INTERVIEW

Style#09|やりたい気持ちに素直になる。ライフステージが変わってもブルーボトルで実現するグローバルへの挑戦

女性がそれぞれの志向・ライフスタイルに合わせて働き方を選択できる世の中。

Style企画では、事業内容や雇用条件ではなく、ひとりひとりの働き方や志向性をもとに、女性が転職活動やキャリアを考えるきっかけづくりができればと思っています。

そんなStyle企画の第9弾は、2015年に日本に上陸してすぐに人気となったブルーボトルコーヒー。『個人の香りがするコーヒーチェーン』をコンセプトにアメリカでの創業以来、デリシャスネス、ホスピタリティー、サスティナビリティを信念に揚げながら、徹底的に追求したおいしいコーヒーを提供している。

そんなブルーボトルコーヒージャパン合同会社の西野知子さんにインタビュー。

やりたい仕事をするために転職をし、現在はエリアリーダーとして3店舗の統括をされている西野さんの「はたらくスタイル」をお届けします。

ブルーボトルコーヒージャパン合同会社

ブルーボトルコーヒーは2002年に、創業者のジェームス・フリーマンによって、アメリカ・カリフォルニアで誕生。 創業以来、デリシャスネス、ホスピタリティ、サステイナビリティを信念に掲げながら、おいしさを徹底的に追求したコーヒーを提供している。また、自社のロースタリーから焙煎したてのコーヒーを配送可能な地域にのみカフェをオープンすることで、おいしさのピークに合わせてエイジングしたコーヒー豆の販売を実現。 現在は、サンフランシスコ、ニューヨーク、ロサンゼルス、ワシントン D.C.、ボストン、東京、京都、神戸で70店舗を展開(2019年4月現在)。

自由に発言できる環境と、意見を尊重してくれる仲間の存在がブルーボトルらしさ

−−現在の仕事について教えてください!

西野さん現在はエリアリーダーという役割でブルーボトルコーヒー複数店舗の統括をしています。

エリアリーダーのミッションは担当エリア内の店舗マネジメントで、私は三軒茶屋、青山、表参道の店舗を担当しています。

複数店舗のマネジメントは各店舗のカフェリーダーとチームコンディションの確認やお客様満足へ向けたアクションプランのアドバイスをする仕事となります。週に1~2度各店舗を回って、店長、カフェリーダ、バリスタと深くコミュニケーションをとっています。

ときには、店舗のバリスタから「話をきいてください」と相談を受けることもあるため、業務は多岐にわたります。

今の仕事でやりがいを感じることは、担当している店舗がお客様と共に成長している姿を感じるときです。

例えば、三軒茶屋の店舗は、商店街の一角にあった診療所を改装したお店です。診療所としては閉鎖するものの、この場所はこの土地の人々にとって欠かせない場所でした。

そのため土地の所有者の方から、違った業態でも人々の拠り所でありつづけてほしいという相談をブルーボトルコーヒーにしていただいたことがきっかけで出店することになりました。

ときには商店街のお店をアピールする場として活用いただくこともあり、そういった地域との取り組みによってブルーボトルコーヒー店舗そのものが活性化し、成長しています。

また、店舗で働くバリスタが次世代のリーダーとして成長したり、実際にカフェリーダーへとステップアップしたりと、それぞれの成長をみることもやりがいに感じます。

−−ブルーボトルコーヒーだからこそ経験できたことはどんなことでしょうか?

西野さんブルーボトルコーヒーに入社したことで、私自身が変わることができました。

どのように変わったかというと、お客様との距離感が近いため、ひとりひとりに合わせてコミュニケーションをとっていくことが得意になり、接客が楽しいと思うようになりました。

ブルーボトルコーヒーにはマニュアルがないのですが、マニュアルがないからこそ、接客するごとに、どうしたらお客様が喜んでくれるか、楽しんでくれるかを自分で考え、工夫していたんです

前職は接客の仕方にもきっちりとマニュアルがあったので、決まったことをただ「こなす」ことだけに終始してしまっていて、自分で考えて仕事を進めていくことをあまりしなかったんです

また、ブルーボトルコーヒーには「人をほめる、他者の意見を受け入れる」という社風があって、どんな意見でも提案しやすい環境があります。

私自身も、自分で考えたことやお客様のためになることをアウトプットすることも多くなり、積極的に意見を言う習慣を身につけることができたと感じています。

自分の意見を提案しても、尊重していただけるため、自分で考え、考えたことをアウトプットする習慣を身につけることができたと感じています。

−−考え方や仕事の仕方に変化があったのですね! エリアリーダーとしてどんなことを心がけていますか?

西野さん私が大切にしているのは、日々お客様と接しているカフェリーダーやバリスタがブルーボトルコーヒーの考え方を体現できるようなマネジメントです。

ブルーボトルコーヒーは、「デリシャスネス」「ホスピタリティ」「サステナビリティ」の3つの価値を大切にしています

この3つの価値提供をゴールとして、メンバーひとりひとりが自ら考え、行動してもらいたいと思っているからこそ、細かく既定された接客のマニュアルは存在しません。

そのため、ブルーボトルコーヒー入社後には、雇用形態に関係なく、「デリシャスネス」「ホスピタリティ」「サステナビリティ」の3つの価値の理解を深めるトレーニングを実施します。

このトレーニングを通して、私たちが大切にしている価値観や、ブルーボトルコーヒーとしてお客様にどのようなサービスを提供していくのかを理解し、どのような行動につなげるべきなのかを考え、習得することになります。

例えば、一般的なお店では、新しくフード商品がリリースされると、「今月はこのフード商品が目玉だから、みんなでおすすめしていこう」と注力商品として紹介することもあると思います。

しかし、ブルーボトルコーヒーでは売上や利益などのビジネス観点ではなく、「コーヒーをより楽しんでもらうための新商品」として紹介します。

お客様にもっとコーヒーを楽しむ」という「体験」をしてもらいたい、という想いからの接客方針です。

これが、私たちが大切にする「デリシャスネス」です。

また、「エンゲージ」という言葉をよく活用しているのですが、お客様が求めているものを会話の中から引きだして、私たちが用意しているメニューと結びつけてご紹介することもあります。

経験が乏しいバリスタは、はじめは知識が少なく、お客様に提案するバリエーションが限られるのですが、商品の知識が増えていくと、お客様との会話を通してオリジナルのご提案ができるようになっていきます。

そうしたやりとりがお客様のエンゲージを高め、バリスタ自身も仕事を通して楽しさを実感していくのです。

このように、接客の仕方ひとつ取っても、どんな価値をお客様に提供していきたいのかをしっかり伝えるように心がけています。

やりたい仕事につけたからこそ、ステージが変わっても熱量をもって働きたい

−−ブルーボトルコーヒーに転職をしたのはどういった背景があったのですか?

西野さん実は、私自身ががブルーボトルコーヒーのファンだったんですよ。

もともとブルーボトルコーヒーが日本に上陸する以前から、このブランドに興味をもっていました。

アメリカのサンフランシスコへ旅行に行った時、カフェ好きだったこともあり現地のカフェを巡っていました。

そこで雑誌に取り上げられていたブルーボトルコーヒーに出会って、すぐにファンになってしまいました。

ブルーボトルコーヒーが日本に上陸したのは2015年ですが、そのニュースを知ったとき、求人サイトを調べあげるくらいで(笑)、その時タイミングよく応募することができました。

キャリアアップをしたいという気持ちで転職したというよりも、ブルーボトルコーヒーというブランドが好きで、好きを仕事にしたいという気持ちが大きかったですね。

ちょうど結婚して2ヶ月後の転職だったのですが、ブルーボトルコーヒーへの入社が決まったことで、働き続けたいという気持ちが高まったことを覚えています。

−−チャンスがきたら飛び乗ることが大切ですね! 転職のことを考えたのは初めてのことですか?

西野さんもともと飲食店で店長をしていたのですが、「転職したい」という漠然とした気持ちはありました。

前職の飲食店はアルバイトで入社をしたのですが、10年ほど在籍していて、その中で社員になり店長になり、店舗運営の一連の仕事を任せてもらっていました。

ただ、店長として5年くらい携わっていたこともあり、「そろそろ新しい会社で働いてみたい」「新しい環境でチャレンジしてみたい」という気持ちでもあったんです。

転職サイトに登録したり、気になる企業を調べたり、新しい職場を探すことはしていたものの、決め手に欠け、転職を踏み切るにはいたりませんでした。

ただ、ブルーボトルに限っては本当に好きなブランドだったこともあって、「携わってみたい」気持ちが明確で、行動につながったんだと思います。

−−やりたいことをやるのが一番熱量を高めるということですね! ライフイベントがあっても働き続けるイメージはわきますか?

西野さんそうですね、今は結婚していますが、主人のサポートが手厚く、私の仕事への理解もあり、働くことを応援してくれます。その応援もあって、働くことを前向きに選択できているのかもしれません。

また、今後長期的な視点でみたとしても、仕事も家庭も両立することができるイメージもできます。

ブルーボトルコーヒーでは、性別や年齢に関係なくフラットな組織なのでとても働きやすいんですよ。また、育休に関しても女性社員だけでなく、男性社員も積極的に利用していて、家族を大切にしながら仕事をする姿が身近にあります。

復職をする社員に対しては、「ウェルカムバック」という紙を準備して、みんなで「おかえりなさい!」と拍手で復職をお祝いする習慣もあります。さらに復職するときは本人と話をして、店舗のスタッフからオフィス勤務に異動して働くこともできるなど、復職前の部署で働くことももちろんのこと、個人のさまざまな意見を尊重しています。

こうした社風があるのも、創業者の想いがあるからこそ。

創業者にはお子さんが3人いるのですが、最初のお子さんが生まれた時、ちょうど彼自身がビジネスを始めたタイミングだったため、こどもと向き合う時間を確保することができなかったと聞いています。

だから2人目のこどもが生まれたときは一緒にゆっくりと過ごせる時間をつくりたいと、育休をとってこどもに向き合ったそうです。

そういう創業者の想いがあるからこそ、ブルーボトルコーヒーの今の社風があり、長期的に働き続けることができると感じる社員も多いのだと思います。

海外も視野にチャレンジできる環境

−−これから、仕事ではどのようなことにチャレンジしていきたいと思っていますか?

西野さん現場の店舗での仕事が好きなので、今と同様に店舗に関わっていきたいです。

また、ブルーボトルコーヒーはこれから韓国にも出店していく予定があるので、海外の仕事にも関わり、東京の店舗で経験したことを海外へ活かしていきたいです。

実は、現在もアメリカ本社との交流は積極的にあります。

アメリカ本社で人手が足りないときは日本からヘルプに行くこともあれば、時には「アメリカ本社のこのポジションにチャレンジしてみない?」というオファーもあるんです。

カフェリーダーになると1週間アメリカの店舗に出向いて現地で働く経験ができたり、バリスタになるとコーヒーの味を競う大会にブルーボトルコーヒーのメンバーとして出場したりとチャンスが多いです。

仕事を通してさまざまなチャンスがあるので、これからもチャレンジしていきたいです。

−−海外にも目を向けていらっしゃるのですね! 今後、仕事やライフスタイルを通して、どのように自己実現していきたいと考えていますか?

西野さん地域に根差したカフェづくりをしながら、ビジネスを成長させられる人になっていきたいです。

たとえば、地元の小学生を招いて焙煎を見学してもらったり、お祭りがあったら参加したり、父の日に向けて親子でコーヒー豆づくりや袋詰めをしたりするなど、さまざまなアクティビティを通して、地域とともにブルーボトルコーヒーの店舗を盛り上げていきたいです。

もちろん立場として売上のことは脳裏にありますが、どうしたらお客様が行きたいと思う店舗づくりができるのかを常に考えています。

日々の接客でファンづくりをし、地域に根づいたイベントを開催し、もっとひとが集まるような店舗にしていきたい、そういう考え方でビジネスを成長させてける人になりたいです。

編集部より

やりたいという気持ちに素直になってチャレンジすることで道はひらける。

いかがでしたでしょうか。

ブルーボトルコーヒージャパン合同会社で働く西野知子さんの「はたらくスタイル」をご紹介させていただいました。

取材をして感じたことは、ライフステージが変わってもキャリアを築いていきたい気持ちの強さと、やりたい仕事に就けるチャンスが巡ってきたときに行動にうつすスピードの早さが印象的でした。

すべての方がやりたい仕事に就けているわけでもなければ、やりたい仕事が明確になっているわけでもないのが現状だと思います。

ただ、ふとしたことからやりたい仕事や目標の種がみつかる可能性はあるため、アンテナを高くもって、「これは興味があるな」「もっと知りたいな」と思うことがあれば、深く調べてみるといいかもしれません。

アメリカに本社があるブルーボトルコーヒーですが、日本との交流が積極的におこなわれ、性別・年齢など関係なくグローバルに活躍できるチャンスがあることがうかがえました。

また、育児休暇を取得する社員が男女ともに多く、復職する社員を歓迎する習慣も根付いているなど、ライフとワークのどちらも諦めることなく両立することができる環境が整っています。

西野さんの「はたらくスタイル」を通して、みなさんの働き方やキャリアを考えるきっかけになればうれしいです。

morecareeeは
女性に寄り添ったキャリア情報サイトです。

あなたの理想のライフキャリアを実現する求人との出会いをサポートします。

求人を検索する

求人検索・トレンド記事から
たくさんの求人情報を見ることができます!

就職・転職は人生の大きなイベントです。
求人内容やノウハウ、先輩の意見からあなたのライフプランを実現してください!

転職・就職のノウハウを見る

会員登録をすると、
あなたの理想のライフキャリアが見つかります。

求人を探すのは一苦労ですよね。
そこで、あなたの代わりにmorecareeeがご案内します!
あなたは情報を入力しておくだけ。

無料会員登録する

カウンセラーがあなたをしっかりサポート
相談からお願い、マッチングまで私たちにお任せください!

LINE相談 / 求人探し など
沢山のサービスであなたの転職・就職をサポートします。
なんでもお気軽にご相談くださいね

LINE相談してみる

早速はじめて見ましょう!

1分ほどで登録ができます。あなたらしいライフキャリアを見つけましょう。

無料会員登録する

早速求人を探してみましょう!

あなたの理想のライフプランを実現する求人をたくさんご用意しております。

求人を探してみる

エントリーには会員登録が必要です。

会員登録をして、理想の求人にアプローチしましょう。

無料会員登録する 会員の方はこちらからログイン