INTERVIEW

Style#34|2度の転職で定めたキャリアの指針。新ステージ・令和アカウンティング・ホールディングス株式会社との出会い

女性がそれぞれの志向・ライフスタイルに合わせて働き方を選択できる世の中。

Style企画では、事業内容や雇用条件ではなく、ひとりひとりの働き方や志向性をもとに、女性が転職活動やキャリアを考えるきっかけづくりができればと思っています。

そんなStyle企画の第34弾は、令和アカウンティング・ホールディングス株式会社の蓮沼藤代さんにインタビュー。

メガバンクからベンチャーへ、そして経理へのチャレンジ。挑戦の積み重ねがキャリア軸を定め、納得度の高いキャリア選択を実現した蓮沼さんの「はたらくスタイル」をお届けします。

令和アカウンティング・ホールディングス株式会社https://zei-reiwa.com/

会計・税務・経営に関わる企業の悩みを解決する豊富なサービスを有し、他の会計事務所にはないオンリー・ワンなサービスを提供。どこよりも高い専門性・ノウハウを基礎として、正確性・迅速性・経済性を追求している。

メガバンクから不動産ベンチャーへ。後の成長につながる20代中盤の思い切ったキャリアの舵取り

--蓮沼さんのキャリアパスには、これまでどのような決断があったのですか?

蓮沼さん私のこれまでのキャリアパスにキーワードがあるとするなら、それは「不動産×会計」かもしれません。

大学3年生で、いざ就職と考えた時に真っ先に浮かんだ業界が「不動産」でした。

というのも、自分のルーツをたどると、実家が不動産事業に関わりがあったこともあり、賃貸や不動産の仕事が身近な存在だったんです。

ただ、私が就職活動をしていた時代はまさに氷河期真っ只中。不動産業界は一般的に男性社会のイメージがまだ強く、就職氷河期に女性の私が入り込む隙は無いように思えてしまって。

両親も、不動産事業の苦労を知っているからこそ「不動産は女性には無理だよ」と。

改めてキャリアの方向性を再考した時、今すぐ不動産の仕事に就けなくても、いつかそうした仕事と出会えるように、比較的親和性の高い金融業界で経験を積もうと決めました。

新卒で入社したのはメガバンク。

入社後2年で、不動産のベンチャー企業に転職するのですが、それまでは担当エリア内で投資信託や運用商品を提案する個人向けの営業に従事していました。

--転職されたのですね!その決断にはどんな想いがあったのですか?

蓮沼さんメガバンクでの営業は、学びになることも多くとても充実していました。

ただ、お客様にとって最善の提案を考えながらも、営業として数字を追いかける気持ちが強くなる瞬間があって。

もちろん、投資運用はお客様の人生にとって必要なものだからこそ提案しているんですけど、可愛がってくださるお客様が増えるほど、なんとなく割り切れなくなってしまって。

また、年次の高い先輩を見ていると、良くも悪くもロールモデルが明確にある分、その会社にずっといた時の自分の未来が見えてしまった気がして。その未来が「ちょっと違うかな」と思うこともありました。

それであれば、決断は早いほうがいいかなと転職することにしたんです。

--仕事上での心の葛藤は、どんな仕事にもありますよね…!メガバンクからの転職先が不動産企業だったのには、やはりこだわりがあったのですか?

蓮沼さん転職活動時には、不動産以外の業界や企業も検討して、選択肢もたくさんあったんですよ。でもやっぱりそこに辿り着いてしまいました(笑)

セカンドキャリアとしてベンチャー企業を選んだのは、これまで一緒に仕事をしていた人たちとはまた違った「熱意」を感じたこと、意見が形になるスピードが早いことが決め手です。

メガバンクは何万人が働く大企業なので、経験の少ない自分が何かを変えることは遠い夢のような話でした。その点ベンチャー企業では、どんなに社歴が短くても会社経営の当事者として、現状をアップデートし続けることが求められます。

転職活動時の選考を通して出会った社員さんたちも、「会社を大きくしていきたい」という熱意にあふれ、新鮮に感じたことを覚えています。

とはいえ、大手の中の大手企業からベンチャー企業へ転職することには、不安を感じずにはいられなかったことも事実。ただ、せっかくキャリアの舵を切るなら、思い切った方向転換でもいいんじゃないかと思う自分もいて。

最終的に転職することを決め4年ほど勤めるのですが、ずっと行員として働く未来より、大きな成長機会を得られたなと思います。

--新卒の時に思い描いた不動産に関わる仕事ですが、どんなご経験をされたのですか?

蓮沼さん入社後は、不動産の物件周りの収支を管理するポジションを任されました。そのうち、社長から直々に「経理部門を手伝ってくれないか」と声をかけてもらって、経理に異動したんです。

実はその時、営業部門とうまく業務連携やコミュニケーションがかみ合わず経理が困っていて。

営業部門は売上や成果につながる業務を優先し、売上計上などの事務作業を失念してしまう。経理はその背景や心情を理解せずに、事務的な連絡・連携になってしまうなど、お互いうまくいかない事象が多発していました。

その当時、会社はちょうど第二創業期。改めて管理部門をより盤石な組織へと強化をはかっていたタイミングでもありました。

営業現場と経理の架け橋として両者をつなぎ、制度や仕組みづくりを通して、会社を一段成長させるミッションの一端を任せてもらえたことが純粋にうれしかったですね。

令和アカウンティングで専門性を追求する道を選択。「コンフォートゾーン」を脱却し「ラーニングゾーン」へ挑戦

--メガバンクでのキャリアでは成し得なかった「会社の中で何かを変えること」が、セカンドキャリアでは達成できたのですね!

蓮沼さんそうですね。また、私のキャリア軸である「不動産×会計」のはじまりでもあったかもしれません。

経理の仕事に携わり4年ほどたった頃、もっと会計や会社の数字管理に関わる専門的な分野を極めたいと思うようになりました。

仕事ぶりも評価してもらえていたし、会社を見渡しても顔見知りの社員も多く、居心地はとても良かったんですよ。

ただ、会社の数字管理をするにしても、ベンチャーゆえのボリューム感がかなりあって。マネジメントもしながら事務作業をこなすとなると、自分が専門性を高めたい会計の分野に注力することが難しいな、と感じたんです。

何度も内省を繰り返す中で「不動産×会計」というキャリア軸が明確になり、それならまたチャレンジする方向に舵を切ろうと転職を決断しました。

--2度目の転職活動はどうでしたか?また令和アカウンティングへの入社の決め手はどんなところだったのでしょうか。

蓮沼さん1度目の転職時にはぼやっとしていたキャリアの方向性も、2度目は「不動産×会計」を軸に検討企業を選ぶことができたので、転職活動もスムーズだったと思います。

不動産企業のアセットマネージャー職(AM※)や経理職も検討したのですが、やはり専門性を高める観点から会計寄りの職種を志望していました。

※アセット・マネージャー(AM)とは、不動産ファンドで不動産売買や賃貸借の運用業務をおこなう専門家のこと

その時に転職エージェントの方から紹介してもらった企業が、不動産業界に強い会計会社である令和アカウンティングでした。

入社の決め手は、「プロフェッショナルオフィスである」ということ。会計の専門ファームとして、社内ではプロ集団であることを自負し、だからこそ社外でも圧倒的な信頼を得ています。

自分が会計や数字を扱う仕事を極めていきたいと考えた時、そんなプロ集団の一員として働けることは心強いと思いました。

また、「裁量権を持って働けること」も魅力的でした。

選考を通して魅力に感じたのは、資格要件関係なく、双方協力し合いながら、お客様へサービスを提供するチームとしての姿勢。

ただ単に公認会計士や税理士のアシスタントとしているのではなく、案件に対しての裁量をある程度有していることが素敵だなと思ったんです。

会計分野でのキャリアアップを目指し転職するのであれば、これまで経験してきた範囲で裁量のある仕事をしたいと強く思っていたので、令和アカウンティングの学べる環境とチーム制が決め手となり入社を決意しました。

目指すは「血の通った会計の仕事」。「不動産×会計」のキャリア軸が明確だからこそ転職がステップアップに

--現在、令和アカウンティングで携わる仕事では、どんなところにやりがいを感じますか?

蓮沼さん現在は、不動産業界のクライアント先に常駐して業務をおこなっているのですが、実は社内でもめずらしい事例なんです。また、中でもコアクライアントを任せてもらっているので、会社を背負っている責任感と使命感を持って働けていることがやりがいにつながっていると思います。

今の仕事において常に心がけていることは、コミュニケーションを大切にしてリレーションを強化すること。

日々の仕事の中でもコミュニケーションから生まれる信頼もあると思います。部門も会社も人で構成されていますし、数字と向き合うだけではなく、たわいのない会話であっても大切にしたいと考えています。

ベンチャーでの経理時代に部門間の架け橋として仕事をしてきた経験もあるので、会社と会社をつなぐ架け橋になれたらうれしいですね。

これは裏ミッションですが、せっかくクライアント先に常駐する新しい働き方を実践しているので、少しでも蓮沼ファンを増やし、引いては令和アカウンティングのファンを増やしていきたいなと思っています。

--携わる仕事においても、責任と合わせて裁量も増え、今の蓮沼さんの仕事観につながっているのですね!

蓮沼さん今だからこそですが、転職して本当によかったと思います。

今クライアント先の経理部門に常駐しているだけでも、「不動産×会計」のキャリア軸を考えたら明確なアドバンテージ。自分でも満足度の高い経験ができているなと感じています。

でも、時には「会計士さんや税理士さんには、知識量も経験もかなわないな」と実感し、凹むこともあります。大学の時に自分の適職がわかっていて、資格取得を目指しておけばよかったって。

ただ、営業や事業会社での経験があるからこそ、「それぞれの立場のわかる経理」であると自信が持てますし、私だからこそ乗れる相談もあると思うんです。

経理業務をただこなすのではなく、状況を理解して柔軟に対応する「血の通った会計」を極めていきたいと思っています。

すべてが叶う転職なんてない。選ばなかった選択肢より1つでも多く手に入れば十分

--転職を重ねる中で、キャリア軸を明確にするには、どんなことを考えていくと良いでしょうか…?

蓮沼さん自分の興味と向いている仕事は、違うこともあると思います。どんなに興味があって好きな仕事でも、向いていなかったら効率的にスキルは高まっていきませんし、逆でも同様だと思います。

私の場合、メガバンクでの仕事の時から絶えず電卓を叩いて、数字をみて、判断することが日常的な仕事でした。その中で、数字を扱い、正確性が求められる仕事が「向いている仕事かも」と思って。

もともと興味があった「不動産」と、向いていると思う数字の仕事「会計」が重なり、キャリアの軸になりました。

転職を検討する時には、どんなに些細なことでも、これまでの経験を丁寧に棚卸しして、自分の興味と向いている仕事について考えてみると良いかもしれません。

また、転職が決まった時には、一区切りして「次、頑張るぞ!」と清々しい気持ちになると思うのですが、転職後すぐはキャッチアップしなければいけないことも多くて、余裕がない日々になることもあると思います。

ただ1年くらいすると、「本当にこれで良かったのかな」と転職の成否を問うタイミングがくるんですよ。

その時に自分の選択が間違っていなかったと思えるかどうかは、心持ち次第。

自分の希望すべてが叶う転職なんてありません。2度転職を経験して思うことは、自分が選ばなかった選択肢と比べて、1つでも多くの欲求が叶えられていれば十分かもしれない、ということ。

それで良かったと割り切って気持ちを前向きにする努力も大切だと思います。

--この先は、令和アカウンティングでどんなキャリアパスを描いていますか?

蓮沼さん今はクライアント先にいますが、今年の終わりには2年になるので本社に戻ってくるのではないかと考えています。

戻ってすぐに新しい挑戦というよりは、2年間、常駐先の今の職場で経験したことをうまくチーム内で還元していきたいと考えています。

不動産業界のクライアントも多いので、私が経験し学んだことを活かして、相乗効果を生み出していけたらうれしいですね。

私にとって、今は仕事が第一優先。でもいつかはライフイベントも経験していきたいと思っています。

こどもができれば、私が大切にしたいものの優先順位も変化するかもしれませんし、働き方を変えたいと思うかもしれません。わからないことだらけですけど、それでもいいと思っています。

令和アカウンティングでは産休・育休はもちろん、時短勤務での復職事例もありますし、バックアップ体制も整っています。しっかり今成果を出す働きができれば、きっと自分の優先順位に合わせた働き方ができるだろうという安心感もあります。

もしもライフイベントによって一度キャリアが途切れてしまったとしても、きっと今までの経験を糧にしてできる仕事もあると感じています。

その時々の状況と自分の気持ちを受け入れて、ベストな選択をしていきたいですね。

編集部より

「興味」と「向いている仕事」の掛け算がキャリアの指針に

いかがでしたでしょうか。

令和アカウンティングで働く蓮沼さんの「はたらくスタイル」をご紹介させていただきました。

メガバンクからベンチャーへの転職が大きなキャリアの舵取り。また、4年キャリアを積み自分の立ち位置や裁量が確立している、ある種の「コンフォートゾーン」から、キャリアに挑戦する「ラーニングゾーン」へ舵を切り直したことが印象的なストーリーでした。

令和アカウンティングは、6〜7割が女性社員。会計業界でも有数の女性が多く活躍している会社です。公認会計士や税理士の資格がなくてもアシスタントではなく、一緒になって会計に関われる魅力的な組織体制があります。

蓮沼さんのように、会計の仕事を志ざし、裁量持ってステップアップしていきたいと考える方には、納得度の高いキャリア選択ができるように感じました。

入社1年半にして管理職であるチームリーダーに昇格し活躍する蓮沼さんが、先々のキャリアにも安心感を感じられるのは、これまでの経験から積み重ねられた自信と、会社からのバックアップがあるからこそ。

また、今のキャリアに納得度が高いのは、2度目の転職時に「不動産×会計」をキャリアの軸と定められたことがきっかけ。キャリアの舵取りキーポイントとして、うまく転職をするためには、納得できるまで自己分析を続けることが大切ですね。

蓮沼さんの「はたらくスタイル」を通して、みなさんの働き方やキャリアを考えるきっかけになればうれしいです。

morecareeeは
女性に寄り添ったキャリア情報サイトです。

あなたの理想のライフキャリアを実現する求人との出会いをサポートします。

求人を検索する

求人検索・トレンド記事から
たくさんの求人情報を見ることができます!

就職・転職は人生の大きなイベントです。
求人内容やノウハウ、先輩の意見からあなたのライフプランを実現してください!

転職・就職のノウハウを見る

会員登録をすると、
あなたの理想のライフキャリアが見つかります。

求人を探すのは一苦労ですよね。
そこで、あなたの代わりにmorecareeeがご案内します!
あなたは情報を入力しておくだけ。

無料会員登録する

カウンセラーがあなたをしっかりサポート
相談からお願い、マッチングまで私たちにお任せください!

LINE相談 / 求人探し など
沢山のサービスであなたの転職・就職をサポートします。
なんでもお気軽にご相談くださいね

LINE相談してみる

早速はじめて見ましょう!

1分ほどで登録ができます。あなたらしいライフキャリアを見つけましょう。

無料会員登録する

早速求人を探してみましょう!

あなたの理想のライフプランを実現する求人をたくさんご用意しております。

求人を探してみる

エントリーには会員登録が必要です。

会員登録をして、理想の求人にアプローチしましょう。

無料会員登録する 会員の方はこちらからログイン