AかBか」ではない世界をつくれるといいですよね。

ショートタイムテレワークの取り組みも、その1つのきっかけとして、いろいろな人がそれぞれのライフスタイルに合った、ぴったりな選択ができる世の中のために、少しでも尽力できればと思います。

ふじもと

自分だけではなくこどもたちのためにと、みなさまが圧倒的な当事者意識を持ってプロジェクトを進めていることが素敵ですね!ありがとうございました!

東急株式会社のおふたりの談笑風景

プロジェクト協力企業・団体

ヨコハマSDGsデザインセンター

プロジェクト企画・コーディネート・PR等

SDGs未来都市・横浜のビジョン実現を目指し、連携によって課題解決に取組む、目的志向・実践型中間支援組織。「環境」「経済」「社会」課題を統合的に解決する「横浜型大都市モデル」の創出を目指している。(https://yokohama-sdgs.jp

ソフトバンク株式会社

本プロジェクトに関するノウハウ提供、通信機器の提供など

グループ全体で、成長戦略「Beyond Carrier」を掲げ、今後の継続的な成長に向けて布石を打ち続ける。企業理念「情報革命で人々を幸せに」のもと、CSR活動にも力を入れ、新しい価値の創造に挑戦。多様な人々が活躍できるダイバーシティ社会の実現に貢献するための取り組みをおこなっている。(https://www.softbank.jp/corp

向洋電機土木株式会社

テレワーカー雇用の場の提供

横浜市を中心に、電気設備工事事業を展開。総務省が公表する「テレワーク先駆者100選」、横浜市が認定する「よこはまグッドバランス賞」など、女性も男性も働きやすい職場づくりを進める企業として表彰されている。(http://www.kouyo-dd.jp/

東急株式会社

WISE Living Lab(次世代郊外まちづくり)との連携、「美しが丘ワーキングスペース」(セラン事務局)との連携

交通・不動産・生活サービスの3つの事業を核に、人々の暮らしに密着した幅広い事業を展開。現在と今後の社会環境の変化を鑑みて、SDGsを意識し、サステナブルな「まちづくり」「企業づくり」「人づくり」を基本方針に、社会課題の解決と事業拡大の両立を目指している。(https://www.tokyu.co.jp/index.html

ショートタイムテレワークプロジェクトチームの集合写真

新しい働き方のスタンダードをつくるのは自分自身

今回は、「ショートタイムテレワーク」の取り組みを推進するプロジェクトチームにフォーカスしましたが、いかがでしたでしょうか。

自分自身の未来だけではなく、こどもたちの世代につながるような新しい働き方のきっかけをつくるべく、取り組まれている姿が印象的でした。

現在は、新しい働き方を模索し確立していく、いわば働き方創世記。

私たちも、自分が100%のパフォーマンスを出せる働き方を見つけていきたいですね!

morecareeeは
女性に寄り添ったキャリア情報サイトです。

あなたの理想のライフキャリアを実現する求人との出会いをサポートします。

求人を検索する

求人検索・トレンド記事から
たくさんの求人情報を見ることができます!

就職・転職は人生の大きなイベントです。
求人内容やノウハウ、先輩の意見からあなたのライフプランを実現してください!

転職・就職のノウハウを見る

会員登録をすると、
あなたの理想のライフキャリアが見つかります。

求人を探すのは一苦労ですよね。
そこで、あなたの代わりにmorecareeeがご案内します!
あなたは情報を入力しておくだけ。

無料会員登録する

カウンセラーがあなたをしっかりサポート
相談からお願い、マッチングまで私たちにお任せください!

LINE相談 / 求人探し など
沢山のサービスであなたの転職・就職をサポートします。
なんでもお気軽にご相談くださいね

LINE相談してみる

早速はじめて見ましょう!

1分ほどで登録ができます。あなたらしいライフキャリアを見つけましょう。

無料会員登録する

早速求人を探してみましょう!

あなたの理想のライフプランを実現する求人をたくさんご用意しております。

求人を探してみる

エントリーには会員登録が必要です。

会員登録をして、理想の求人にアプローチしましょう。

無料会員登録する 会員の方はこちらからログイン